火薬のはなし 爆発の原理から身のまわりの火薬までブックライブ無料試し読み&購入


小惑星探査機「はやぶさ」を打ち上げたM-Vロケットは、全段が固体ロケット推進薬で構成されていました。実は「爆発する物質」は、我々のまわりに無数にあります。意外なことに、火薬にとっ.ての絶対条件は、必要ない時は「絶対に爆発しないこと」なのです。燃焼、錆び、生命の代謝、爆発。これらのすべての現象に共通なのは「酸化」です。どれもが物質が酸素と結びつく酸化現象なのですが、大きな違いは、そのスピードにあります。火薬は、人類の文明を築いた原動力の一つであると当時に、大いなる不幸を人類にもたらしました。すべては、瞬間的に放出されるその膨大なエネルギーによります。本書は、火薬の化学的側面だけでなく、宇宙ロケットやエアバッグなどの実用的な利用から、打ち上げ花火と「玉屋」「鍵屋」のエピソードまで、火薬のすべてを分かりやすく解説します。(ブルーバックス・2014年8月刊)
続きはコチラから・・・



火薬のはなし 爆発の原理から身のまわりの火薬まで無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


火薬のはなし 爆発の原理から身のまわりの火薬まで「公式」はコチラから



火薬のはなし 爆発の原理から身のまわりの火薬まで


>>>火薬のはなし 爆発の原理から身のまわりの火薬までの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


火薬のはなし 爆発の原理から身のまわりの火薬まで、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
火薬のはなし 爆発の原理から身のまわりの火薬までを始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で火薬のはなし 爆発の原理から身のまわりの火薬までを楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で火薬のはなし 爆発の原理から身のまわりの火薬までの購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で火薬のはなし 爆発の原理から身のまわりの火薬までが安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、火薬のはなし 爆発の原理から身のまわりの火薬まで以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


気楽にアクセスして閲覧することができるというのが、無料電子書籍の良いところです。お店まで出掛けて行く必要も、通販で買った本を送り届けてもらう必要もないというわけです。
BookLive「火薬のはなし 爆発の原理から身のまわりの火薬まで」の販売促進戦略として、試し読みが可能というシステムは完璧なアイデアではないでしょうか。時間や場所に関係なく本の中身を確認することができるので、空いている時間を上手く活用して漫画を選択することができます。
コンスタントに最新作品が配信されるので、何冊読んでも全部読み終えてしまう心配がないというのがコミックサイトの強みです。もう書店では扱っていない懐かしのタイトルも買い求めることができます。
書籍を多く読みたいという読書家にとって、何冊も買うというのはお財布への負担が大きいものだと考えられます。だけれど読み放題を利用するようにすれば、購入代金を抑制することも不可能ではありません。
「どのサイトを通して書籍を買うのか?」というのは、考えている以上に重要なポイントだと言えます。購入費用とか利用の仕方なども色々違うので、電子書籍というのは色々比較して決めなければならないと思います。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


移動している間も漫画に触れていたいと希望する方にとって、漫画サイトほど便利なものはありません。スマホ1つを携帯するだけで、余裕で漫画を購読できます。
Web上にある通販サイトでは、基本としてタイトルと作者、ざっくりとしたあらすじしか見ることができないわけです。それに対し電子コミックを使えば、2~3ページくらいは試し読みで確認できます。
新刊が出版されるごとに本屋に立ち寄って買うのは面倒なことです。ですが、大人買いは内容がイマイチだったときの心理的ダメージが甚大だと言えます。電子コミックは欲しい分だけ買えるので、失敗する確率も低いと言えます。
電子書籍はクレカで買うので、知らず知らずのうちに買いすぎているということがあり得ます。しかしながら読み放題の場合は月額料が固定なので、読み過ぎたとしても支払が高額になる心配は無用です。
漫画サイトを積極的に使えば、部屋の一角に本棚のスペースを確保する必要は皆無です。最新刊が発売になってもブックストアへ行く手間も不要です。このような面があるので、使用者数が拡大しているのです。




ページの先頭へ