LowBEAT No.7ブックライブ無料試し読み&購入


本誌第5号から3回シリーズでお届けしてきた「クロノグラフ大全」もいよいよ最終章です。クロノグラフの歴史に触れた第1章「歴史的機構をひも解く」、基本的な制御と作動の仕組みについて紹介した第2章「メカニズム編」、そして今回はそのメカニズム編「後編」として付加機構をクローズアップ。瞬時に計測をリ・スタートできるフライバック機構、クロノグラフの実用性を大きく広げた12時間積算計、そして二つのタイムを同時に計測できるスプリットセコンド機構とクロノグラフとしての計測機能をさらに高めた三つの機構について詳しく解説します。また、今号のもうひとつの目玉記事は、1930年代にカーベックスと呼ばれる手首の腕曲線にあわせてカーブした角型ケースを発表し話題を読んだアメリカンウオッチ「グリュエン」の特集です。詳細が明らかにされないまま消失してしまった数奇な運命をたどったブランドとしても知られています。今回、コレクターの方たちの協力のもとにあらためてその歴史にスポットライトを当てることができました。そして、前号からはじまった連載企画「アンティーク解体新書 No.002」はチュードルのクロノグラフに焦点を当てて紹介。また、今号の変わりダネ企画「ランゲ懐中時計四つの記銘」にも注目です。アンティークの世界ではあまりなじみのない19~20世紀前半のアドルフ・ランゲの懐中時計について、その見分けるポイントなどについて詳しく解説。なかなか興味深い内容になっています。「Dr 川瀬のメンテナンス道」の今号のお題は「歩度証明」です。
続きはコチラから・・・



LowBEAT No.7無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


LowBEAT No.7「公式」はコチラから



LowBEAT No.7


>>>LowBEAT No.7の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


LowBEAT No.7、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
LowBEAT No.7を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でLowBEAT No.7を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でLowBEAT No.7の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でLowBEAT No.7が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、LowBEAT No.7以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


BookLive「LowBEAT No.7」がアラフォー世代に人気があるのは、幼少期に繰り返し読んだ作品を、改めて自由に見ることができるからなのです。
「買った漫画がありすぎて困っているから、購入するのを諦める」ということがありえないのが、BookLive「LowBEAT No.7」の特長の1つです。次々に買い入れても、収納場所を心配しなくてよいのです。
長く続く漫画は何冊もまとめて買うことになるので、あらかじめ無料漫画で立ち読みするという人が目立ちます。やはりその場で装丁買いするというのはかなり難儀だということです。
「小さなスマホの画面では楽しめないのでは?」と疑念を感じる人がいることも把握していますが、本当にBookLive「LowBEAT No.7」を入手しスマホで読めば、その素晴らしさに驚かされる人が多いです。
読んでみたい漫画は様々あるけれど、手に入れたとしても狭くて収納できないという人もいるようです。だから置き場所を考慮しなくて良いBookLive「LowBEAT No.7」利用者数が増えてきていると聞いています。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


バッグの類を持ちたくない男の人には、スマホで無料電子書籍が読めるというのは画期的です。分かりやすく言うと、ポケットにインして本を携帯できるわけです。
「アニメに関しましては、テレビで見ることができるものしか見ていない」というのは一昔前の話だと言わざるを得ません。そのわけは、無料アニメ動画などをネット上で視聴するというパターンが増えてきているからです。
「どの業者で本を購入するのか?」というのは、意外と大事な事です。販売価格やサービスなどが違うのですから、電子書籍は比較しないといけないと断言できます。
月額利用料が一定のサイト、登録の要らないサイト、1巻ごとに買うサイト、無料にて読むことができる作品が多数揃っているサイトなど、コミックサイトもあれこれと異なるところがあるため、比較した方が賢明です。
次から次に新たなタイトルが追加されるので、どれだけ読もうとも読むものが無くなるという状況にはならないというのがコミックサイトのセールスポイントです。本屋では扱わなくなってしまった昔懐かしい作品も買い求めることができます。




ページの先頭へ