朝鮮総督府官吏 最後の証言ブックライブ無料試し読み&購入


「朝鮮(北朝鮮及び韓国)等の言う従軍慰安婦なるものに、日本の軍や官吏が強制連行など関係したことは絶対ありません」本書のロングインタビューで日韓併合当時を熱く語ってくれた証言者の西川清氏(2016年現在、101歳)が、安倍首相への手紙で伝えた言葉である。西川氏は、約80年前の日韓併合時の朝鮮において、朝鮮人の知事が統括する地方行政で内務課長を勤めていた。西川氏は、朝鮮を第二の故郷と呼んでおり、だからこそ西川氏は、数々の虚偽で日本の尊厳が汚される現状に義憤を覚え、安倍総理へ手紙を書いたのであった。より日韓併合の実態を行政側から解説できる朝鮮総督府官吏としての証言はおそらく西川氏が最後であろう。 他に朝鮮で生活した方がいたとしても終戦時は幼少であったり、当時を知る家族から伝え聞いた話が殆どになる筈である。それは一つの貴重な体験ではあるが、「朝鮮総督府の施政がどういうものであったか」という視点で語ることは難しい。だからこそ、この元官吏である西川氏の証言及びその写真、資料は日韓併合時の実態を知る上で貴重な記録である。ここに証言されている内容は、戦後教育を受けた人にとっては、驚きであるに違いない。取材に於いて西川氏は、朝鮮のごく平穏な生活と日常に触れ、そこで語られるのは幸せな朝鮮人と日本人の姿であった。また、貴重な写真からも朝鮮人と日本人とが普通に仲が良かったことが分かる。朝鮮人が日本人の上司になることも普通であり、職場の仲間と日朝合同の野球チームを作り他のチームと戦ったり、時に桜の下で酒を酌み交わした楽しい想い出も多く、朝鮮人と日本人は共に朝鮮の発展を願い職務に精励していたという。まるで現代社会と変わらないような錯覚を覚えるが、正にこれが歴史の真実である。
続きはコチラから・・・



朝鮮総督府官吏 最後の証言無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


朝鮮総督府官吏 最後の証言「公式」はコチラから



朝鮮総督府官吏 最後の証言


>>>朝鮮総督府官吏 最後の証言の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


朝鮮総督府官吏 最後の証言、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
朝鮮総督府官吏 最後の証言を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で朝鮮総督府官吏 最後の証言を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で朝鮮総督府官吏 最後の証言の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で朝鮮総督府官吏 最後の証言が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、朝鮮総督府官吏 最後の証言以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


無料漫画をわざわざ提示することで、利用する人を増やし売上増に結び付けるのが販売会社にとっても狙いですが、一方の利用者にとっても試し読みができるので、メリットがあると言えます。
電子無料書籍を効率よく利用すれば、時間を掛けて販売店まで訪ねて行ってチョイ読みをする必要が一切なくなります。そんなことをしなくても、無料の「試し読み」で内容の把握ができるからなのです。
無料電子書籍をDLしておきさえすれば、突然アポイントがなくなってしまっても、時間つぶしが難しいなどということがなくなります。休憩している時間や電車やバスでの移動中などでも、十二分に楽しめるはずです。
漫画雑誌と言うと、「若者向けに作られたもの」だと思っているのではありませんか?しかしながらここ最近のBookLive「朝鮮総督府官吏 最後の証言」には、30代~40代の方が「若かりし日を思いだす」と言うような作品も多く含まれます。
月額の料金が一定のサイト、個人情報の登録がいらないサイト、1冊単位で売っているサイト、無料で読める漫画が多数揃っているサイトなど、コミックサイトも何だかんだと違いがありますので、比較することをおすすめします。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


「全てのタイトルが読み放題であれば、どんなに素晴らしいだろう」という利用者の発想を踏まえて、「月額料を支払えば1回1回の支払いは不要」という形の電子書籍が誕生したわけです。
ここに来て、電子書籍業界では先駆け的な「読み放題」というサービスが登場し注目度が高くなっています。1冊いくらではなくて、月額いくらという課金方法になっています。
漫画を手に入れる際には、電子コミックを利用して簡単に試し読みしることが大切だと言えます。ストーリー内容や漫画に登場する人の見た目などを、課金前に把握できます。
「大体の内容を知ってから買い求めたい」という考えを持つ利用者にとって、無料漫画と申しますのは良い所だらけのサービスだと断言します。販売者側からしましても、利用者数増加に繋がります。
スマホが1台あれば、電子コミックをいつでも楽しめます。ベッドに寝そべって、眠たくなるまでのリラックスタイムに満喫するという人が少なくないそうです。




ページの先頭へ