人事評価はもういらない 成果主義人事の限界ブックライブ無料試し読み&購入


GE、マイクロソフト、アクセンチュア、ギャップ、アドビシステム、メドトロニックなど、名だたる企業が年次評価の廃止に踏み切っている。その理由は、年次評価が個人と組織のパフォーマンス(業績)向上に役立っていないと判断されたからだ。年次評価を廃止した企業では、新たなパフォーマンスマネジメントの導入のために多大な投資が行われている。年次で社員にA・B・Cとレーティングするのに時間をかけるのではなく、リアルタイム、未来指向、個人起点、強み重視、コラボレーション促進といった原則に基づくパフォーマンスマネジメントを実現することで、より多様な人材を活かし、より変化に機敏な組織の構築を目指しているのだ。それは、さらなる成長に照準を合わせた人材・組織戦略なのである。翻って日本企業の現状を見ると、20年前に導入された成果主義人事の仕組みが制度疲労を起こしている。・年次評価が社員の動機付けや成長につながっていない。・目標設定や評価の面談が形骸化し、年中行事のような儀式になっている。・上司が率直にフィードバックできず、評価結果が上振れする傾向にある。・面談では評価の理由説明に終始し、前向きな話題がほとんどない。・評価の内容が業績中心で、人材開発の要素が乏しい。・会社の目標を個人にまで割り振ると全体の目標が達成できると信じられている(もはや幻想であるにもかかわらず)。・評価制度を精緻化しようと工夫し続けた結果、複雑になりすぎて現場で運用できない。・多様な専門性や価値観をもった人材を、画一的な尺度で評価すること自体が難しくなってきている。・社員が個人主義的になり、コラボレーション力が低下している。・成果主義人事がマネジャーの裁量の幅を狭め、ミドルアップダウンと言われたかつての日本企業の強みが失われている。人事評価はあって当たり前という固定観念を、そろそろ払しょくすべき時期である。
続きはコチラから・・・



人事評価はもういらない 成果主義人事の限界無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


人事評価はもういらない 成果主義人事の限界「公式」はコチラから



人事評価はもういらない 成果主義人事の限界


>>>人事評価はもういらない 成果主義人事の限界の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


人事評価はもういらない 成果主義人事の限界、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
人事評価はもういらない 成果主義人事の限界を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で人事評価はもういらない 成果主義人事の限界を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で人事評価はもういらない 成果主義人事の限界の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で人事評価はもういらない 成果主義人事の限界が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、人事評価はもういらない 成果主義人事の限界以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


BookLive「人事評価はもういらない 成果主義人事の限界」を楽しむなら、スマホが一番です。パソコンは重たいので持ち歩けないし、タブレットもバスとか電車内などで読むというような時には、大きすぎて邪魔になると想定されるからです。
店舗では扱っていないといったずいぶん前のタイトルも、電子書籍には置かれています。無料コミックのラインナップ中には、アラフィフ世代が若い頃に堪能し尽くした漫画もあったりします。
ちゃんと比較してから、自分に最適のコミックサイトを選ぶ人が増えているようです。漫画を電子書籍で楽しんでみたいなら、諸々のサイトの中から自分のニーズに合致したものをピックアップすることが必須です。
居ながらにしてダウンロードして楽しめるというのが、無料電子書籍の強みです。書店まで行く必要も、ネットで決済した書籍を届けてもらう必要も全くないのです。
漫画好きを秘密裏にしておきたいと言う人が、このところ増えていると聞きます。自室に漫画を放置したくないというような方でも、BookLive「人事評価はもういらない 成果主義人事の限界」であれば人に内緒のままで漫画を読み続けられます。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


スマホで見れる電子コミックは、移動する時の荷物を極力減らすのに役立つと言っていいでしょう。カバンの中などに読みたい本を入れて持ち歩くようなことをしなくても、気軽にコミックを堪能することが可能なのです。
月額の利用料金が固定のサイト、登録をせずに利用できるサイト、1巻ずつ購読するサイト、無料で読める漫画が豊富にラインナップされているサイトなど、コミックサイトもあれこれと違いがありますので、比較しなければいけません。
電子コミックが中高年の方たちに支持されているのは、幼いときに何度も読んだ作品を、再び自由気ままに閲覧できるからだと言えるでしょう。
漫画サイトを積極的に使えば、部屋の中に本棚を確保する必要は全くなくなります。また、新刊を手にするために本屋へ出向く必要も無くなります。こうしたメリットから、使用者数が増加していると言われています。
空き時間を埋めるのにベストなサイトとして、評判になっているのが漫画サイトだそうです。お店で欲しい漫画を購入しなくても、スマホさえあれば好きな漫画を読めるという所が便利な点です。




ページの先頭へ