LowBEAT No.8ブックライブ無料試し読み&購入


今号は三つの特集をお届けします。メイン特集はロレックスの「オイスター・パーペチュアル」。360度回転式ローター(扇形の錘)によってゼンマイを自動で巻き上げる世界初の腕時計として1931年に誕生した傑作機です。別名を「バブルバック」と呼びます。回転式ローターを納めるために、裏ブタが泡のように膨らんでいるため、そのフォルムから付けられました。近年はアンティーク市場での流通量もとても少ないうえ、市場価格も30万円台から100万円オーバーまでと幅広く、しかも専門の解説書も刊行されておらず、資料も乏しいため手を出しにくい存在となってしまいました。今回は、初心者でもわかるように、歴史、ムーヴメント(機械)、デザイン、そして購入指南と大きく四つを柱に構成。序章からデザインまでの3テーマでは、これまでの情報を整理しつつ、あらためて見直し全体像を検証してみました。四つ目の購入指南では、文字盤のリダンなど購入する際の注意点を初心者向けに解説しています。特集2では、今号と次号の2回に分けてお届けするダイバーズウオッチの特集です。水に潜れる本格的なダイバーズウオッチが登場してからおよそ60年。当時は防水性能を高めるためにかなりの技術を要しました。そのため開発にまつわる様々な逸話もダイバーズウオッチの魅力となっています。そこで今号はまず歴史編として、現代に至るまでに一体どのような歴史を積み重ねてきたのか、その歴史をひも解きます。特集3は、国産時計のパイオニアであるセイコー。機械式時計の分野において後発であった国産メーカーがスイス腕時計を凌駕する実力を発揮しはじめたのは1960年代に入ってからのことです。今回は、この時期に展開され、グランドセイコーとともに大きな人気を博したキングセイコーの魅力を探ります。
続きはコチラから・・・



LowBEAT No.8無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


LowBEAT No.8「公式」はコチラから



LowBEAT No.8


>>>LowBEAT No.8の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


LowBEAT No.8、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
LowBEAT No.8を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でLowBEAT No.8を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でLowBEAT No.8の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でLowBEAT No.8が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、LowBEAT No.8以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


移動中だからこそ漫画に没頭したいと願う人にとって、BookLive「LowBEAT No.8」ぐらい嬉しいものはないと言えます。スマホ一台を所持するだけで、楽々漫画に夢中になれます。
書店では見つけられないであろう少し前の作品も、電子書籍では揃っています。無料コミックのラインナップの中には、40代以上の世代が幼い頃に満喫した漫画も結構含まれているのです。
コミックサイトも数多くあるので、比較して利便性の高そうなものを選定することが必須です。なので、いの一番にそれぞれのサイトの長所を押さえることが大事です。
CDを視聴してから買い求めるように、コミックも試し読みして納得してから購入するのが普通になってきたという印象です。無料コミックを有効活用して、読みたかったコミックを調査してみてはどうですか?
電子書籍を購入するというのは、ネットを媒介に文字とか絵などの情報を手に入れることだと言えます。サイトが運営中止されてしまうと利用できなくなるはずですので、絶対に比較してから心配する必要のないサイトを選択したいものです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


「外でも漫画を満喫したい」などと言う人に最適なのが電子コミックだと断言します。単行本を携帯するということからも解放されますし、バッグの中身も軽くなります。
雑誌や漫画を含めた書籍を購入しようと思ったときには、ページをめくってチェックした上で決断する人の方が圧倒的多数です。無料コミックなら、立ち読みと同じ感覚で中身を確認することが可能だというわけです。
「全てのタイトルが読み放題であったら、こんなに良い事はない!」という利用者の要望を反映する形で、「月額料を納めれば毎回の支払いは不要」という形の電子書籍が生まれたわけです。
コミックサイトの最大の長所は、取扱い冊数がとてつもなく多いということだと言えます。売れ残る心配がいらないので、多岐に亘るタイトルを取り扱えるのです。
数年前の漫画など、ショップでは発注してもらわないと入手できない作品も、電子コミック形態で多数取り扱われているので、スマホ一つでDLして閲覧できます。




ページの先頭へ