LowBEAT No.9ブックライブ無料試し読み&購入


今号の特集は大きく二つ。ひとつは巻頭特集、実用を追求した無駄のない質実剛健な意匠で多くの時計ファンを魅了する軍用時計をテーマにした「質実アンティーク。ミリタリーウオッチの魅力」です。2度の大戦において腕時計は、作戦を遂行するための重要な装備品のひとつとして扱われてきました。そのため、当時の最新技術をもって開発がなされ、性能・機能と飛躍的な進化を遂げています。第1回目の今回はそんな軍用時計の歴史をフィーチャー、とりわけ大きな進化が起こった1940年代以降を中心に総括しました。続いて二つ目は今号のメイン特集「クロノメーターを考える」です。今日において最も代表的な精度規格として知られるクロノメーターですが、その呼称の起源は1700年代まで溯ります。実は当時“クロノメーター?は、“高精度の時計?を指す言葉だったのです。この言葉がどういった経緯で今日の意味を持つに至ったのか、膨大な資料をもとにその歴史を時系列にまとめました。また、かつてクロノメーターの認定を行っていたのはヨーロッパ各地の天文台です。各天文台では、同時に相対的な評価方法として精度コンクールを実施していました。天文台コンクールは自社の技術力を証明する場でもあったのです。そこで今回、特集内では「オメガ天文台クロノメーター キャリバー30GD大解剖」と題して、スイス本国のオメガ・ミュージアムの協力のもとに、天文台コンクール用に特別調整を施した希少モデルを、なんとこの企画のために分解し、通常モデルとの違いを検証しました。ほかでは見ることができない必見の内容です。上記以外にも中特集のアンティーク 解体新書「アンジェラス クロノグラフのすべて」やDr・川瀬のメンテナンス道などの連載企画も見どころ満載です。
続きはコチラから・・・



LowBEAT No.9無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


LowBEAT No.9「公式」はコチラから



LowBEAT No.9


>>>LowBEAT No.9の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


LowBEAT No.9、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
LowBEAT No.9を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でLowBEAT No.9を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でLowBEAT No.9の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でLowBEAT No.9が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、LowBEAT No.9以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


「買った漫画がありすぎて置き場所が確保できないから、買うのを諦める」とならないのがBookLive「LowBEAT No.9」のメリットです。どんなに数多く買っても、保管場所を考えずに済みます。
昔のコミックなど、お店では発注してもらわないと購入できない書籍も、BookLive「LowBEAT No.9」という形態でたくさん取り扱われているので、どこにいても入手して閲覧できます。
話題の無料アニメ動画は、スマホでも見られます。昔に比べて年齢層の高いアニメオタクも増加していることから、今後より以上に規模が拡大されていくサービスだと言えるでしょう。
コミックサイトもいっぱい運営されていますので、比較検討して自分の考えに合うものを選ぶことが重要です。なので、まず第一にそれぞれのサイトの良い所を認識するようにしましょう。
BookLive「LowBEAT No.9」が40代以降の人たちに支持されているのは、若かったころに反復して読んだ漫画を、もう一度容易にエンジョイできるからということに尽きるでしょう。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


欲しい漫画は諸々あるけれど、手に入れても収納場所を確保できないという人は大勢います。だから片づける場所のことは考慮不要とも言える漫画サイトの人気が増大してきているとのことです。
電子コミックを読みたいなら、スマホをオススメします。デスクトップパソコンは持ち運べないし、タブレットもバスや電車などの混雑した中での閲覧には、大きすぎて使いづらいと考えることができます。
最初に試し読みをして自分が好きな漫画なのかを把握した上で、納得して購入できるというのが、Web漫画として人気のサイトの長所と言えます。先に内容を知ることが出来るので失敗の可能性が低くなります。
コミックサイトの最大のメリットは、扱っている本の数が本屋よりはるかに多いということだと思われます。売れ残る心配がないということで、膨大なタイトルを揃えられるのです。
電子書籍の関心度は、これまで以上に高まりを見せていると言ってもいいでしょう。そんな中で、利用者が確実に増えているのが読み放題というサービスになります。料金の支払いを心配することが不要だというのが大きなポイントです。




ページの先頭へ