1. BookLive! (ブックライブ)配信中の電子書籍一覧
  2. 電子書籍ブックライブ購入方法4|BookLive! (ブックライブ)配信中一覧
  3. ブックライブ作品8|BookLive! (ブックライブ)配信中一覧
  4. プロが教えるレスポンシブWebデザイン 現場のメソッド レイアウト・UIのマルチデバイス対応手法|BookLive! (ブックライブ)配信中一覧

プロが教えるレスポンシブWebデザイン 現場のメソッド レイアウト・UIのマルチデバイス対応手法ブックライブ無料試し読み&購入


【どうすれば崩れないか、Webページのパーツごとにわかる。】スマートフォン、タブレット、PCなど、多様なデバイスでの表示に対応する手法として定着したレスポンシブWebデザイン。1つのサイトでさまざまな画面サイズに対応できる点が魅力ですが、しっかりと意識してつくらないとレイアウトが崩れたり、UIの機能が損なわれて使いづらくなったりと、問題が起こりがちです。本書では最も基本となるレイアウトをはじめ、ナビゲーション・フォーム・モーダルウィンドウ・カルーセルなどのパーツごとにレスポンシブに対応させる実装方法を解説しました。シンプルなわかりやすい作例をベースにステップ・バイ・ステップ形式で解説していますので、本質的な仕組みを理解できます。また、掲載コードをダウンロードでき、コピー&ペーストなどでご利用いただけますので、ご自身のWebサイトに部分的に取り入れたり、ひな型として使用することも可能です。Googleマップなどの外部API、Webアイコンフォント、遅延読み込みといった周辺技術も取り上げていますので、スマートフォンに対応したサイト制作の傍らでお役立ていただける一冊です。〈本書の内容〉■Chapter1 基本の確認■Chapter2 レイアウト■Chapter3 ナビゲーション■Chapter4 ギミック■Chapter5 フォーム■Chapter6 細かなテクニック■Chapter7 API・外部サービスの活用
続きはコチラから・・・



プロが教えるレスポンシブWebデザイン 現場のメソッド レイアウト・UIのマルチデバイス対応手法無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


プロが教えるレスポンシブWebデザイン 現場のメソッド レイアウト・UIのマルチデバイス対応手法「公式」はコチラから



プロが教えるレスポンシブWebデザイン 現場のメソッド レイアウト・UIのマルチデバイス対応手法


>>>プロが教えるレスポンシブWebデザイン 現場のメソッド レイアウト・UIのマルチデバイス対応手法の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


プロが教えるレスポンシブWebデザイン 現場のメソッド レイアウト・UIのマルチデバイス対応手法、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
プロが教えるレスポンシブWebデザイン 現場のメソッド レイアウト・UIのマルチデバイス対応手法を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でプロが教えるレスポンシブWebデザイン 現場のメソッド レイアウト・UIのマルチデバイス対応手法を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でプロが教えるレスポンシブWebデザイン 現場のメソッド レイアウト・UIのマルチデバイス対応手法の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でプロが教えるレスポンシブWebデザイン 現場のメソッド レイアウト・UIのマルチデバイス対応手法が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、プロが教えるレスポンシブWebデザイン 現場のメソッド レイアウト・UIのマルチデバイス対応手法以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


よく漫画を買うなら、コミックサイトが重宝するはずです。支払方法も容易ですし、最新巻を買い求めたいがために、その都度ショップに出かけて行って事前に予約をする行為も無用です。
買った後で「期待したよりも面白くなかった」としても、買った本は返すことなどできないのです。しかしながら電子書籍なら試し読みをすることが可能ですので、それらを防ぐことができます。
懐かしいコミックなど、店頭販売では取り寄せを頼まなくては入手困難な本も、BookLive「プロが教えるレスポンシブWebデザイン 現場のメソッド レイアウト・UIのマルチデバイス対応手法」形態でいろいろ販売されていますから、どのような場所でも購入して楽しめます。
毎月の本代は、1冊1冊の単価で見ればそれほど高額ではありませんが、読みたいだけ購入していれば、月々の料金は嵩むことになってしまいます。読み放題プランなら固定料金なので、書籍代を節約できます。
漫画本などの書籍を購入する際には、中身をざっくりと確認してから決定する人が多いのではないでしょうか?無料コミックなら、立ち読み感覚でストーリーを確かめるのも容易いのです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


カバンの類を極力持たない男の人にとって、スマホで無料電子書籍に夢中になれるというのはとても便利なことです。ある意味ポケットにインして本を携帯できるというわけです。
「外出先でも漫画を満喫したい」という人にオススメできるのが電子コミックだと言って間違いありません。読みたい漫画を鞄に入れて運ぶことも不要になりますし、カバンの中身も重たくならずに済みます。
実写化で話題の漫画も、無料コミックを利用して試し読みが可能です。スマホやPC上で読めちゃうので、家族には隠しておきたい・見られるとヤバい漫画もコソコソと読めます。
「どのサービスで本を手に入れるか?」というのは、非常に大事な事です。価格やシステム内容などがそれぞれ違うので、電子書籍については比較しないといけないと断言できます。
コミックの売り上げは、ここ何年も下降線をたどっている状況です。既存のマーケティングにこだわることなく、直接的には利益にならない無料漫画などを提案することで、利用者数の増加を目論んでいるのです。




ページの先頭へ