部下育成の王道 経営百科事典 部下のマネジメントシリーズブックライブ無料試し読み&購入


前提条件をクリアしていない部下は育たない!部下育成には王道があります。王道どおりにやれば確実に効果は出ます。部下育成の王道の第1歩は、(1)前提条件をクリアしているかどうかです。前提条件をクリアした後に(2)部下の成長のゴールを設定します。それから(3)部下育成の実践です。このステップ(1)・(2)を抜きに部下育成を実践しても部下はなかなか育ちません。本書では部下育成の王道の考え方の解説だけではなく、簡単に実行できるしかけも併せて紹介しています。【著者プロフィール】著者:白潟敏朗1964年神奈川生まれ。埼玉大学経済学部経営学科を卒業。1990年に監査法人トーマツのコンサルティング部門に入社。経営、戦略、業務、IPOコンサルティングを経験。1998年からISOコンサルティング会社・審査会社を立上げ。2006年にトーマツ・イノベーションを設立、定額制研修イノベーションクラブにて中小企業の人材育成にイノベーションをおこした。2014年に独立し、白潟総合研究所株式会社を設立。中小企業1万2千社に対するコンサルティング実績を有する。『上司のすごいしかけ』『売上アップのすごいしかけ』『仕事の5力』(中経出版)ほか、43冊の本を出版、累計94万部突破。
続きはコチラから・・・



部下育成の王道 経営百科事典 部下のマネジメントシリーズ無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


部下育成の王道 経営百科事典 部下のマネジメントシリーズ「公式」はコチラから



部下育成の王道 経営百科事典 部下のマネジメントシリーズ


>>>部下育成の王道 経営百科事典 部下のマネジメントシリーズの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


部下育成の王道 経営百科事典 部下のマネジメントシリーズ、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
部下育成の王道 経営百科事典 部下のマネジメントシリーズを始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で部下育成の王道 経営百科事典 部下のマネジメントシリーズを楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で部下育成の王道 経営百科事典 部下のマネジメントシリーズの購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で部下育成の王道 経営百科事典 部下のマネジメントシリーズが安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、部下育成の王道 経営百科事典 部下のマネジメントシリーズ以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


「詳細を確認してからDLしたい」という考えを持つ方にとって、無料漫画というものはメリットだらけのサービスなのです。運営者側からしましても、新規ユーザー獲得が望めます。
放送しているのをリアルタイムで見るのは不可能だとう人でも、無料アニメ動画という形で配信されているものなら、ご自分のスケジュールに合わせて視聴することも叶うわけです。
話題のタイトルも無料コミックなら試し読みができます。スマホやモバイルノートで読むことができますから、他人に知られたくないとか見られるとヤバい漫画もコソコソと楽しめます。
読み放題という仕組みは、電子書籍業界からすれば言うなれば画期的なトライアルなのです。ユーザーサイドにとっても出版社や作家さんにとってもメリットが多いと高く評価されています。
実は無料アニメ動画などは、スマホでも見ることが可能です。最近はシニア層のアニメオタクも増える傾向にありますので、この先更に進展していくサービスであるのは間違いありません。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


大方の本は返すことが不可能なので、内容を確かめてから購読したい人にとっては、試し読みで中身が確認できる無料電子書籍はすごく便利です。漫画も中身をチェックしてから購入可能です。
ショップでは、展示スペースの関係で並べられる本の数に制約が出てしまいますが、電子コミックだったらこのような問題が発生しないため、ちょっと前に発売された書籍も販売することができるのです。
電子書籍ビジネスには複数の企業が進出してきているので、念入りに比較してから「どの電子書籍に登録するのか?」を決定することが大事になります。購入可能な書籍数や値段、サービス状況などを吟味することをおすすめします。
漫画や本は、本屋でパラパラ見て購入するかどうかの判断を下す人が多いようです。けれど、ここ最近は電子コミックのサイト経由で1巻を読んでみて、その本を購入するのか否かを決定するという方が増えつつあります。
「大筋を把握してからでないと買えない」と考えているユーザーからすれば、無料漫画というのはメリットばかりのサービスだと断言します。運営側からしましても、顧客数増大に効果のある戦略だと言えます。




ページの先頭へ