ササる戦略ブックライブ無料試し読み&購入


売れている商品の裏には、こんなストーリーがあった!マーケティングだけでは、決して生み出せないヒットの法則。必要なのは「視点のズラし方」だ。業界注目の12社からその秘訣を引き出している。オンラインビジネスサイト「Business Media 誠(現在はITmediaビジネスオンライン)」の人気コンテンツを書籍化。【掲載企業】----■ダイドードリンコ株式会社 自販機で缶コーヒーの売り上げがアップしたのはなぜ?----■森永乳業株式会社 常に新商品が販売されているアイスの中で、「ピノ」が40年も売れ続けているのはなぜ?----■ミニストップ株式会社 ヒット商品にすぐ追随するコンビニ業界で、競合他社がソフトクリームを真似しないのはなぜ?----■江崎グリコ株式会社 商品名を知っている人が少なそうなのに、自販機アイス「セブンティーンアイス」が30年間人気なのはなぜ?----■株式会社横浜DeNAベイスターズ チーム成績が低迷しているのに観客動員が伸びたのはなぜ?----■本田技研工業株式会社 50年以上前に発売されたのに、「スーパーカブ」がいまでも売れ続けているのはなぜ?----■小林製薬株式会社 「熱さまシート」の海外での売り上げが、国内での売り上げを上回ったのはなぜ?----■ライフネット生命保険株式会社 インターネットを主な販売チャネルとする新興の“ネット生保”が成功したのはなぜ?----■小金屋食品株式会社 “納豆不毛地帯”の大阪で、なぜ小さな会社の納豆がヒットしたのか?----■株式会社トリドール 「丸亀製麺」の讃岐うどんがインドネシアとタイで受け入れられたのはなぜ?----■株式会社Gunosy スマホアプリ「グノシー」を運営する会社が設立から3年で上場できたのはなぜ?
続きはコチラから・・・



ササる戦略無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


ササる戦略「公式」はコチラから



ササる戦略


>>>ササる戦略の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


ササる戦略、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
ササる戦略を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でササる戦略を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でササる戦略の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でササる戦略が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、ササる戦略以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


マンガの発行部数は、残念ながら減少しているのです。今までと同じような営業戦略に固執することなく、積極的に無料漫画などを提示することで、新たな顧客の獲得を目論んでいます。
電子書籍でしか漫画は買わないという人が急増しています。携帯する必要もありませんし、本を片付ける場所も気にしなくて良いという特長があるからです。プラスして言うと、無料コミックもいくつかあるから、試し読みも余裕です。
BookLive「ササる戦略」を楽しみたいなら、スマホが最適です。大きなパソコンは持ち歩くことができませんし、タブレットも通勤電車などの中で読みたいという場合には向いていないと言えます。
頻繁に漫画を買う人には、コミックサイトが重宝するはずです。買うのも簡便ですし、リリース予定の漫画を買いたいということで、いちいち売り場で事前予約を入れることも不要になるのです。
コミックサイトの最大のメリットは、取扱い冊数がとても多いということではないでしょうか?売れずに返品する心配が不要なので、多岐に亘る商品を取り扱うことができるわけです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


スマホ1台あれば、どこでも漫画を読むことができるのが、コミックサイトの最大の特長です。買うのは単冊ごとというスタイルのサイトや毎月固定料金のサイトなど諸々あります。
漫画好きな人には、コミックサイトが重宝するはずです。払い方も楽ですし、新しくリリースされる漫画を買うために、その度毎に売り場で予約を入れる行為も無用です。
定常的に山のように本を読むという方からすると、月極め料金を納めれば何十冊でも“読み放題”で読むことができるという料金システムは、まさしく画期的だと言えそうです。
コミックサイトの最大のメリットは、購入できる本の種類がとても多いということだと言われます。不良在庫になる問題が起こらないので、多数の商品を揃えることができるのです。
読み放題というのは、電子書籍業界でしか実現できない間違いなく斬新な挑戦になるのです。購入する側にとっても販売者サイドにとっても、良い面が多いということで、早くも大人気です。




ページの先頭へ