絵ときデザイン史ブックライブ無料試し読み&購入


【デザイン史の重要な項目をイラストでわかりやすく解説!】デザイナーとして知っておいて損はないデザイン史の重要項目を、特徴あるイラストでわかりやすく解説しました。グラフィックからプロダクト、工業デザイン、美術、運動、音楽、サブカルチャーまで、知っておきたい重要項目をカバー。話題の1964年東京オリンピックのデザインも紹介しています。デザイン史の書物といえば重厚長大で難読、といった従来のイメージを打ち破る、これまでにない新しい感覚のデザイン史書籍です。歴史が苦手な人も、食わず嫌いの人も気軽に読める、画期的なデザイン史の本となっています。〈本書の内容〉デザイン史上、知っておきたい事柄を年代別にイラストで紹介■1800年代以前 ゴシック/ルネサンス/グーテンベルク/バロック/ロココ■1800~1950年代 アーツ・アンド・クラフツ運動/アール・ヌーヴォー/キュビズム/ロシア・アヴァンギャルド/バウハウス/モダニズム etc.■1950~2000年代 オーガニックデザイン/1964年東京オリンピック/エコデザイン/ポストモダニズム/ノーデザイン/ユニバーサルデザイン etc.■2000年代以降 UI/UXデザイン/ソーシャルデザイン/フラットデザイン/コミュニケーションデザイン/クリエイティブ・コモンズ etc.
続きはコチラから・・・



絵ときデザイン史無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


絵ときデザイン史「公式」はコチラから



絵ときデザイン史


>>>絵ときデザイン史の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


絵ときデザイン史、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
絵ときデザイン史を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で絵ときデザイン史を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で絵ときデザイン史の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で絵ときデザイン史が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、絵ときデザイン史以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


BookLive「絵ときデザイン史」は移動中にも使えるスマホやiPadで見ることができるわけです。1話だけ試し読みをして、その漫画を買うかどうかを判断する人が多数いるみたいです。
「漫画の所持数が多すぎて参っているので、買うのを辞めてしまう」とならずに済むのが、BookLive「絵ときデザイン史」を一押しする要因です。どれだけ買ってしまっても、収納スペースを考慮しなくてOKです。
マンガ雑誌などを購入する時には、数ページめくって中身をチェックしてから決断するという人の方が多いと思います。無料コミックなら、立ち読みするのと一緒で内容を見ることが可能だというわけです。
本屋には置いていないというような少し前に流行った作品も、電子書籍では扱われています。無料コミックのラインナップの中には、中高年世代が若かりし頃に楽しんだ漫画が含まれていることもあります。
「詳細を確認してからDLしたい」という考えを持つ利用者からすれば、無料漫画と申しますのは良い所だらけのサービスだと言って間違いないのです。販売者側からみても、新しい利用者獲得を望むことができます。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


漫画が何より好きなのを知られたくないと言う人が、今の時代増加しているらしいです。自宅には漫画を隠しておく場所がないというようなケースでも、漫画サイトを使えば誰にも知られず漫画を読み続けられます。
毎月たくさん本を読むという人からしますと、月額利用料を納めることで何冊であろうとも読み放題で楽しめるという仕組みは、まさしく画期的だと評価できるのではないでしょうか?
老眼が進行して、目の先30センチ前後のものがぼや~っとしか見えなくなってきたという読書が生きがいの高齢の方には、スマホ上で電子書籍を楽しめるというのは、物凄く意味のあることなのです。表示文字のサイズを読みやすく調整可能だからです。
電子コミックは移動中にも使えるスマホやノートブックで読むことが可能なわけです。さわりだけ試し読みしてから、その本を購入するかどうかをはっきり決める人も多くいるようです。
電子書籍ビジネスには色々な企業が参入しているので、とにかく比較してから「どの電子書籍を活用するのか?」を決めてほしいと思います。本の取扱量や料金、サービスの中身をチェックすることを推奨します。




ページの先頭へ