観光列車が旅を変えた 地域を拓く鉄道チャレンジの軌跡ブックライブ無料試し読み&購入


観光列車は戦前から運転され、都市部と海・山・湖やレジャー施設などを結び、今でも多くの乗客を輸送している。しかし近年は、乗ること自体が観光目的となる魅力的な列車が多数登場し、観光の新たなコンテンツとして人気を集めている。これらの列車には、事業者の地道な努力やさまざまなアイデアが活かされており、沿線地域の自治体や企業、住民が運行に協力するケースも増えている。本書は、観光列車の歴史を概観したあと、SLやトロッコ、グルメなど観光列車の代表的な事例を紹介するとともに、事業者と地元との連携にも注目。観光列車の進化形である「クルーズトレイン」の現状と展望についても考える。堀内 重人(ほりうち しげと)1967年生まれ。立命館大学大学院経営学研究科博士前期課程修了。運輸評論家として、執筆や講演活動、ラジオ出演などを行う傍ら、NPOなどで交通・物流・街づくりを中心とした活動を行う。主な著書(単著)に、『ビジネスのヒントは駅弁に詰まっている』(双葉社)、『寝台列車再生論』(戎光祥出版)、『元気なローカル線のつくりかた』(学芸出版社)、『チャレンジする地方鉄道』(交通新聞社)、新幹線VS航空機』(東京堂出版)、『地域で守ろう!鉄道・バス』(学芸出版社)、『ブルートレイン誕生50年-20系客車の誕生から、今後の夜行列車へ-』(クラッセ)などがある。日本交通学会・公益事業学会・日本海運経済学会・交通権学会会員。
続きはコチラから・・・



観光列車が旅を変えた 地域を拓く鉄道チャレンジの軌跡無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


観光列車が旅を変えた 地域を拓く鉄道チャレンジの軌跡「公式」はコチラから



観光列車が旅を変えた 地域を拓く鉄道チャレンジの軌跡


>>>観光列車が旅を変えた 地域を拓く鉄道チャレンジの軌跡の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


観光列車が旅を変えた 地域を拓く鉄道チャレンジの軌跡、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
観光列車が旅を変えた 地域を拓く鉄道チャレンジの軌跡を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で観光列車が旅を変えた 地域を拓く鉄道チャレンジの軌跡を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で観光列車が旅を変えた 地域を拓く鉄道チャレンジの軌跡の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で観光列車が旅を変えた 地域を拓く鉄道チャレンジの軌跡が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、観光列車が旅を変えた 地域を拓く鉄道チャレンジの軌跡以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


1巻ずつ書店で買い求めるのは不便です。とは言っても、数冊まとめて買うのは退屈な内容だったときにお財布へのダメージが大きいです。BookLive「観光列車が旅を変えた 地域を拓く鉄道チャレンジの軌跡」なら個別に購入できて、その点心配無用だと言えます。
読むべきかどうか迷うような単行本があるときには、BookLive「観光列車が旅を変えた 地域を拓く鉄道チャレンジの軌跡」のサイトでお金が不要の試し読みをすると後で後悔することもなくなるでしょう。読んでみて面白さが分からないと思ったら、決済しなければ良いだけの話です。
コミックブックと言うと、「中高生向けに作られたもの」というイメージがあるのではありませんか?だけども人気急上昇中のBookLive「観光列車が旅を変えた 地域を拓く鉄道チャレンジの軌跡」には、お母さん・お父さん世代が「10代の頃を思い出す」と思ってもらえるような作品も複数あります。
趣味が漫画を読むことだというのを秘匿しておきたいと言う方が、ここ最近増えていると言われています。家の中には漫画を持ち帰りたくないというような場合でも、BookLive「観光列車が旅を変えた 地域を拓く鉄道チャレンジの軌跡」なら他の人に内緒で漫画に没頭できます。
電子書籍でしか漫画は買わないという人が急増しています。持ち歩く必要もありませんし、収納場所を考える必要もないという点がウケているからです。更に無料コミックサービスもあるので、試し読みも余裕です。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


誰でも読める無料漫画を提供することで、利用者数を増やし売上につなげるのが業者にとっての目的ですが、当然ですが、利用者側からしても試し読みができるので、中身をある程度見極められます。
「詳細を把握してから買いたい」と言われる人からすると、無料漫画と申しますのは短所のないサービスだと断言します。運営側からしても、ユーザー数の増加に繋がるはずです。
コミックサイトの一番の利点は、扱うタイトル数が本屋よりはるかに多いということだと言われます。売れずに返品するリスクが発生しない分、多種多様な商品を置けるのです。
詳しいサービスは、会社によって変わります。そんな訳で、電子書籍を何所で買い求めるかというのは、当然比較して考えるべきだと思っています。軽い感じで選ぶのは危険です。
毎日のように新タイトルが追加されるので、何冊読んでも読みつくしてしまうことがないというのがコミックサイトのセールスポイントです。書店にはもう置いていない一昔前の作品も購入可能です。




ページの先頭へ