鉄道をつくる人たち 安全と進化を支える製造・建設現場を訪ねるブックライブ無料試し読み&購入


日本人にとって「電車」は、定刻どおりかつ安全な乗り物であるのが当然至極。しかし、日本の鉄道を支えているものはじつに膨大であり、どれ一つ欠けても、連携が崩れてダイヤはたちまち乱れる。本書では、一般の人が日ごろ意識せず、またあまり情報公開されることのない鉄道関連の4つのジャンル――「分岐器」「地下鉄トンネル」「窓ガラス」「パンタグラフ」にスポットを当て、その製造開発秘話や現場の苦闘を紹介。鉄道を日々「つくる」技術者たちの英知を知ることで、日本の新たな側面をかいま見る。川辺謙一(かわべけんいち)鉄道技術ライター。1970年三重県生まれ。東北大学工学部卒、東北大学大学院工学研究科修了。化学メーカーに入社、半導体材料などの開発に従事。2004年に独立し、雑誌・書籍に数多く寄稿。鉄道関連のさまざまな職場や当事者を取材・紹介したり、高度化した技術を一般向けに翻訳・解説している。近著に『鉄道のひみつ』(学研パブリッシング)、『図解・地下鉄の科学』(講談社)、『電車のしくみ』(ちくま新書)、『くらべる鉄道』(東京書籍)、『鐵路大比較』(台湾東販・中国語版)、『図解・新幹線運行のメカニズム』(講談社)がある。本書では図版も担当。
続きはコチラから・・・



鉄道をつくる人たち 安全と進化を支える製造・建設現場を訪ねる無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


鉄道をつくる人たち 安全と進化を支える製造・建設現場を訪ねる「公式」はコチラから



鉄道をつくる人たち 安全と進化を支える製造・建設現場を訪ねる


>>>鉄道をつくる人たち 安全と進化を支える製造・建設現場を訪ねるの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


鉄道をつくる人たち 安全と進化を支える製造・建設現場を訪ねる、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
鉄道をつくる人たち 安全と進化を支える製造・建設現場を訪ねるを始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で鉄道をつくる人たち 安全と進化を支える製造・建設現場を訪ねるを楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で鉄道をつくる人たち 安全と進化を支える製造・建設現場を訪ねるの購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で鉄道をつくる人たち 安全と進化を支える製造・建設現場を訪ねるが安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、鉄道をつくる人たち 安全と進化を支える製造・建設現場を訪ねる以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


漫画と言うと、「10代向けに作られたもの」という印象を持っているのではありませんか?だけど今日びのBookLive「鉄道をつくる人たち 安全と進化を支える製造・建設現場を訪ねる」には、中高年層の人が「昔を思いだす」と言ってもらえるような作品もどっさりあります。
ほとんどのお店では、売り物の漫画の立ち読みを防止することを目的として、ビニール包装するケースが増えています。BookLive「鉄道をつくる人たち 安全と進化を支える製造・建設現場を訪ねる」を活用すれば試し読みができますから、物語を確認してから買うか決めることができます。
コミックの購買者数は、ここ何年も低下している状況です。以前と同じようなマーケティングは見直して、まずは無料漫画などを市場投入することで、新規ユーザー数の増大を企てています。
スマホを持っていれば、BookLive「鉄道をつくる人たち 安全と進化を支える製造・建設現場を訪ねる」を容易に楽しむことができます。ベッドに寝そべって、眠たくなるまでのリラックスタイムに満喫するという人がたくさんいるそうです。
利用者が急増中の無料コミックは、スマホやパソコンで読むことが可能なのです。出先、休憩時間、病院などでの順番を待たされている時間など、自由なタイミングで超簡単に楽しむことができます。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


漫画や本を読み漁りたいという読書マニアにとって、あれこれ買い求めるのは金銭面での負担が大きいのではないでしょうか?けれども読み放題でしたら、書籍代を節約することができるので負担が軽くなります。
気軽にダウンロードしてエンジョイできるのが、無料電子書籍のウリです。店舗まで出向いて行く必要も、通販で購入した書籍を受け取る必要も全くないのです。
無料漫画に関しては、書店での立ち読みと同じ様なものだと言えるでしょう。面白いかどうかをざっくりと理解してから入手できるので、ユーザーも安心です。
「アニメに関しては、テレビで放映されているものだけ見ている」というのは、今となっては古すぎる話だと考えます。なぜなのか言えば、無料アニメ動画などをWeb上で楽しむという形が主流になってきているからです。
愛用者が物凄い勢いで増え続けているのが話題となっているコミックサイトです。これまでは「漫画は単行本で買うからいいの!」という人が多かったのですが、電子書籍の形態で買って読むという利用者が確実に増えてきています。




ページの先頭へ