あらしの妖精 手塚治虫文庫全集 1巻ブックライブ無料試し読み&購入


隣国からせめられ命からがら逃げ出した鍬形城の奥方は、夫を助けるために森にすむ醜い妖精と取り引きをする。それはお互いの子どもの顔をとり替えるというものだった。助かった殿様と奥方の間に、待望の女の子が生まれるのだが……。ほかに『つるの泉』『母の眼ばなし』『こけし探偵局』『ピンクの天使』『あけぼのさん』『カーテンは今夜も青い』『白くじゃくの歌』『ヨッコちゃんがきたよ!』を併録。 『あらしの妖精』(手塚治虫漫画全集MT313『あらしの妖精』収録)/『つるの泉』(手塚治虫漫画全集MT382『とんから谷物語』」収録)/『母の眼ばなし』(手塚治虫漫画全集MT382『とんから谷物語』収録)/『こけし探偵局』(手塚治虫漫画全集MT313『あらしの妖精』収録)/『ピンクの天使』(手塚治虫漫画全集MT313『あらしの妖精』収録)/『あけぼのさん』(手塚治虫漫画全集MT314『そよ風さん』収録)/『カーテンは今夜も青い』(手塚治虫漫画全集MT87『虹のプレリュード』収録)/『白くじゃくの歌』(手塚治虫漫画全集MT87『虹のプレリュード』収録)/『ヨッコちゃんがきたよ!』(手塚治虫漫画全集MT314『そよ風さん』収録) 『あらしの妖精』 1955年9月号~1957年3月号 少女ブック連載/『つるの泉』 1956年2月号~4月号 少女クラブ連載/『母の眼ばなし』 1957年3月号 少女掲載/『こけし探偵局』 1957年4月号~12月号 なかよし連載/『ピンクの天使』 1957年4月号~1958年2月号 少女ブック連載/『あけぼのさん』 1959年1月号~7月号 りぼん連載/『カーテンは今夜も青い』 1958年新年増刊号 少女掲載/『白くじゃくの歌』 1959年夏休み増刊号 なかよし掲載/『ヨッコちゃんがきたよ!』 1962年1月号~1962年4月号 なかよし連載
続きはコチラから・・・



あらしの妖精 手塚治虫文庫全集 1巻無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


あらしの妖精 手塚治虫文庫全集 1巻「公式」はコチラから



あらしの妖精 手塚治虫文庫全集 1巻


>>>あらしの妖精 手塚治虫文庫全集 1巻の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


あらしの妖精 手塚治虫文庫全集 1巻、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
あらしの妖精 手塚治虫文庫全集 1巻を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境であらしの妖精 手塚治虫文庫全集 1巻を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格であらしの妖精 手塚治虫文庫全集 1巻の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定であらしの妖精 手塚治虫文庫全集 1巻が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、あらしの妖精 手塚治虫文庫全集 1巻以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


人気急上昇の無料コミックは、パソコンがあれば楽しむことが可能です。バスなどでの通勤途中、仕事の合間、病院やクリニックなどでの順番を待っている時間など、自分の好きなタイミングで簡単に読むことができるのです。
お店では内容を確認するのも後ろめたさを感じる類の漫画でも、無料漫画サービスを行なっている電子書籍だったら、ストーリーをきちんと確認した上で購入することができます。
無料電子書籍を読むことにすれば、暇で暇でただ時間だけが過ぎていくなんてことがなくなると思います。仕事の休憩時間とかバスなどで移動している時などでも、大いにエンジョイできます。
BookLive「あらしの妖精 手塚治虫文庫全集 1巻」で漫画を入手すれば、部屋の中に本棚を用意するのは不要になります。欲しい本が発売されてもショップに行く手間を省くこともできます。このようなメリットの大きさから、サイトを利用する人が増え続けているのです。
電子書籍に限っては、知らず知らずのうちに買い過ぎてしまっているということが無きにしも非ずです。でも読み放題サービスなら毎月の利用料が固定なので、ダウンロードし過ぎても利用代金がすごい金額になることを心配する必要がありません。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


一括りに無料コミックと言っても、買うことができるカテゴリーは多岐にわたります。少年・少女漫画からアダルト系まであるので、あなたが読みたいと思う漫画を必ずや探し出すことができるでしょう。
ユーザーの数が勢いよく増えてきているのがコミックサイトなのです。かつては「漫画は単行本で買うからいいの!」という人が一般的でしたが、電子書籍という形式で買って読むという方が増えています。
電子コミックを楽しみたいなら、スマホが役立ちます。PCは重くて持ち運べませんし、タブレットも電車の中などで閲覧したというような場合には不適切だと想定されるからです。
隙間時間を埋めるのにバッチリなサイトとして、ブームとなっているのが漫画サイトだそうです。本屋さんなどでどれにしようかと漫画を探す必要もなく、スマホが1台あるだけで読めてしまうという部分が大きなポイントです。
移動中の何もしていない時などのわずかな時間に、無料漫画をちょっとだけ読んで好きな作品を探し出しておけば、後々たっぷり時間がある時にダウンロードして続きを楽しむことも可能なのです。




ページの先頭へ