なるほどデザインブックライブ無料試し読み&購入


【目で見て楽しむ新しいデザインの本!】「デザイン=楽しい」を実感できる新しいデザイン書籍。デザインする上で必要な基礎、概念、ルール、プロセスを、図解やイラスト、写真などのビジュアルで解説しています。現場で活躍しているデザイナーが身近にあるわかりやすいものに例えたり、図解、イラスト、別のものに置き換えて見方を変えてみたり…豊富なビジュアルとともにわかりやすくひも解きました。楽しみながらデザインのあれこれがわかり、「なるほど!」と思える内容が盛りだくさんです!〈本書の内容〉■Chapter 1デザインに「正解」はない --編集とデザイン■Chapter 2 デザイナーの7つ道具どっちがダイジ? を口癖にしよう。--ダイジ度天秤 主役を狙って、光を当てる。--スポットライトいいデザインて、いいキャラしてます。--擬人化力ヒントは世の中にあふれてる。--連想力言葉と絵のバイリンガルになろう。--翻訳機ふところに隠し持った、最終兵器。--虫めがねそのデザインを決めるもの。--愛■Chapter 3 デザインの素布地を織り上げるように組む。--文字と組み言葉の「らしさ」をつくる。--言葉と文章右脳と左脳で考えてみる。--色イメージの力に向き合う。--写真ロジカル、ときどきグラフィカル。--グラフとチャート
続きはコチラから・・・



なるほどデザイン無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


なるほどデザイン「公式」はコチラから



なるほどデザイン


>>>なるほどデザインの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


なるほどデザイン、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
なるほどデザインを始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でなるほどデザインを楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でなるほどデザインの購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でなるほどデザインが安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、なるほどデザイン以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


BookLive「なるほどデザイン」を読みたいなら、やっぱりスマホじゃないでしょうか?パソコンは持ち歩くなんてことはできませんし、タブレットもバスとか電車内などで読むという際には、大きすぎて使いづらいと考えられるからです。
多種多様の本を読み漁りたい方にとって、次から次に買うのは金銭的な負担も大きいと言って間違いないでしょう。だけれど読み放題を利用するようにすれば、1冊毎の単価を安く済ませることもできるというわけです。
コミックサイトも数多くあるので、比較して一番自分に合うと思うものをチョイスすることが大事です。というわけで、何はともあれ各サイトの利点を把握することが要されます。
各種サービスを圧倒して、ここ最近無料電子書籍システムが拡大している理由としては、地元の本屋が消滅しつつあるということが指摘されているようです。
一纏めに無料コミックと申しましても、取り揃えられているジャンルは多種多様にあります。少年・少女漫画からアダルト系まで揃っていますから、あなたが読みたいと思う漫画が必ず見つかるでしょう。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


「どのサービスで書籍を買うのか?」というのは、想像以上に大切なことだと思います。売値や使い勝手などに差異があるのですから、電子書籍につきましてはあれこれ比較して判断しなければならないと考えています。
昔は単行本という形になったものを買っていたとおっしゃるような方も、電子書籍を試してみた途端に、便利さに感動するということがほとんどだと耳にしました。コミックサイトも数多く存在しているので、きっちりと比較してから選択してください。
既に絶版になった漫画など、店舗では取り寄せしてもらわないと買うことができない作品も、電子コミックという形態で様々販売されていますから、どんな場所でも入手して見ることができます。
スマホを利用しているなら、電子コミックを手軽に閲覧することができます。ベッドに横たわって、眠たくなるまでのリラックスタイムに楽しむという人がたくさんいるそうです。
知り合いに会うかもしれない場所では、ちょっとだけ読むのもためらうような種類の漫画でも、無料漫画サービスを採り入れている電子書籍なら、好みかどうかをきっちりとチェックしてから買うかどうかを決めることができるというわけです。




ページの先頭へ