1. BookLive! (ブックライブ)配信中の電子書籍一覧
  2. 電子書籍ブックライブ購入方法4|BookLive! (ブックライブ)配信中一覧
  3. ブックライブ作品8|BookLive! (ブックライブ)配信中一覧
  4. 鉄道公安官と呼ばれた男たち スリ、キセルと戦った“国鉄のお巡りさん”|BookLive! (ブックライブ)配信中一覧

鉄道公安官と呼ばれた男たち スリ、キセルと戦った“国鉄のお巡りさん”ブックライブ無料試し読み&購入


「鉄道公安官」とは、昭和22年から国鉄分割・民営化まで活躍した、「鉄道公安職員」の通称。現在、その役割は都道府県警による鉄道警察隊に引き継がれているが、当時はれっきとした国鉄職員であった。本書では、国鉄マンとしての誇りを持ちながら、駅や列車内でのスリ、窃盗、暴力事件などと戦い続けたその全貌を、新たな資料とインタビューにより明らかにする。鉄道という閉じた「舞台」ならではの犯罪も興味深い。 濱田研吾(はまだけんご)1974年大阪府交野市生まれ。ライター・編集者。社史や企業PR誌の執筆・編集のかたわら、昭和時代の芸能史、映画史、放送史、広告文化史、鉄道史を研究。著作や雑誌などに発表している。著書に『徳川夢声と出会った』(晶文社)、『脇役本・ふるほんに読むバイプレーヤーたち』(右文書院)、『三國一朗の世界・あるマルチタレントの昭和史』(清流出版)。※電子書籍の仕様による紙版と異なる図版・表・写真の移動、本文中の参照指示の変更、ほか一部修正・訂正を行っている箇所があります。予めご了承ください。
続きはコチラから・・・



鉄道公安官と呼ばれた男たち スリ、キセルと戦った“国鉄のお巡りさん”無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


鉄道公安官と呼ばれた男たち スリ、キセルと戦った“国鉄のお巡りさん”「公式」はコチラから



鉄道公安官と呼ばれた男たち スリ、キセルと戦った“国鉄のお巡りさん”


>>>鉄道公安官と呼ばれた男たち スリ、キセルと戦った“国鉄のお巡りさん”の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


鉄道公安官と呼ばれた男たち スリ、キセルと戦った“国鉄のお巡りさん”、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
鉄道公安官と呼ばれた男たち スリ、キセルと戦った“国鉄のお巡りさん”を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で鉄道公安官と呼ばれた男たち スリ、キセルと戦った“国鉄のお巡りさん”を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で鉄道公安官と呼ばれた男たち スリ、キセルと戦った“国鉄のお巡りさん”の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で鉄道公安官と呼ばれた男たち スリ、キセルと戦った“国鉄のお巡りさん”が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、鉄道公安官と呼ばれた男たち スリ、キセルと戦った“国鉄のお巡りさん”以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


漫画というものは、読み終えた後に古本買取専門店などに売却しようとしても、殆どお金になりませんし、読み返そうと思った時に読めなくなります。無料コミックのアプリなら、収納スペースが必要ないので片付けに苦労する必要がありません。
使用する人が増加し続けているのがBookLive「鉄道公安官と呼ばれた男たち スリ、キセルと戦った“国鉄のお巡りさん”」なのです。スマホ画面で漫画を見ることが手軽にできるので、バッグなどに入れて単行本を携行する必要もなく、持ち運ぶ荷物が少なくて済みます。
読みたい漫画は結構あるけど、入手したとしても本棚がいっぱいでしまえないという人は大勢います。そんな問題を回避するために、保管スペースの心配が全く不要なBookLive「鉄道公安官と呼ばれた男たち スリ、キセルと戦った“国鉄のお巡りさん”」の評判が高まってきているのだそうです。
来る日も来る日も新作が追加になるので、何十冊読んでも全部読み終えてしまう心配は不要というのがコミックサイトの人気の理由です。書店にはないマニアックなタイトルも手に入れることができます。
「すべての漫画が読み放題だとしたらどんなに良いだろうね」という利用者の発想に応えるべく、「月額料を払えば個別に支払う必要はない」という形の電子書籍が考案されたわけです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


電子書籍ビジネスにはいろんな会社が参入してきていますから、間違いなく比較してから「どの電子書籍お使用するのか?」を決定することが大切だと思います。本の種類が多いかとか価格、サービス内容などをチェックすると間違いありません。
読んでみた後で「予想よりもつまらなかった」と嘆いても、本は返品することなどできるはずがありません。だけれど電子書籍なら試し読みが可能なので、こうした事態を防止できるというわけです。
電子コミックのサイト次第では、丸々1巻全部を無料で試し読みができるというところも見られます。1巻は無料にして、「楽しいと感じたなら、2巻以降の巻を有料にて入手してください」という仕組みです。
よくコミックを読む人なら、コミックサイトが便利だと言えます。購入するのも楽々ですし、新作のコミックを買い求めたいということで、都度ショップに出かけて行って事前予約を入れるといった手間を掛ける必要もなくなります。
アニメを見るのが趣味の方にしてみれば無料アニメ動画と申しますのは非常に画期的なコンテンツです。スマホさえ所有していれば、好きな時に観賞することができるのですから、本当に便利です。




ページの先頭へ