デザインの授業 目で見て学ぶデザインの構成術ブックライブ無料試し読み&購入


【良いデザインは、なぜ良いのだろう。 古今東西、デザインの名作30点を詳細解説!】本書は『デザインの教室 手を動かして学ぶデザイントレーニング』の続編にあたります。前書ではデザインの「視覚的な表現としての論理」をどのように組み立てるかがテーマでしたが、基本的にそれは変わりません。前書がそれを「手を動かし」「線を引き」「オブジェクトを誌面に置く」ことで実現しているのに対し、本書では「目で見て」「論理を組み立て」「視覚的に理解する」ことで「良いデザインとは何か」を理解し、デザインの実践に活かすことをテーマとしています。良いデザインをするためには何が必要か、を問われると、個人のセンスや能力に帰結しがちですが、それ以外に必要なものとして“デザインを組み立てる論理”であると著者は考えます。その客観的な能力=引き出しを養う方法として、デザイン的に特徴のある名作を引用したうえで、その作品がどういった論理で構成されているのか、どういった特徴があり、なぜ良いのかを具体的に解説していきます。取り上げるテーマ(および作品)はおよそ30点。古典的な作品から、日本古来の美術作品を含め、デザインの名作と謳われる作品を取り上げながら、実践的なデザイン力をつけることをめざします。〈本書の内容〉第1章 創作するためのデザインの読み方第2章 レイアウトの構成術第3章 色彩の構成術第4章 タイポグラフィーの構成術
続きはコチラから・・・



デザインの授業 目で見て学ぶデザインの構成術無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


デザインの授業 目で見て学ぶデザインの構成術「公式」はコチラから



デザインの授業 目で見て学ぶデザインの構成術


>>>デザインの授業 目で見て学ぶデザインの構成術の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


デザインの授業 目で見て学ぶデザインの構成術、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
デザインの授業 目で見て学ぶデザインの構成術を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でデザインの授業 目で見て学ぶデザインの構成術を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でデザインの授業 目で見て学ぶデザインの構成術の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でデザインの授業 目で見て学ぶデザインの構成術が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、デザインの授業 目で見て学ぶデザインの構成術以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


漫画雑誌と言えば、「若者をターゲットにしたもの」というイメージを持っているかもしれないですね。けれども人気急上昇中のBookLive「デザインの授業 目で見て学ぶデザインの構成術」には、サラリーマン世代が「懐かしい」と言ってもらえるような作品も山のようにあります。
漫画本などの書籍を買う時には、ちょっとだけ内容を確認してから決める人が大半です。無料コミックなら、立ち読みするかのように内容を閲覧することが可能だというわけです。
多種多様の本をたくさん読みたい方にとって、何冊も購入するのはお財布に優しくないのではないでしょうか?けれど読み放題ならば、書籍購入代金を縮減することもできるというわけです。
書籍を買い求める際には、BookLive「デザインの授業 目で見て学ぶデザインの構成術」のアプリで少しだけ試し読みをするというのが良いでしょう。物語のテーマや登場する人物の全体的な雰囲気を、支払前に確認することができます。
ショップでは、置く場所の問題で売り場に並べられる数に制約がありますが、BookLive「デザインの授業 目で見て学ぶデザインの構成術」ならこの手の問題が発生しないため、ちょっと前に発売されたタイトルも販売することができるのです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


無料漫画と申しますのは、書店での立ち読みのようなものだと考えることができます。どんな本なのかをある程度確認してから買うことができるので、利用者も安心感が増します。
本を通販で買う時には、ほとんどタイトルと作者、さらっとした内容しか確かめられません。しかし電子コミックであれば、数ページ分を試し読みで確認できます。
本を買うつもりなら、電子コミック上で簡単に試し読みしるというのがセオリーです。物語のテーマや主要キャラクターの雰囲気などを、支払前に確認できて安心です。
空き時間を埋めるのにピッタリなサイトとして、注目されているのが漫画サイトだと聞いています。本屋さんなどで漫画を買わなくても、スマホでアクセスすることでスグに読めるという部分が素晴らしい点です。
スマホを使っているなら、電子コミックを手軽に閲覧することができます。ベッドでゴロゴロしながら、目を閉じて眠るまでのリラックスタイムに見るという人が少なくないそうです。




ページの先頭へ