チャレンジする地方鉄道 乗って見て聞いた「地域の足」はこう守るブックライブ無料試し読み&購入


地方鉄道をとりまく過酷で厳しい状況が、長らく続いている。少子高齢化、モータリゼーションの進展、産業の空洞化、長引く不況、そして規制緩和……撤退を余儀なくされた路線が後を絶たないなか、地方の鉄道事業者はそれぞれ、涙ぐましい努力を重ねながら活路を見出そうとしている。そしてそれは、単に路線の存続という枠を超え、地域の雇用や産業を生み出し活性化にもつながっていく。本書では、奮闘している全国の地方鉄道をつぶさに取材、これまでの過程と現況、そして展望や打開策まで取り上げ、地方鉄道と地域経済の活性化に一石を投じる。堀内重人(ほりうちしげと)1967年生まれ。立命館大学大学院経営学研究科博士前期課程修了。運輸評論家として、執筆や講演活動、ラジオ出演などを行なう傍ら、NPOなどで交通・物流・街づくりを中心とした活動を行なう。主な著書(単著)に、『都市鉄道と街づくり―東南アジア・北米西海岸・豪州などの事例紹介と日本への適用』(2006年・文理閣)、『高速バス』(2008年・グランプリ出版)、『鉄道・路線廃止と代替バス』(2010年・東京堂出版)、『廃線の危機からよみがえった鉄道』(2010年・中央書院)、『地域で守ろう!鉄道・バス』(2012年・学芸出版社)、『ブルートレイン誕生50年―20系客車の誕生から、今後の夜行列車へ―』(2012年・クラッセ)、『新幹線VS航空機』(2012年・東京堂出版)がある。日本交通学会・公益事業学会・日本海運経済学会・交通権学会・日本モビリティー・マネジメント会議・日本環境教育学会会員。
続きはコチラから・・・



チャレンジする地方鉄道 乗って見て聞いた「地域の足」はこう守る無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


チャレンジする地方鉄道 乗って見て聞いた「地域の足」はこう守る「公式」はコチラから



チャレンジする地方鉄道 乗って見て聞いた「地域の足」はこう守る


>>>チャレンジする地方鉄道 乗って見て聞いた「地域の足」はこう守るの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


チャレンジする地方鉄道 乗って見て聞いた「地域の足」はこう守る、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
チャレンジする地方鉄道 乗って見て聞いた「地域の足」はこう守るを始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でチャレンジする地方鉄道 乗って見て聞いた「地域の足」はこう守るを楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でチャレンジする地方鉄道 乗って見て聞いた「地域の足」はこう守るの購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でチャレンジする地方鉄道 乗って見て聞いた「地域の足」はこう守るが安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、チャレンジする地方鉄道 乗って見て聞いた「地域の足」はこう守る以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


スマホを使っている人は、BookLive「チャレンジする地方鉄道 乗って見て聞いた「地域の足」はこう守る」を好きな時に満喫できるのです。ベッドに横たわって、眠るまでのリラックスタイムに読むという人が多いと聞いています。
使っている人が著しく伸びているのが昨今のBookLive「チャレンジする地方鉄道 乗って見て聞いた「地域の足」はこう守る」です。スマホで漫画をダウンロードすることが普通にできるので、わざわざ単行本を持ち運ぶことも不要で、移動時の荷物が少なくて済みます。
電子書籍の注目度は、日を追うごとに高まりを見せています。そんな中で、特に利用者が増えつつあるのが読み放題というサービスだとのことです。支払いを気にしなくても大丈夫なのが最大のメリットです。
小学生だった頃に沢山読んだ懐かしい漫画も、BookLive「チャレンジする地方鉄道 乗って見て聞いた「地域の足」はこう守る」という形で閲覧できます。一般の書店では見ない漫画も山ほどあるのがセールスポイントだと言えるでしょう。
評判となっている無料コミックは、スマホなどで見れます。外出中、昼休み、医療機関などでの診察待ちの時間など、隙間時間に楽々読むことができるのです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


さくさくとアクセスして読み進められるというのが、無料電子書籍が評価されている理由です。売り場まで赴く必要も、オンラインで注文した書籍を送ってもらう必要もないのです。
書籍代は、1冊1冊の購入代金で見ればそんなに高くないですが、何冊も買えば月々の利用料金は高くなります。読み放題というプランなら定額になるため、出費を抑えることができます。
漫画というのは、読み終わった後に古本屋などに持ち込んでも、二束三文にしかなりませんし、もう一度読み返したいと思ったときに読めなくなります。無料コミックを利用すれば、場所は不要なので片付けに困ることはありません。
「所有している漫画が多過ぎて置き場所にも困るから、購入を諦めてしまう」とならないのが漫画サイトが支持される理由です。いくら買いまくったとしても、整理整頓を心配せずに済みます。
雑誌や漫画を含めた書籍を購入する際には、中をパラパラめくって確かめてから判断する人が大半です。無料コミックなら、立ち読み同様中身を確認することも簡単だというわけです。




ページの先頭へ