国鉄スワローズ1950-1964 400勝投手と愛すべき万年Bクラス球団ブックライブ無料試し読み&購入


戦後日本が高度成長期にあった15年間、成績はパッとしなかったが、独特の存在感でファンを魅了した球団があった。その名は、400勝投手・金田正一を擁した「国鉄スワローズ」。本書は、エース金田正一を含む国鉄スワローズ15年間の歴史を軸に、日本プロ野球創成期、隆盛期のエピソードを、新たな取材成果とともに振り返る。巻末には、歴代監督、全登録選手、15年間の全スコアを掲載。 堤 哲(つつみ さとし) 東京生まれ。早稲田大学政経学部卒。1964年毎日新聞社入社。編集委員、紙面審査委員長。社会部時代、都市対抗・選抜高校野球取材のキャップ。毎日新聞の草野球チーム「大東京竹橋野球団」名目オーナーで、正三塁手。東日印刷(株)監査役。野球文化學會会員。交通ペンクラブ事務局長。(財)日本ナショナルトラスト、(財)アジア刑政財団各評議員。「アジア刑政通信」編集長。※電子書籍の仕様による紙版と異なる図版・表・写真の移動、本文中の参照指示の変更、ほか一部修正・訂正を行っている箇所があります。予めご了承ください。
続きはコチラから・・・



国鉄スワローズ1950-1964 400勝投手と愛すべき万年Bクラス球団無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


国鉄スワローズ1950-1964 400勝投手と愛すべき万年Bクラス球団「公式」はコチラから



国鉄スワローズ1950-1964 400勝投手と愛すべき万年Bクラス球団


>>>国鉄スワローズ1950-1964 400勝投手と愛すべき万年Bクラス球団の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


国鉄スワローズ1950-1964 400勝投手と愛すべき万年Bクラス球団、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
国鉄スワローズ1950-1964 400勝投手と愛すべき万年Bクラス球団を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で国鉄スワローズ1950-1964 400勝投手と愛すべき万年Bクラス球団を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で国鉄スワローズ1950-1964 400勝投手と愛すべき万年Bクラス球団の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で国鉄スワローズ1950-1964 400勝投手と愛すべき万年Bクラス球団が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、国鉄スワローズ1950-1964 400勝投手と愛すべき万年Bクラス球団以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


無料電子書籍を利用すれば、急に予定がなくなっても、時間を無為に過ごしてしまうということがなくなるのではないでしょうか?シフトの合間や移動の電車の中などにおきましても、想像以上に楽しめること請け合いです。
CDを聞いてから買うように、コミックも試し読みで確認してから買い求めるのが当たり前のようになってきました。無料コミックをうまく活用して、気になるコミックを見つけてみてはどうですか?
非常に多くの人が無料アニメ動画を利用しています。暇な時間とか電車やバスで移動中の時間などに、素早くスマホで視聴できるというのは嬉しいですね。
定期的に新しい漫画が登場するので、どれだけ読んでも全て読み終わってしまう心配は無用というのがコミックサイトの人気の理由です。書店にはない昔懐かしい作品も購入できます。
コミックサイトも少なくないので、比較検討して自分に合うものを見極めることが大事になってきます。というわけで、取り敢えずは各サイトの特色を把握するようにしてください。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


残業が多くアニメを見る為に時間を割けないという社会人にとっては、無料アニメ動画が重宝します。決められた時間に視聴する必要がないと言えますので、空き時間に見ることができます。
様々な種類の本を手当たり次第に読む方にとって、沢山買い求めるのは金銭的な負担も大きいものです。ところが読み放題だったら、書籍購入代金をかなり節約することができるのです。
最初に試し読みをしてマンガのあらすじを確認してから、納得して購入することができるのが、ウェブ漫画と呼ばれるサイトの良い点と言っても過言ではありません。購入前に内容を知ることが出来るので失敗する心配はいりません。
コミックサイトの最大の特長は、取扱い冊数が本屋とは比べものにならないくらい多いということだと言われます。売れ残って返本作業になるリスクがないので、膨大なタイトルを扱えるのです。
スマホやパソコンを使い電子書籍をダウンロードすれば、移動中やブレイクタイムなど、好きなタイミングで楽しむことが可能だということです。立ち読みも簡単にできるので、店舗まで出向くことなど必要ありません。




ページの先頭へ