たのしごとデザイン論ブックライブ無料試し読み&購入


【クリエイターが幸福に仕事をするための50の方法論】デザインや創作を仕事にする上では、何を作るか? だけでなく、どう作り、どう人と関わり、どう世に出していくか? という文脈づくりが欠かせません。武器となるのは、他者との関係「他の仕事」を知り、「楽しい仕事」の作り方を学び、すべてを「たのしいこと」に変えていくセオリー、それが「たのしごと」です。アートディレクターのカイシトモヤが、グラフィックデザインの現場経験を通じて、「クリエイターが幸福に仕事をするための50の方法」をまとめ上げた、創作に関わる、志す、すべての人必携の実践書です!〈本書の主な内容〉■第1章 デザインを知る、たのしごと。まずはグラフィックデザインはどういう仕事なのか、その正体をさまざまな角度から観察。「たのしごと」への入り口、入門の章です。■第2章 あなたとデザインを考える、たのしごと。表現と考え方を結びつけることは、あなたのデザインを外に広げるための欠かせない手段。「何をつくるか?」から「どうつくるか?」へ意識を変えていきましょう。■第3章 仲間との関係を学ぶ、たのしごと。デザインはたった一人で生み出されるものではありません。さまざまな才能の力を借り、仲間と強い信頼関係を結ぶには、いったいどうすればよいのでしょうか。■第4章 クライアントとの関係を育てる、たのしごと。クライアントとあなたの関係は、ただ労働と対価を交換するだけではないはず。両者が共に幸せなゴールにたどりつくために、私たちがなすべきことを考えます。■第5章 あなたのこれからを創る、たのしごと。さまざまなプロの形が生まれる多様性の時代、クリエイターとしてのキャリアをどのように積んでいきますか? あなたの将来の姿を見つける、道しるべの最終章。
続きはコチラから・・・



たのしごとデザイン論無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


たのしごとデザイン論「公式」はコチラから



たのしごとデザイン論


>>>たのしごとデザイン論の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


たのしごとデザイン論、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
たのしごとデザイン論を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でたのしごとデザイン論を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でたのしごとデザイン論の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でたのしごとデザイン論が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、たのしごとデザイン論以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


漫画と言えば、「若者をターゲットにしたもの」というイメージを持っているのではありませんか?けれどここ最近のBookLive「たのしごとデザイン論」には、50代以降の方でも「昔懐かしい」と口にされるような作品も数え切れないくらいあります。
アニメが一番の趣味という人にとっては、無料アニメ動画と申しますのは革命的とも言えるコンテンツなのです。スマホさえ所有していれば、好き勝手に見聞きすることができるのです。
店舗では、スペース上の問題で並べられる本の数が限られてしまいますが、BookLive「たのしごとデザイン論」ではそういった制限をする必要がなく、マニア向けの書籍も取り扱えるというわけです。
コンスタントに新しい漫画が追加されるので、毎日読もうとも読みたい漫画がなくなる心配などいらないというのがコミックサイトの人気の理由です。書店では扱っていないような一昔前の作品も読むことができます。
無料漫画が堪能できるという理由で、ユーザー数が増すのは必然です。書店とは違って、人の視線に気を配ることなく立ち読みすることが許されるのは、電子書籍のメリットだと言って間違いありません。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


現在連載中の漫画は何冊もまとめて購入しなければならないため、とりあえず無料漫画でちょっとだけ読むという人が稀ではないようです。やはりその場で買うかどうかを決めるのは無理があるということでしょう。
一括りにして無料コミックと言われましても、用意されているカテゴリーはとても幅広くなっています。少年・少女漫画からアダルト系までありますから、あなたが読みたい漫画をきっと探し出せると思います。
あらすじが分からないという状態で、タイトルと著者名だけで漫画を買うのは危険です。タダで試し読み可能な電子コミックなら、ざっくり内容を確認した上で購入できます。
電子コミックが40代以降の人たちに人気があるのは、中高生だったころに読んだ漫画を、もう一度容易くエンジョイできるからだと言えるでしょう。
「ここにあるすべての本が読み放題であれば、どんなに楽しいだろう」という利用者の発想を踏まえて、「月額料を納めれば購入の度に決済しなくてよい」という形式の電子書籍が考案されたのです。




ページの先頭へ