シーボルト江戸参府紀行ブックライブ無料試し読み&購入


【江戸参府紀行】シーボルト著 呉秀三 註訳(文語訳) シーボルトの江戸参府は1826年2月から7月にかけて行なわれた。本書はその紀行の日程に合わせて、序文と11章にわたり出来事が克明に記録されている。シーボルトはこの江戸参府に大きな期待を寄せ、序文では2年間を準備に当てたと書いている。滞在先では各地からやってくる、医師や蘭学者に面会して精力的に活動。医師たちに天然痘の講義、若千ながら手術を実演し、将軍家の日本人医師から訪問を受けている。各地で日本人と触れ合うことで、シーボルトの日本研究はより深まっていった。この『江戸参府紀行』は鎖国当時の外国人による数少ない記録であり、当時の日本人たちを知る上で貴重な資料。出版-駿南社(1928年)、出典-近代デジタルライブラリー【著者】シーボルトPhilipp Franz Balthasar von Siebold(1796 -1866年)ドイツの医者。ドイツの名家に生まれ、ヴェルツブルグ大学にて医学、植物額、地理学、人類学を学ぶ。1822年オランダ領東インド陸軍病院少佐に任命され、バタヴィア(現ジャカルタ)を着任。1823年に鎖国中の日本・出島のオランダ商館医として来日。各地から集まった日本人医師に医学や諸科学を教え、日本の植物を収集した。1826年には将軍徳川家斉に謁見。1823年に『シーボルト事件』で国外追放となる。帰国後は日本研究をまとめ、西洋における日本学の発展に大きく影響を与えた。1866年、ミュルヘンで70歳没。
続きはコチラから・・・



シーボルト江戸参府紀行無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


シーボルト江戸参府紀行「公式」はコチラから



シーボルト江戸参府紀行


>>>シーボルト江戸参府紀行の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


シーボルト江戸参府紀行、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
シーボルト江戸参府紀行を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でシーボルト江戸参府紀行を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でシーボルト江戸参府紀行の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でシーボルト江戸参府紀行が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、シーボルト江戸参府紀行以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


移動中の空き時間も漫画を楽しんでいたいといった人にとって、BookLive「シーボルト江戸参府紀行」ぐらい重宝するものはないと言っていいでしょう。スマホ1つを所持するだけで、簡単に漫画に没頭することができます。
アニメマニアの方からすれば、無料アニメ動画は斬新なコンテンツなのです。スマホさえ所持していれば、好きな時に楽しむことが可能なのです。
電子書籍を購入するというのは、電子情報を入手するということを意味します。サイトが閉じられてしまうようなことがあったら利用することができなくなるので、きちんと比較してからしっかりしたサイトを選択しましょう。
漫画をはじめとした書籍の代金は、1冊1冊の単価で見ればあまり高くありませんが、沢山買えば月々の利用料金は嵩むことになってしまいます。読み放題プランなら料金が固定なので、書籍代を節減できるというわけです。
老眼に見舞われて、近場の文字が見えにくくなってしまったという活字中毒症の高齢者にとって、スマホ上で電子書籍を読むことができるというのは画期的なことなのです。文字の大きさを調整できるからです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


無料コミックだったら、買った方が良いかどうか迷っている漫画の一部分を無料で試し読みするということができます。前もって漫画の内容を大体確認できるため、利用者にも大好評です。
コミックサイトの一番のアピールポイントは、取り揃えている漫画の数が普通の本屋とは比較にならないくらい多いということだと言えます。売れずに返品する心配がないので、様々な商品を置けるのです。
本を通販で買う時には、原則タイトルなどに加えて、大ざっぱな内容のみが分かるだけです。それに対し電子コミックでしたら、何ページかを試し読みで確認できます。
売り場では、本棚のスペースの問題で売り場に並べられる数が限られてしまいますが、電子コミックについてはそういった制限が必要ないので、今はあまり取り扱われない作品も販売することができるのです。
電子コミックのサイトによりいろいろですが、1巻全部を無料で試し読みすることが可能というところも若干あります。1巻だけ読んで、「楽しかったら、続巻をお金を支払って買い求めてください」という営業戦略です。




ページの先頭へ