グリーン車の不思議 特別車両「ロザ」の雑学ブックライブ無料試し読み&購入


昭和44年5月、国鉄の等級制度が廃止されると同時に誕生した「グリーン車」。3等級制時代の2等車からの流れを汲む「グリーン車」は、今も昔もレールファン憧れの的であり、鉄道利用者のステイタスシンボルでもある。最近では、東北新幹線E5系「はやぶさ」に最上級の「グランクラス」も登場し、グリーン車に対する注目は一層高まっている。本書は誕生から現在までの歴史や社会背景、鉄道事情など、ありとあらゆる角度からグリーン車を考察し、トリビア的知識を織り交ぜながらまとめあげた。グリーン車はなぜ「グリーン」なのか。議員パスで「グランクラス」もタダで乗れるのか。首都圏のグリーン車の元祖は……。グリーン車を熟知した著者が分かりやすく解説する。佐藤正樹(さとうまさき)1960年北海道札幌市生まれ。「鉄道ダイヤ情報」編集部を経て1996年フリーに。鉄道趣味や旅関連のライターとして、「鉄道ダイヤ情報」(交通新聞社)、「旅の手帖」(交通新聞社)、「週刊鉄道データファイル」(ディアゴスティーニ・ジャパン)などの雑誌媒体を中心に執筆。本業の傍ら写真撮影にも傾倒し、写真ブログ「札幌のスナップ」(http://kihayuni.cocolog-nifty.com/sapporo_snap/)を公開中。近著に「国鉄/JR 列車編成の謎を解く」(交通新聞社)がある。※電子書籍の仕様による紙版と異なる図版・表・写真の移動、本文中の参照指示の変更、ほか一部修正・訂正を行っている箇所があります。予めご了承ください。
続きはコチラから・・・



グリーン車の不思議 特別車両「ロザ」の雑学無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


グリーン車の不思議 特別車両「ロザ」の雑学「公式」はコチラから



グリーン車の不思議 特別車両「ロザ」の雑学


>>>グリーン車の不思議 特別車両「ロザ」の雑学の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


グリーン車の不思議 特別車両「ロザ」の雑学、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
グリーン車の不思議 特別車両「ロザ」の雑学を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でグリーン車の不思議 特別車両「ロザ」の雑学を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でグリーン車の不思議 特別車両「ロザ」の雑学の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でグリーン車の不思議 特別車両「ロザ」の雑学が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、グリーン車の不思議 特別車両「ロザ」の雑学以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


大方の本は返品は許されないので、内容を確かめたあとで買いたい人には、試し読みが可能な無料電子書籍はメチャクチャ使い勝手が良いでしょう。漫画も中身を読んでから買い求められます。
無料コミックだったら、購入を検討している漫画のさわり部分を試し読みで確かめることが可能です。決済前に漫画の中身をある程度認識できるので、利用者にも大好評です。
BookLive「グリーン車の不思議 特別車両「ロザ」の雑学」がアラフォー世代に人気を博しているのは、幼いときに大好きだった作品を、新鮮な気持ちで手っ取り早く読むことが可能であるからだと言っていいでしょう。
漫画雑誌を買い求めていけば、その内片付ける場所がなくなってしまうという問題に直面します。しかしながら書籍ではないBookLive「グリーン車の不思議 特別車両「ロザ」の雑学」であれば、保管場所に困る必要がないので、場所を気にすることなく楽しむことができるというわけです。
無料電子書籍を利用すれば、時間と労力を掛けて売り場まで赴いてチョイ読みをすることは不要になります。こんなことをしなくても、電子書籍の「試し読み」で内容のリサーチを済ませられるからです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


小さい時に何度も読み返した思い入れの強い漫画も、電子コミックという形で読むことができます。家の近くの書店では置いていない漫画も揃っているのが利点だと言えるでしょう。
長く続く漫画は連載終了分まで買わないといけないので、先ず初めに無料漫画で読んでチェックするという人が少なくありません。やっぱりすぐに漫画を買うのはハードルが高いのだと言えます。
無料漫画につきましては、書店での立ち読みに近いものだと言えるでしょう。ストーリーを大まかに認識した上で手に入れられるので、ユーザーも安心感が違うはずです。
無料漫画が楽しめるという理由で、利用者数が右肩上がりになるのは当然だと言えるでしょう。書店と違い、人目を気にすることなく立ち読みすることが可能だというのは、電子書籍だけの長所だと思います。
電子書籍というものは、気が付いた時には利用料が高くなっているという可能性があります。対して読み放題サービスなら月額料が固定なので、何冊読破しようとも利用料金が高額になるなどということはあり得ないのです。




ページの先頭へ