神道大辞典 第二巻ブックライブ無料試し読み&購入


神道を学びたい方に必須の名著。『神道大辞典』は昭和12年(1937年)から15年(1940年)にかけて平凡社より出版された神道に関する辞典(全3巻)。計1700頁の大作で皇紀2600年(昭和15年)の祝典記念として刊行された。古典的文献、祭祀や神社の由来、用語の解説など多岐にわたり、貴重な写真や図と共に収められている。出版にあたり当時の平凡社社長であった下中弥三郎氏は、序文で、出版意義を次のように述べている。郷村には必ず神社があり、祭が行なわれている。しかし、その祭神が何であるか、その由緒は、となると、明白ではない。国民にも、精神の指導の立場にある人々にすら認識が極めて不十分である。しかし、その事実を咎める前に、外国文化の吸収に急なるがために、神道研究に関して怠ってこなかったか、を考えてみなくてはならない。仏教、キリスト教に関しては膨大に大辞典が刊行されているにも関わらず、神道に関しては、同社(平凡社)が出版した山川鵜市氏著の『神祇辞典』のみで、好著であるものの規模が小さい為、改めて大辞典を関係各位の協力を得て、出版するに至った。(内容要約)なお本書は分冊版中の一巻であり、内容は三冊合体本版収録のものと同等である。国立国会図書館が所蔵し、国会図書館デジタルコレクションとしてインターネット上に公開している資料を元に、画像を補正などし、利便性を高めるため目次を付した。オリジナルの紙の書籍は極めて入手困難だが、電子書籍化により、この名著が広く活用され、日本文化や神道の理解の一助になれば幸いである。※本製品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むのに適しています。文字だけの拡大や、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能は使用できません。
続きはコチラから・・・



神道大辞典 第二巻無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


神道大辞典 第二巻「公式」はコチラから



神道大辞典 第二巻


>>>神道大辞典 第二巻の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


神道大辞典 第二巻、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
神道大辞典 第二巻を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で神道大辞典 第二巻を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で神道大辞典 第二巻の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で神道大辞典 第二巻が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、神道大辞典 第二巻以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


スマホで電子書籍を買っておけば、職場までの移動中や休憩中など、場所に縛られることなく楽しめるのです。立ち読みも気軽にできるため、本屋に立ち寄るなどという必要性がありません。
一纏めに無料コミックと申しましても、扱われているカテゴリーは多岐に及びます。少年漫画だけでなくアダルト系もあるので、あなたの趣味嗜好に合う漫画がきっとあるでしょう。
無料漫画を満喫できるということで、ユーザーが増加するのは至極当然のことです。お店とは異なり、人の目を気にすることなく立ち読みすることができるのは、電子書籍のメリットだと思います。
さくっとDLして読み進めることができるというのが、無料電子書籍の利点です。ショップまで出掛る必要も、通販で購入した書籍を郵送してもらう必要も全然ないわけです。
読み放題プランというシステムは、電子書籍業界でしか成しえない言わば斬新な挑戦になるのです。買う方にとっても制作者にとっても、良い面が多いと考えていいでしょう。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


読み終わったあとに「期待していたよりもつまらない内容だった」ってことになっても、本は返品できません。ところが電子書籍ならあらかじめ試し読みすることが可能なので、こういった状況を防ぐことができるのです。
電子書籍ビジネスには色々な企業が進出してきていますから、しっかりと比較してから「どの電子書籍をチョイスするのか?」を決めるべきです。揃えている書籍の種類やコンテンツ、価格などを吟味すると良いと思います。
電子コミックが30代・40代に高評価を得ているのは、幼いときに繰り返し読んだ作品を、もう一度気軽に読めるからだと言えます。
移動時間などを埋めるときに適したサイトとして、流行しつつあるのが手軽に利用できる漫画サイトです。お店に出かけて漫画を購入せずとも、スマホでサイトから購入すればいつでも読めるというのが特色です。
電子コミックは持ち運びに便利なスマホやタブレット端末で閲覧することができて、非常に重宝します。冒頭だけ試し読みをしてみて、その漫画を購入するかの意思決定をする人もたくさんいるのだそうです。




ページの先頭へ