国鉄列車ダイヤ千一夜 語り継ぎたい鉄道輸送の史実ブックライブ無料試し読み&購入


国鉄勤務35年、うち25年を輸送計画に深く関わった著者によるダイヤ作成秘話。本書では、昭和45年の万博輸送、昭和50年3月の山陽新幹線博多開業、昭和60年3月の東北・上越新幹線上野開業等で手掛けたダイヤ改正や新線開業、臨時列車設定などの際のお宝エピソードを大公開。路線上に空いている時間帯を探し、車両や人員を確保し、日本全国に効率よく列車を走らせる。コンピューター化以前、手作業時代の悪戦苦闘の話の中には、当時の世相も垣間見える。また、チマタの疑問「ダイヤはどうやって作るのか?」の答えもここにある。猪口 信(いのぐちまこと)昭和7年生まれ。昭和25年国鉄に入社し、昭和35年東京鉄道管理局・東京南鉄道管理局列車課で指令業務・ダイヤ改正を担当。昭和44年9月国鉄本社運転局運転課に転勤し、全国の特急・急行の列車計画、新幹線の開業業務、西日本線区の基本計画等を手掛ける。その後、新幹線総局列車課輔佐、首都圏本部列車課輔佐を経て、昭和60年3月首都圏本部列車課長に。東北・上越新幹線開業に参画し、昭和61年3月国鉄を退職。弘済出版社勤務ののち、第三セクター鉄道等協議会事務局次長を務め、退職後も列車輸送の変遷を追求整理している。著書に『国鉄特急変遷史』『JR特急10年の歩み』(いずれも弘済出版社)など。※電子書籍の仕様による紙版と異なる図版・表・写真の移動、本文中の参照指示の変更、ほか一部修正・訂正を行っている箇所があります。予めご了承ください。
続きはコチラから・・・



国鉄列車ダイヤ千一夜 語り継ぎたい鉄道輸送の史実無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


国鉄列車ダイヤ千一夜 語り継ぎたい鉄道輸送の史実「公式」はコチラから



国鉄列車ダイヤ千一夜 語り継ぎたい鉄道輸送の史実


>>>国鉄列車ダイヤ千一夜 語り継ぎたい鉄道輸送の史実の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


国鉄列車ダイヤ千一夜 語り継ぎたい鉄道輸送の史実、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
国鉄列車ダイヤ千一夜 語り継ぎたい鉄道輸送の史実を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で国鉄列車ダイヤ千一夜 語り継ぎたい鉄道輸送の史実を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で国鉄列車ダイヤ千一夜 語り継ぎたい鉄道輸送の史実の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で国鉄列車ダイヤ千一夜 語り継ぎたい鉄道輸送の史実が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、国鉄列車ダイヤ千一夜 語り継ぎたい鉄道輸送の史実以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


ここ最近はスマホを用いてエンジョイできる趣味も、グングン多様化していると言えます。無料アニメ動画に加えて、無料電子書籍やスマホで遊ぶゲームなど、いろんな選択肢の中から選ぶことが可能です。
スマホで読めるBookLive「国鉄列車ダイヤ千一夜 語り継ぎたい鉄道輸送の史実」は、お出かけの際の持ち物を軽くすることに繋がります。バッグの中などに重たくなる本を何冊も詰めて持ち運んだりしなくても、気軽にコミックを堪能することが可能なのです。
コミックサイトも様々あるので、比較して利便性の高そうなものを見つけ出すことが肝要だと思います。ということなので、とにかくそれぞれのサイトの特徴を押さえることが求められます。
「電子書籍は嫌いだ」とおっしゃる人も少なくありませんが、1回でもスマホにて電子書籍を閲覧してみたら、持ち運びの手軽さや決済の楽さからドハマりする人がほとんどだと聞きます。
買った後で「想定よりもつまらなかった」となっても、買った本は返品することなどできるはずがありません。だけれど電子書籍ならまず試し読みから入れるので、そうした状況を予防することができます。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


利用料が月額固定のサイト、登録することなしに利用可能なサイト、1巻ずつ販売しているサイト、無料で読める漫画が豊富にラインナップされているサイトなど、コミックサイトもいろいろと違いがありますので、比較していただきたいですね。
仕事に追われていてアニメを見ている時間がないという人には、無料アニメ動画がもってこいです。毎回同じ時間帯に見るなどということはしなくていいので、暇な時間に見ることができます。
本を買う時には、電子コミックのサイトで試し読みをするというのがおすすめです。物語の内容や漫画のキャラクターの全体的な雰囲気を、前もって見て確かめることができます。
まだ幼いときに沢山読んだ懐かしさを感じる漫画も、電子コミックとしてダウンロードできます。地元の本屋では取り扱っていない作品もたくさん見られるのが良いところだと言っても過言ではありません。
わざわざ無料漫画を閲覧できるようにすることで、ユーザーを集めて利益増に繋げるのが電子書籍サイトの目的ですが、当然ユーザー側からしても試し読みができるので失敗がなくなります。




ページの先頭へ