LowBEAT No.11ブックライブ無料試し読み&購入


今号の大特集は、ずばり「自動巻き大研究」です。現代における機械式腕時計の標準ともなっている自動巻き機構。しかし本当に普及したのは、この半世紀のことに過ぎません。1777年に生まれたとされる自動巻き機構が、どのような経緯を経ていまに至ったのか。その大まかな歴史を振り返っていくとともに、主要なメカニズムについて徹底解説しています。さらに時計メーカー各社では、どういった設計思想を背景に自動巻き機構を完成させていったのか。各社における自動巻き機構の展開と、いま購入するならば、どの機種が良いのかなどの購入ポイントも交えて紹介。計40Pの大ボリュームでお届けします。また、今回で3回目となるミリタリーウオッチ特集では、現存数が少なく、その希少性でも人気を博す「ドイツ軍用時計」をクローズアップ。そのほかにもアンティーク解体新書 File No.06「ヴァシュロン・コンスタンタン」やDr.川瀬のメンテナンス道「30mmキャリバー」などの連載企画も必見です。さらに今回から、新たに三つの連載コラムがスタート。『国産腕時計』増補版の執筆者で知られる本田義彦氏による「JAPAN WATCH 再考」。POWER Watchのコラム連載でもおなじみの菅野たけし氏による「ウオッチトレンドを考える。」、そして業界関係者が熱い視線を送る海外ショップ情報といった、愛好家も見逃し厳禁な充実した内容となっています。
続きはコチラから・・・



LowBEAT No.11無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


LowBEAT No.11「公式」はコチラから



LowBEAT No.11


>>>LowBEAT No.11の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


LowBEAT No.11、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
LowBEAT No.11を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でLowBEAT No.11を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でLowBEAT No.11の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でLowBEAT No.11が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、LowBEAT No.11以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


アニメワールドに熱中するのは、ストレスを発散するのに非常に役立ちます。深淵なメッセージ性を持った内容よりも、明るく朗らかな無料アニメ動画がおすすめです。
色んな本を乱読したいという読書大好き人間にとって、あれこれ購入するのはお財布への負担が大きいのではないでしょうか?しかし読み放題プランなら、本代を減らすことも不可能ではありません。
アニメオタクの方にとってみれば、無料アニメ動画と申しますのは革新的とも言うことができるコンテンツです。スマホを持ってさえいれば、好きな時間に楽しむことができます。
販売から年数がたった漫画など、町の本屋ではお取り寄せしなくては手元に届かない書籍も、BookLive「LowBEAT No.11」形態で様々並んでいるため、スマホ一つでオーダーして楽しめます。
サービスの詳細内容は、会社によって変わります。従って、電子書籍を何所で買うことにするのかに関しては、比較すべき内容だと思います。あっさりと選ぶのは危険です。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


アニメを見るのが趣味の方にしてみれば無料アニメ動画というのは革新的とも言うことができるコンテンツなのです。スマホを所持してさえいれば、いつでも見ることが可能です。
無料電子書籍を活用するようにすれば、労力をかけてお店まで出掛けて行って内容を見る面倒がなくなります。そうしたことをしなくても、電子書籍の「試し読み」で中身の把握を済ますことが可能だからです。
漫画本というのは、読み終わった後に古本屋に出しても、ほとんどお金にならないと言えますし、再読したいなと思ったときに大変です。スマホがあれば読める無料コミックなら、本棚が必要ないので片付けに困りません。
要らないものは捨てるという考え方が少しずつに理解してもらえるようになった今日この頃、本も例外でなく冊子形態で所持したくないために、漫画サイトを用いて読むようになった人が増え続けています。
電子コミックのサービス内容次第ですが、1巻丸々無料で試し読みができるというところも見られます。1巻を読んでみて、「面白いと感じたら、続巻をお金を払ってダウンロードしてください」という販促方法です。




ページの先頭へ