高速バス進化の軌跡 1億人輸送にまで成長した50年の歴史と今ブックライブ無料試し読み&購入


名神ハイウェイバスがスタートしてから半世紀、高速バスは年間1億人輸送機関に成長し、鉄道・航空機と並ぶ国民の足となった。しかし、鉄道や航空機と比べると関連書物は乏しく、また昨今の高速バスの事故でその安全性を不安視する人もいる。本書は、開発段階から高速バスとともに歩み、設計・輸送・旅行・そして経営とあらゆる部門でかかわってきた西日本ジェイアールバス元社長である著者が、高速バスの車両・ネットワークの発展の歴史を紐解きつつ、高速バスの主な構造から、利用者が高速バスを選択する理由、気になる安全対策まで豊富なデータを基に紹介。高速バスの幅広い情報が網羅された一冊。和佐田 貞一(わさだ ていいち)元西日本ジェイアールバス社長。昭和39年富士重工業群馬製作所入社。昭和46年群馬大学大学院(機械)修了・国鉄入社。昭和56年に運転局列車課補佐、昭和62年にJR西日本鉄道事業本部運輸部輸送課長、平成2年に旅行業本部京都営業支店長、平成11年にJR西日本コミュニケーションズ常務などを歴任した後、平成19年に西日本ジェイアールバス社長に就任(平成24年退任)。西日本ジェイアールバス社長時代には、ツアーバスとの競合対策、JR大阪駅の高速バスターミナルの開業などを手掛けた。
続きはコチラから・・・



高速バス進化の軌跡 1億人輸送にまで成長した50年の歴史と今無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


高速バス進化の軌跡 1億人輸送にまで成長した50年の歴史と今「公式」はコチラから



高速バス進化の軌跡 1億人輸送にまで成長した50年の歴史と今


>>>高速バス進化の軌跡 1億人輸送にまで成長した50年の歴史と今の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


高速バス進化の軌跡 1億人輸送にまで成長した50年の歴史と今、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
高速バス進化の軌跡 1億人輸送にまで成長した50年の歴史と今を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で高速バス進化の軌跡 1億人輸送にまで成長した50年の歴史と今を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で高速バス進化の軌跡 1億人輸送にまで成長した50年の歴史と今の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で高速バス進化の軌跡 1億人輸送にまで成長した50年の歴史と今が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、高速バス進化の軌跡 1億人輸送にまで成長した50年の歴史と今以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


1台のスマホで、簡単に漫画を読むことができるのが、コミックサイトの便利なところです。1冊ずつ購読するスタイルのサイトや1カ月毎の固定料金制のサイトなどがあります。
「どのサイトで書籍を購入するか?」というのは、案外重要な要素だと考えています。販売価格やサービスの中身などに違いがあるので、電子書籍については比較検討しなければいけないでしょう。
無料コミックを利用すれば、購入を迷っている漫画の冒頭部分を料金なしで試し読みすることが可能なのです。入手前にストーリーの流れなどをそれなりに確かめられるため、非常に好評です。
無料電子書籍をDLしておきさえすれば、何もする予定がなくて時間つぶしが難しいということがなくなります。バイトの休み時間や通学時間などにおきましても、存分に楽しめると思います。
使っている人が増えていると言われているのが、今流行りのBookLive「高速バス進化の軌跡 1億人輸送にまで成長した50年の歴史と今」です。スマホ上で漫画を見ることができるわけですから、場所をとる漫画を持ち歩く必要もなく、バッグの中の荷物を軽くすることが可能になります。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


利用料が月額固定のサイト、登録しなくても見れるサイト、1巻・2巻と単品で購読するサイト、無料のコミックがいっぱいあるサイトなど、コミックサイトもそれぞれ違う部分が見られますから、比較してみましょう。
本屋では内容確認することさえ躊躇してしまうという内容の漫画でも、無料漫画サービスのある電子書籍の場合は、好みかどうかをしっかりと理解した上で買うことができるのです。
一昔前に沢山読んだお気に入りの漫画も、電子コミックとしてDLできます。店頭では置いていない漫画も数多く見受けられるのがセールスポイントだと言っても良いでしょう。
コミックというのは、読んでしまってからブックオフなどに買取って貰おうとしても、ほとんどお金にならないと言えますし、再度読みたくなった時にスグに読めません。無料コミックを活用すれば、保管スペースが不要なので片付けに困りません。
ユーザーが加速度的に増えているのがスマホで読めるコミックサイトです。数年前までは漫画は単行本で買うという人が一般的でしたが、電子書籍形式で買って見るという人が増加しているのです。




ページの先頭へ