1. BookLive! (ブックライブ)配信中の電子書籍一覧
  2. 電子書籍ブックライブ購入方法4|BookLive! (ブックライブ)配信中一覧
  3. ブックライブ作品8|BookLive! (ブックライブ)配信中一覧
  4. これからのWebサイト設計の新しい教科書 CSSフレームワークでつくるマルチデバイス対応サイトの考え方と実装|BookLive! (ブックライブ)配信中一覧

これからのWebサイト設計の新しい教科書 CSSフレームワークでつくるマルチデバイス対応サイトの考え方と実装ブックライブ無料試し読み&購入


【複数デバイス対応を効率化するフロー&ノウハウがわかる!】本書は、Webサイトをマルチデバイス対応(レスポンシブWebデザイン対応)させる上での、設計の考え方とCSSフレームワーク(Bootstrap)を利用した実装方法を伝える解説書です。前半(1~6章)では「コンポーネント」の概念を取り入れた新しいサイト設計の考え方、フレームワークの特徴などを丁寧に紹介しています。実践編となる後半(7~11章)では、代表的なフレームワークであるBootstrapを用いて作成したサンプルをもとに、マルチデバイス対応サイトを設計・制作する手法、BootstrapのSass(SCSS)を使ったカスタマイズ方法を解説。最終章では実装をより効率化・チューニングする手法も紹介しています。なお、本書のサンプルデータはダウンロードにて提供します。WebサイトがPCだけで見るものではなくなった昨今、サイトのマルチデバイス対応は必須要件となりつつあります。その一方、実装に工数を費やす従来の制作フローでは、作業効率や時間的コストの面で対応し切れなくなっているのが制作現場の実状ではないでしょうか。このような現況やニーズに応えた、「これからの」複数デバイスの考え方・ノウハウを理解していただくための必読の1冊です。
続きはコチラから・・・



これからのWebサイト設計の新しい教科書 CSSフレームワークでつくるマルチデバイス対応サイトの考え方と実装無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


これからのWebサイト設計の新しい教科書 CSSフレームワークでつくるマルチデバイス対応サイトの考え方と実装「公式」はコチラから



これからのWebサイト設計の新しい教科書 CSSフレームワークでつくるマルチデバイス対応サイトの考え方と実装


>>>これからのWebサイト設計の新しい教科書 CSSフレームワークでつくるマルチデバイス対応サイトの考え方と実装の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


これからのWebサイト設計の新しい教科書 CSSフレームワークでつくるマルチデバイス対応サイトの考え方と実装、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
これからのWebサイト設計の新しい教科書 CSSフレームワークでつくるマルチデバイス対応サイトの考え方と実装を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でこれからのWebサイト設計の新しい教科書 CSSフレームワークでつくるマルチデバイス対応サイトの考え方と実装を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でこれからのWebサイト設計の新しい教科書 CSSフレームワークでつくるマルチデバイス対応サイトの考え方と実装の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でこれからのWebサイト設計の新しい教科書 CSSフレームワークでつくるマルチデバイス対応サイトの考え方と実装が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、これからのWebサイト設計の新しい教科書 CSSフレームワークでつくるマルチデバイス対応サイトの考え方と実装以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


「小さな画面では読みにくいということはないのか?」と言う人もいるのは確かですが、そんな人もBookLive「これからのWebサイト設計の新しい教科書 CSSフレームワークでつくるマルチデバイス対応サイトの考え方と実装」を1冊買ってスマホで閲覧してみれば、その使いやすさに驚くでしょう。
10年以上前に何度も読んだ懐かしさを感じる漫画も、BookLive「これからのWebサイト設計の新しい教科書 CSSフレームワークでつくるマルチデバイス対応サイトの考え方と実装」という形で購入できます。一般の書店では取り扱っていない作品も数多くあるのが良いところだと言うわけです。
「連載物として売られている漫画を読みたいんだ」と言われる方には不要だと思われます。でも単行本出版まで待って買い求めると言われる方にとっては、先に無料漫画にて中身をチェックできるというのは、画期的なことだと言えます。
「比較検討しないで決めた」というような方は、無料電子書籍はどこも変わりがないという考えをお持ちなのかもしれませんが、サービスの具体的な内容は会社によってまちまちですから、比較検証するべきだと思います。
BookLive「これからのWebサイト設計の新しい教科書 CSSフレームワークでつくるマルチデバイス対応サイトの考え方と実装」の営業戦略として、試し読みができるという仕組みは文句なしのアイデアだと考えます。時間を忘れて物語の内容を読むことが可能なので、休憩時間を上手に利用して漫画を選択できます。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


コミック本というのは、読み終えた後に買取専門店などに持って行っても、買い取り金額は知れたものですし、読み返したくなったときに読めなくなります。無料コミックだったら、収納スペースが不要なので片付けに悩むことがなくなります。
趣味が漫画だということを秘匿しておきたいと言う方が、ここ最近増えていると聞きます。家の中には漫画は置いておくことができないというような方でも、漫画サイトを利用することで他の人に内緒で漫画が楽しめます。
サービスの内容は、会社によって違います。だからこそ、電子書籍を何処で購入するのかというのは、比較して考えるべきだと思っています。あっさりと決めるのは禁物です。
仕事に追われていてアニメを見る時間を確保することができないという社会人にとっては、無料アニメ動画が非常に便利です。テレビ番組みたいに、毎回同じ時間に視聴する必要がないわけですから、暇な時間を使って視聴できます。
「通勤時にも漫画を楽しみたい」などと言う人にオススメできるのが電子コミックだと断言します。漫画本を鞄に入れて運ぶこともなくなりますし、バッグの中身も軽量になります。




ページの先頭へ