沈黙のWebライティング ―Webマーケッター ボーンの激闘―ブックライブ無料試し読み&購入


【SEOのためのライティング教本の決定版! 「成果が上がる」文章の書き方がわかる!】Webで「成果を上げる」ための文章の書き方を解説した実用入門書。謎のWebマーケッター「ボーン・片桐」が活躍するストーリーを通じて、SEOに強いライティングのノウハウを学ぶことができます。本書はWeb上で連載され、大人気を博したコンテンツを書籍化したものです。連載をまとめた本編全7話に、書籍だけの書き下ろしとなる本編エピローグ、Webで成果を上げる文章を書くための手法や思考法を伝える特別解説(約100ページ)を加えました。特別解説は、ストーリーを通じて語られるさまざまなノウハウや考え方を、より深く具体的に掘り下げた実践的な内容になっています。Webサイトやブログの記事だけではなく、ビジネス文書などにも活用できるライティング教本の決定版です!〈あらすじ〉須原にある温泉旅館「みやび屋」。若女将である宮本サツキが切り盛りしているが、Web集客が振るわず、経営の危機を迎えていた。やがて、みやび屋にひとりの男が来訪する。男の名は「ボーン・片桐」。重さ39.9kgのノートPCを操る謎の男の目的とは一体……!? いま、みやび屋のWebライティングを巡る激闘が始まる!〈ストーリー 目次〉EPISODE 01 SEOライティングの鼓動EPISODE 02 解き放たれたUSPEPISODE 03 リライトと推敲の狭間にEPISODE 04 愛と論理のオウンドメディアEPISODE 05 秩序なき引用、失われたオマージュEPISODE 06 嵐を呼ぶインタビューEPISODE 07 今、すべてを沈黙させる・・・!!エピローグ 沈黙のその先に ※書籍書き下ろし〈特別解説 目次〉 ※書籍書き下ろし○SEOを意識したコンテンツを作るカギ○「USP」を最大限に活かすコンテンツ○わかりやすい文章を書くためのポイント○論理的思考をSEOに結び付ける○オウンドメディアに必要なSEO思考○SEOに強いライターの育成法○バズにつながるコンテンツ作成のコツ
続きはコチラから・・・



沈黙のWebライティング ―Webマーケッター ボーンの激闘―無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


沈黙のWebライティング ―Webマーケッター ボーンの激闘―「公式」はコチラから



沈黙のWebライティング ―Webマーケッター ボーンの激闘―


>>>沈黙のWebライティング ―Webマーケッター ボーンの激闘―の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


沈黙のWebライティング ―Webマーケッター ボーンの激闘―、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
沈黙のWebライティング ―Webマーケッター ボーンの激闘―を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で沈黙のWebライティング ―Webマーケッター ボーンの激闘―を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で沈黙のWebライティング ―Webマーケッター ボーンの激闘―の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で沈黙のWebライティング ―Webマーケッター ボーンの激闘―が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、沈黙のWebライティング ―Webマーケッター ボーンの激闘―以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


月額が決まっているサイト、登録の要らないサイト、1巻・2巻と単品で売っているサイト、タダのコミックが豊富なサイトなど、コミックサイトも何やかやと違いがあるので比較検討すべきだと思います。
いつも持っているスマホに読みたい漫画を全部保管すれば、しまう場所を気にする必要はなくなるのです。善は急げということで、無料コミックから試してみると良さが理解できるでしょう。
時間を潰すのに丁度いいサイトとして、人気が出ているのが話題のBookLive「沈黙のWebライティング ―Webマーケッター ボーンの激闘―」です。本屋さんなどで欲しい漫画を探したりせずとも、スマホが1台あるだけで読めてしまうという所が特色です。
「電子書籍は遠慮したい」という愛読家の方も多々ありますが、1回でもスマホ上で電子書籍を読んでみれば、その気楽さや支払いの簡単さからリピーターになってしまう人が珍しくないとのことです。
手に入れたい漫画はあれこれ販売されているけど、買ったとしても収納する場所がないという話をよく聞きます。そういう背景があるので、保管スペースを心配しなくて大丈夫なBookLive「沈黙のWebライティング ―Webマーケッター ボーンの激闘―」の人気が増大してきているとのことです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


コミックサイトも多々ありますから、比較して利便性の高そうなものを選ぶことが肝要だと思います。なので、まず第一にそれぞれのサイトの良い所を知ることが大切です。
電子書籍も普通の本と同じで情報が商品なので、内容が微妙でも返品することは不可能となっています。ですので中身を確かめるためにも、無料漫画を読む方が良いのは間違いありません。
漫画などは、お店で内容を確認して買うことにするかどうかの結論を下す人がほとんどです。ところが、ここ数年はとりあえず電子コミックで1巻を購入し、その書籍を買うのか否かを決める方が主流派になりつつあります。
“無料コミック”を活用すれば、検討中の漫画の最初だけをタダで試し読みすることができるのです。入手前に中身を一定程度まで確認できるため、とても便利だと言われています。
買ってしまう前に内容を確かめることができるのであれば、読んでしまってから悔やむということがほとんどありません。本屋さんでの立ち読みと同じように、電子コミックにおきましても試し読みを行なうことで、内容を把握できます。




ページの先頭へ