論理が伝わる 世界標準の「議論の技術」 Win-Winへと導く5つの技法ブックライブ無料試し読み&購入


日本人は議論が下手、とよく言われます。もしあなたも「議論するのは苦手」だとしたら、それは正しい議論のしかたを知らないからです。議論とは、自分の主張を押し通したり、相手を打ち負かしたりするような勝敗を競うものではありません。Win-Winでベストな成果を導き出す、論理的で生産的な話し合いです。5つの基本技術と、思わず「なるほど」と膝を打つ実例で、議論上手になるテクニックを学んでいきます。(ブルーバックス・2015年5月刊)※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。
続きはコチラから・・・



論理が伝わる 世界標準の「議論の技術」 Win-Winへと導く5つの技法無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


論理が伝わる 世界標準の「議論の技術」 Win-Winへと導く5つの技法「公式」はコチラから



論理が伝わる 世界標準の「議論の技術」 Win-Winへと導く5つの技法


>>>論理が伝わる 世界標準の「議論の技術」 Win-Winへと導く5つの技法の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


論理が伝わる 世界標準の「議論の技術」 Win-Winへと導く5つの技法、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
論理が伝わる 世界標準の「議論の技術」 Win-Winへと導く5つの技法を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で論理が伝わる 世界標準の「議論の技術」 Win-Winへと導く5つの技法を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で論理が伝わる 世界標準の「議論の技術」 Win-Winへと導く5つの技法の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で論理が伝わる 世界標準の「議論の技術」 Win-Winへと導く5つの技法が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、論理が伝わる 世界標準の「議論の技術」 Win-Winへと導く5つの技法以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


1日24時間を効率的に過ごしたいとおっしゃるなら、空き時間を賢く活用するようにしなければなりません。アニメ動画を視聴するのは移動している時でも可能ですから、これらの時間を有効利用するというふうに意識しましょう。
試し読みをして漫画のイラストや中身を把握した上で、不安を抱えることなく購入し読めるのがウェブで読める漫画の良い点と言っても過言ではありません。前もってストーリーを把握できるのでお金を無駄にしなくて済みます。
電子書籍ビジネスには多数の業者が参入していますので、とにかく比較してから「どの電子書籍を選定するのか?」を決めてほしいと思います。取り揃えている書籍数や使いやすさ、料金などを吟味することが肝要でしょうね。
「アニメにつきましては、テレビで視聴できるものだけ見ている」というのは前時代的な話でしょう。どうしてかと言うと、無料アニメ動画をネット経由で見るというパターンが増加傾向にあるからです。
余計なものは持たないというスタンスが少しずつに広まってきた今日この頃、本も例外でなく冊子形態で携帯せず、BookLive「論理が伝わる 世界標準の「議論の技術」 Win-Winへと導く5つの技法」経由で愛読するという人が増え続けています。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


電子書籍も普通の本と同じで情報が商品となりますので、楽しめなくても返金請求はできません。なので自分に合うかをチェックするためにも、無料漫画を読むことをおすすめします。
基本的に本は返品することができないので、内容を理解してから支払いをしたい人には、試し読みサービスのある無料電子書籍は想像以上に使い勝手が良いでしょう。漫画も中身をチェックしてから購入できるのです。
昔は目に見える本というものを購入していたと言われるような方も、電子書籍を利用し始めた途端に、その利便性に驚かされるということがほとんどだと耳にしました。コミックサイトも1つや2つではありませんから、必ずや比較してから選ぶのが鉄則です。
幼い頃に楽しんだお気に入りの漫画も、電子コミックとして読むことができます。小さな本屋では扱われない漫画もラインナップされているのが魅力だと言っていいでしょう。
「持っている漫画が多すぎて頭を痛めているので、買うのを諦める」ということがありえないのが、漫画サイトが支持される理由です。気が済むまで買い入れても、片づける場所を気にする必要なしです。




ページの先頭へ