LowBEAT No.10ブックライブ無料試し読み&購入


今号は、発刊5周年を記念して32ページの増ページでお届けする特大号です。巻頭ではその記念企画として「毎日使えるアンティーク時計」をテーマに、読者や本誌に登場してくれた、あるいは連載コラムを担当するアンティーク愛好家。そして時計ジャーナリスト兼時計専門誌クロノス編集長の広田雅将氏ほか業界の専門家など、いつもロービートを支えてくれているみなさんが選んだムーヴメント25機を紹介。なぜ支持されるのか、その理由を購入ポイントなども交えながら解説します。まさにビギナーも必見です。また、本誌初企画となるスポーツ系ロレックスの記事「1500系キャリバー搭載 サブマリーナ」は、自動巻きムーヴメントの傑作といわれるCal.1530から始まる1500系のムーヴメントを搭載した1960年代のサブマリーナに焦点を当てた特集。1500系はなぜ傑作と言われるのか。そして、当時販売されていた3種類のサブマリーナについてもその違いや特徴、歴史的経緯などを詳細に解説します。前号から続くミリタリーウオッチの中特集、2回目はいまでも使える軍用時計として最も有名な「イギリス軍用時計」をクローズアップ。そのほかにもアンティーク解体新書 File No.05「モバード」やDr.川瀬のメンテナンス道「ブレスレット」などの連載企画も必見です。
続きはコチラから・・・



LowBEAT No.10無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


LowBEAT No.10「公式」はコチラから



LowBEAT No.10


>>>LowBEAT No.10の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


LowBEAT No.10、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
LowBEAT No.10を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でLowBEAT No.10を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でLowBEAT No.10の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でLowBEAT No.10が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、LowBEAT No.10以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


BookLive「LowBEAT No.10」を積極的に使えば、部屋の隅っこに本棚を用意する必要はゼロになります。加えて、新刊を買うために本屋さんに出かけることも不要になります。このような利点のために、利用する人が増加しつつあるのです。
コミックサイトも数多くあるので、比較検討して使いやすそうなものをチョイスすることが重要です。その為にも、とにかくそれぞれのサイトの特徴を頭に入れることから始めましょう。
コミックサイトの一番のウリは、置いている漫画の種類が本屋とは比較できないくらい多いということだと言えます。売れ残る心配がいらないので、たくさんの商品を取り扱うことができるのです。
スマホで閲覧する電子書籍は、普通の本とは違い文字サイズを調節することが可能なため、老眼が進んでしまったアラフォー世代以降の方でも読むことができるというメリットがあります。
本を買う際には、BookLive「LowBEAT No.10」のサイトでちょっとだけ試し読みするべきです。大まかなあらすじや主要登場人物の雰囲気などを、購入するより先に確認できて安心です。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


電車を利用している間も漫画に没頭したいと願っている方にとって、漫画サイトぐらい重宝するものはないと言えます。スマホを1台持ち歩くだけで、いつでも漫画に夢中になれます。
電子無料書籍を有効活用すれば、時間を使って本屋まで出向いて立ち読みをする必要性がなくなります。そうしたことをしなくても、電子書籍の「試し読み」で中身のチェックが可能だからなのです。
“無料コミック”を活用すれば、購入を迷っている漫画の数ページ~1巻を試し読みすることが可能になっています。手にする前に話の中身を一定程度確かめられるので、とても有益なサービスだと言えます。
コミックなどの書籍代金は、1冊ずつの代金で見ればそこまで高額ではありませんが、何十冊も買えば月単位の合計金額はかなり膨らむことになります。読み放題なら月額の利用料金が定額なので、出費を抑えられます。
放映されているものをオンタイムで追っかけるというのは面倒ですが、無料アニメ動画として配信中のものなら、あなた自身の空いている時間を活用して視聴することができるのです。




ページの先頭へ