北の保線 線路を守れ、氷点下40度のしばれに挑むブックライブ無料試し読み&購入


平成23年3月11日に発生した東日本大震災でも、線路をはじめとする鉄道施設の大規模な被害があったことは記憶に新しい。その復旧の最前線で活躍しているのが保線員という名のプロフェッショナル集団だ。本書では、過酷な自然環境の北海道の大地で、貴重なライフラインである線路や鉄道施設を守る保線員たちの仕事を紹介する。長年、北海道で保線に関わった著者ならではの歴史的エピソードも満載だ。太田幸夫(おおたゆきお)                                  昭和13年北海道新十津川町生まれ。国鉄入社後、部内教育で大学教育(2年間)修了、東大工学部委託研究員(1年間)として学ぶ。その後、主に東京と北海道各地域に勤務。小樽保線区長、JR北海道工務部(初代保線課長)、JR北海道関連会社などで保線に携わる。現在「札幌啄木会」代表。著書に『レールの旅路』『啄木と鉄道』『北海道の鉄道125話』などがある。
続きはコチラから・・・



北の保線 線路を守れ、氷点下40度のしばれに挑む無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


北の保線 線路を守れ、氷点下40度のしばれに挑む「公式」はコチラから



北の保線 線路を守れ、氷点下40度のしばれに挑む


>>>北の保線 線路を守れ、氷点下40度のしばれに挑むの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


北の保線 線路を守れ、氷点下40度のしばれに挑む、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
北の保線 線路を守れ、氷点下40度のしばれに挑むを始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で北の保線 線路を守れ、氷点下40度のしばれに挑むを楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で北の保線 線路を守れ、氷点下40度のしばれに挑むの購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で北の保線 線路を守れ、氷点下40度のしばれに挑むが安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、北の保線 線路を守れ、氷点下40度のしばれに挑む以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


きちんと比較をした後にコミックサイトをチョイスしている人がほとんどです。漫画を電子書籍で楽しみたいと言うなら、様々なサイトの中から自分にあったサイトを選ぶことがポイントです。
「家の中に置きたくない」、「読んでいるということを秘匿しておきたい」ような漫画であったとしても、BookLive「北の保線 線路を守れ、氷点下40度のしばれに挑む」を巧みに利用すれば近くにいる人に内緒のままで読み続けられます。
「この棚に並んでいる全部の漫画が読み放題であれば、どれほど嬉しいだろう!」という利用者目線の発想に呼応するべく、「月額料を払えば購入の都度支払手続きをしなくてよい」というスタイルの電子書籍が誕生したのです。
無料電子書籍なら、手間暇かけて店頭まで足を運んで内容をチェックする必要がなくなります。そんなことをしなくても、「試し読み」すれば内容の確認ができてしまうからなのです。
「比較検討しないで選択してしまった」とおっしゃる方は、無料電子書籍はどれも同じという認識をお持ちなのかもしれないですが、サービスの充実度は運営会社によって変わりますから、比較してみることは意外と重要です。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


コミックサイトの一番のセールスポイントは、扱うタイトル数がとてつもなく多いということだと言えます。売れない本を抱える心配が不要なので、膨大な商品を揃えることができるというわけです。
電車を利用している間も漫画に触れていたいと望む人にとって、漫画サイトほど有用なものはないでしょう。スマホというモバイルツールをカバンに入れておくだけで、楽々漫画をエンジョイできます。
老眼になったせいで、近いところが見えづらくなってきたという活字中毒ぎみの中高年にとって、スマホで電子書籍を楽しむことができるというのは、ある意味革新的なことなのです。フォントサイズを調整できるからです。
電子コミックのサイトで若干違いますが、1巻の全ページを無料で試し読みすることが可能というところも存在しています。1巻を試してみて、「面白いと感じたのであれば、その後の巻を有料にて読んでください」という販促方法です。
「電車の中でも漫画を見ていたい」と言われる方に打ってつけなのが電子コミックだと断言します。邪魔になる書籍を鞄に入れて運ぶことが不要になり、バッグの中身も重たくならずに済みます。




ページの先頭へ