日本初の私鉄「日本鉄道」の野望 東北線誕生物語ブックライブ無料試し読み&購入


2010(平成22)年12月4日、東北新幹線が新青森まで開通した。一方、在来線の東北線は、1891(明治24)年9月1日に上野~青森間の全線が開業、2011年(平成23)年が120周年目にあたる。これを建設したのは、岩倉具視らが中心となって当時の華族などの有志から資金を募って創立された、日本初の民間鉄道会社「日本鉄道」。社名は、当時、東北から九州までの日本全土を視野に入れて付けられた。本書では、その創立前夜から東北線全線開業までの明示鉄道人のドラマを追う。中村建治(なかむらけんじ) 1946(昭和21)年、山梨県大月市生まれ。明治大学政治経済学部卒業。鉄道史学会会員。鉄道史に親しむ一方、駅舎に関心を持ち、全国行脚の旅を続けている。著書に『中央線誕生』(甲武鉄道の開業に賭けた挑戦者たち=本の風景社)、『山手線誕生』(半世紀かけて環状線をつなげた東京の鉄道史=イカロス出版)、『メトロ誕生』(地下鉄を拓いた早川徳次と五島慶太の攻防=交通新聞社)。『東海道線誕生』(鉄道の父・井上勝の生涯=イカロス出版)、分担執筆に『週刊百科・歴史でめぐる鉄道全路線』(朝日新聞社)などがある。※電子書籍の仕様による紙版と異なる図版・表・写真の移動、本文中の参照指示の変更、ほか一部修正・訂正を行っている箇所があります。予めご了承ください。
続きはコチラから・・・



日本初の私鉄「日本鉄道」の野望 東北線誕生物語無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


日本初の私鉄「日本鉄道」の野望 東北線誕生物語「公式」はコチラから



日本初の私鉄「日本鉄道」の野望 東北線誕生物語


>>>日本初の私鉄「日本鉄道」の野望 東北線誕生物語の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


日本初の私鉄「日本鉄道」の野望 東北線誕生物語、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
日本初の私鉄「日本鉄道」の野望 東北線誕生物語を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で日本初の私鉄「日本鉄道」の野望 東北線誕生物語を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で日本初の私鉄「日本鉄道」の野望 東北線誕生物語の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で日本初の私鉄「日本鉄道」の野望 東北線誕生物語が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、日本初の私鉄「日本鉄道」の野望 東北線誕生物語以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


「サービスの比較はせずに選択した」というような人は、無料電子書籍はどこも同じようなものという考えかもしれないのですが、サービスの詳細に関しては会社によってまちまちですから、比較検討してみるべきだと思います。
新刊が出るたびに本屋に立ち寄って買うのは面倒臭いです。だからと言って、まとめ買いは内容に不満が残った時の精神的なダメージが甚大だと言えます。BookLive「日本初の私鉄「日本鉄道」の野望 東北線誕生物語」は1冊ずつ購入できるので、失敗する確率も低いと言えます。
漫画などの本を購入する時には、ページをめくって確認した上で判断する人の方が多いです。無料コミックなら、立ち読み同様中身をチェックすることも簡単だというわけです。
物語の世界を堪能するのは、ストレス発散にめちゃくちゃ役立ちます。複雑な話よりも、分かりやすい無料アニメ動画などの方が良いでしょう。
電車で揺られている間も漫画をエンジョイしたいという方にとっては、BookLive「日本初の私鉄「日本鉄道」の野望 東北線誕生物語」ほど楽しいものはないでしょう。スマホというモバイルツールを持ち運ぶだけで、いつでも漫画が読めます。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


余計なものは持たないというスタンスが多くの人に支持されるようになったここ最近、本も冊子本という形で所持したくないために、漫画サイトを経由して読むようになった人が増えているようです。
超多忙な毎日でアニメを見るだけの余裕がないという社会人にとっては、無料アニメ動画が役に立つでしょう。リアルタイムで見るという必要性はありませんので、空き時間を活用して視聴できます。
「色々比較しないで決めてしまった」といった方は、無料電子書籍はどこも一緒という認識でいるのかもしれませんが、サービスの詳細については運営会社によって変わりますから、比較&検討するべきだと思います。
普通の本屋では、棚の面積の関係で置くことができる本の数に限界がありますが、電子コミックだとこんな類の問題が起こらないので、マニア向けの物語も数多く用意されているのです。
マンガの発行部数は、ここ何年も低下しているという現状です。昔ながらの販売戦略に捉われず、積極的に無料漫画などを提案することで、新規ユーザーの獲得を目指しているのです。




ページの先頭へ