THE NEW KOREA―朝鮮(コリア)が劇的に豊かになった時代(とき)ブックライブ無料試し読み&購入


≪帯の言葉より≫日韓併合前の朝鮮では日本と全く異なり女性は奴隷同然で何の権利も与えられていなかった。結婚すれば家屋内奴隷として扱われ、それは余りに過酷だった。それ以下だったのは、奴婢(ノビ)・白丁(ペクチョン)と言われた本物の奴隷たちである。1871~2年の大飢饉では、人口の半分を占めた奴婢らの多くが、餓死したが朝鮮を支配していた両班(ヤンバン)たちは、清にも日本にも食糧支援を求めず、奴婢たちの死に行くのを全く歯牙にもかけなかった。この様な非人道的制度を一気に改善し、想像を絶した朝鮮の近代化を行なったのが、日韓合邦の歴史的事実である。その真の姿は、巨額の予算を当時、首都京城(ソウル)を東京よりも近代化させてしまった日本人の器の大きさで証明されている。インフラ面だけでなく、衛生面での改善も著しく、感染病の多くが激減した事など枚挙に暇がない。他の一切の西欧列強が成し得なかった信じ難いこの偉業を日本人は誇るべきであり、当時朝鮮人と台湾人の大半が喜んでいたことであった。しかし、朝鮮では全権力を奪われた両班たちが第二次世界大戦後この事実を覆い隠し、虚偽の歴史を捏造し、再びと権力の座に就いて、言論弾圧と私刑(リンチ)とによって真実の声を封殺し、現在の韓国に到らしている。蒙古襲来時に蒙古の手先となって日本人を虐殺したように、19世紀末当時は、ロシアの手先となって、日本を侵略することが目に見えていた当時の朝鮮に対して取った大日本帝国の日韓併合政策は、結果として韓国に決定的な文明の開化を齎したのである。この客観的事実を、当時最も著名な植民地研究家のアレン・アイルランドが克明に分析し日本の統治を西欧列強のいかなる政策よりも優れているとして高い評価を与えていることは刮目に価する。
続きはコチラから・・・



THE NEW KOREA―朝鮮(コリア)が劇的に豊かになった時代(とき)無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


THE NEW KOREA―朝鮮(コリア)が劇的に豊かになった時代(とき)「公式」はコチラから



THE NEW KOREA―朝鮮(コリア)が劇的に豊かになった時代(とき)


>>>THE NEW KOREA―朝鮮(コリア)が劇的に豊かになった時代(とき)の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


THE NEW KOREA―朝鮮(コリア)が劇的に豊かになった時代(とき)、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
THE NEW KOREA―朝鮮(コリア)が劇的に豊かになった時代(とき)を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でTHE NEW KOREA―朝鮮(コリア)が劇的に豊かになった時代(とき)を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でTHE NEW KOREA―朝鮮(コリア)が劇的に豊かになった時代(とき)の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でTHE NEW KOREA―朝鮮(コリア)が劇的に豊かになった時代(とき)が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、THE NEW KOREA―朝鮮(コリア)が劇的に豊かになった時代(とき)以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


電子書籍の関心度は、どんどん高まりを見せている状態です。そうした状況において、ユーザーが着実に増えているのが読み放題というプランなのです。料金を気にすることなく読むことができるのが最大の特徴と言えます。
「所有している漫画が多過ぎて置き場所が確保できないから、買うのを躊躇ってしまう」という様な事がないのが、BookLive「THE NEW KOREA―朝鮮(コリア)が劇的に豊かになった時代(とき)」が支持される理由です。何冊購入しても、スペースを考えなくても大丈夫です。
最近はスマホ経由で楽しむことができる趣味も、以前にも増して多様化が進展しています。無料アニメ動画を始め、無料電子書籍やスマホゲームなど、多種多様なコンテンツの中からチョイスできます。
スマホやパソコンに今後購入する漫画を全てダウンロードすることにすれば、片付ける場所を危惧する必要などないのです。一回無料コミックから読んでみると良さが分かるでしょう。
BookLive「THE NEW KOREA―朝鮮(コリア)が劇的に豊かになった時代(とき)」が中高年の人たちに根強い人気があるのは、小さかった頃に反復して読んだ漫画を、もう一度気軽に読むことが可能であるからだと思われます。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


「手の届く場所に保管したくない」、「所有していることを隠したい」と感じるような漫画でも、漫画サイトならば誰にも知られることなく閲覧できます。
漫画と言えば、若者の物というふうに思い込んでいるかもしれません。だけど最近の電子コミックには、中高年層の人が「10代の頃を思い出す」と言われるような作品も多くあります。
誰でも読める無料漫画をサービスすることで、集客数を引き上げ売り上げ増加に繋げるのが電子書籍会社のメリットですが、当然ですが、ユーザーも試し読みできるので、購入の判断がしやすくなります。
無料漫画というのは、書店での立ち読みと一緒だと考えられます。楽しめるかどうかをそこそこ認識してからゲットすることができるので、ユーザーも安心感が増します。
サービスの詳細は、運営会社によって異なります。それ故、電子書籍をどこで購入するのかというのは、比較して考えるべきだと言えます。適当に選ぶのは危険です。




ページの先頭へ