車両基地 知られざる鉄道バックヤードブックライブ無料試し読み&購入


鉄道では、列車を運行するために多く人が関わっている。しかし車両基地でがんばっている人たちを見る機会はあまりない。イベントで公開する基地もあるが、普段の姿として、どんなことが行われているのか。本書では、新幹線・JR在来線・地下鉄・モノレール・大手私鉄・路面電車・新交通システムなど、さまざまな車両基地を取材。蒸気機関車やディーゼルカーの整備を含め、基地でしか見られない車両の姿や設備、作業の様子を、写真をふんだんに掲載して紹介する。 柴田 東吾(しばた とうご)1974年東京都生まれ。大学の電気工学科を卒業後、信号機器メーカー、鉄道会社勤務等を経て、現在フリー。得意とする分野は車両研究で、現在のJR・私鉄路線は完乗。『鉄道ダイヤ情報』(交通新聞社)や『Rail Magazine』(ネコ・パブリッシング)、『鉄道ピクトリアル』(電気車研究会)、『新幹線EX』(イカロス出版)などへの寄稿多数。
続きはコチラから・・・



車両基地 知られざる鉄道バックヤード無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


車両基地 知られざる鉄道バックヤード「公式」はコチラから



車両基地 知られざる鉄道バックヤード


>>>車両基地 知られざる鉄道バックヤードの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


車両基地 知られざる鉄道バックヤード、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
車両基地 知られざる鉄道バックヤードを始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で車両基地 知られざる鉄道バックヤードを楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で車両基地 知られざる鉄道バックヤードの購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で車両基地 知られざる鉄道バックヤードが安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、車両基地 知られざる鉄道バックヤード以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


ここに来て、電子書籍業界では全く新しい「読み放題」というプランが登場し注目度が高くなっています。1冊いくらというのではなく、1カ月単位でいくらという徴収方法になっているのです。
コミックが好きなら、コミックサイトが使い勝手も良くおすすめできます。購入する際の決済も簡単便利ですし、最新刊を買い求めたいがために、わざわざお店で予約をする必要もなくなります。
スマホを使用して電子書籍を買えば、電車やバスでの移動の間やブレイクタイムなど、好きな時間に読めます。立ち読みもできてしまうので、本屋に立ち寄るまでもないのです。
クレジットで購入する電子書籍は、気付かないうちに購入代金が高くなっているということが十分考えられます。でも読み放題でしたら毎月の支払が決まっているので、ダウンロードし過ぎたとしても支払金額がバカ高くなる心配は無用です。
「全部の漫画が読み放題だったら、こんなに良い事はない!」という漫画オタクの要望を聞き入れる形で、「毎月固定の金額を払えば購入の度に料金が発生しない」という形式の電子書籍が考えられたわけです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


漫画や書籍を買い揃えると、いずれストックできなくなるということが起こるでしょう。ところが実体のない電子コミックであれば、保管場所に困ることが全くないので、何も気にすることなく楽しめます。
毎日を無駄なく過ごしたいなら、空き時間を賢く活用しなければなりません。アニメ動画の視聴は通勤の途中でもできることですので、このような時間を効果的に使うようにしましょう。
登録者数が著しく増え続けているのがネットで読めるコミックサイトです。少し前までは「漫画は単行本という形で買うからいいの!」という人が多かったのですが、手軽な電子書籍として買って見るという人が増えているようです。
読み終わったあとに「予想していたより全く面白くない内容だった」ということがあっても、読んでしまった書籍は返品できません。しかしながら電子書籍なら試し読みが可能なので、こうした状況をなくせるのです。
コミックの発行部数は、年々低減しているという現状です。以前と同じようなマーケティングにこだわることなく、まずは無料漫画などを提供することで、利用者数の増加を狙っているのです。




ページの先頭へ