三つ目がとおる 手塚治虫文庫全集 5巻ブックライブ無料試し読み&購入


数千年前、強大な超能力で三つ目人の国に君臨した王子・ゴダル。封印されていたその魂が現代に復活し、和登(わと)の肉体を乗っ取ってしまう! 写楽(しゃらく)は和登を救い出せるのか!? 長編「古代王子ゴダル編」、手塚治虫漫画全集未収録の三編を含む短編七編を収録。舌をだすな!/古代王子ゴダル編/ようこそ墓あらし/七蛇寺の七ふしぎ/神々の食糧/ガイコツ・ショー/カオスの壷/魔術師 「古代王子ゴダル編」 MT105『三つ目がとおる』第5巻収録/「神々の食糧」「ガイコツ・ショー」 MT110『三つ目がとおる』第10巻収録/「ようこそ墓あらし」「魔術師」 MT113『三つ目がとおる』第13巻収録/「舌をだすな!」 *手塚治虫漫画全集未収録/「七蛇寺の七ふしぎ」 *手塚治虫漫画全集未収録/「カオスの壷」 *手塚治虫漫画全集未収録 『舌をだすな!』 1977年1月2日号 「週刊少年マガジン」掲載/『古代王子ゴダル』 1977年1月30日・2月6日合併号~4月24日号 「週刊少年マガジン」連載/『ようこそ墓あらし』 1976年3月28日号 「週刊少年マガジン」掲載/『七蛇寺の七ふしぎ』 1976年4月11日号 「週刊少年マガジン」掲載/『神々の食糧』 1976年4月25日号 「週刊少年マガジン」掲載/『ガイコツ・ショー』 1976年5月2日号 「週刊少年マガジン」掲載/『カオスの壺』 1976年5月23日号 「週刊少年マガジン」掲載/『魔術師』 1976年5月30日号~6月6日号 「週刊少年マガジン」連載
続きはコチラから・・・



三つ目がとおる 手塚治虫文庫全集 5巻無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


三つ目がとおる 手塚治虫文庫全集 5巻「公式」はコチラから



三つ目がとおる 手塚治虫文庫全集 5巻


>>>三つ目がとおる 手塚治虫文庫全集 5巻の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


三つ目がとおる 手塚治虫文庫全集 5巻、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
三つ目がとおる 手塚治虫文庫全集 5巻を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で三つ目がとおる 手塚治虫文庫全集 5巻を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で三つ目がとおる 手塚治虫文庫全集 5巻の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で三つ目がとおる 手塚治虫文庫全集 5巻が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、三つ目がとおる 手塚治虫文庫全集 5巻以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


スマホで読むことができるBookLive「三つ目がとおる 手塚治虫文庫全集 5巻」は、外出する時の持ち物を軽くするのに一役買ってくれます。バッグの中などに読もうと思っている本を入れて持ち運んだりしなくても、好きな時間に漫画を閲覧することが可能です。
きちんと比較してから、自分に合うコミックサイトを選択する人が少なくありません。ネットを介して漫画を楽しむ為には、色々なサイトの中から自分のニーズに合致したサイトをセレクトするようにしましょう。
BookLive「三つ目がとおる 手塚治虫文庫全集 5巻」はスマホやパソコン、タブレット端末で閲覧することができて、非常に重宝します。1部分だけ試し読みをしてみて、その漫画を購入するかを決定するという方が多いみたいです。
電子書籍を買うというのは、オンライン情報を手に入れるということなのです。サービスが終了してしまうようなことがありますと利用不可になってしまうので、入念に比較してから信頼できるサイトを選択しなければいけません。
幅広い本を耽読したい方にとって、大量に買うのは家計的にも厳しいものと思われます。ところが読み放題だったら、本の購入代金を大幅に切り詰めることができてしまいます。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


コミックサイトの最大の強みは、取扱い冊数がとても多いということだと思います。商品が売れ残る心配がない分、膨大な商品を置けるわけです。
月額の利用料が固定されているサイト、登録することなしに利用可能なサイト、1冊1冊販売しているサイト、無料のコミックが山のようにあるサイトなど、コミックサイトも何だかんだと異なる点があるので、比較してみてください。
ユーザーの数が速いペースで増加しているのが今話題のコミックサイトです。数年前までは「漫画は単行本を買って読まなくちゃ!」という人がほとんどを占めていましたが、電子書籍という形式で買って読むという利用者が増えているようです。
多くの書店では、展示する面積の関係で置ける書籍の数に限界がありますが、電子コミックだとそういった制限が発生せず、ちょっと前に発売された物語も少なくないのです。
電車に乗っている時も漫画に没頭したいと願っている方にとって、漫画サイトほど便利なものはありません。スマホをたった一つ所持するだけで、気軽に漫画を堪能できます。




ページの先頭へ