LowBEAT No.6ブックライブ無料試し読み&購入


今号のメイン特集は5号に引き続き「クロノグラフ大全」の第2章です。第1章はそもそもクロノグラフウオッチとはどのようなものなのかをテーマに、歴史を軸に全体を俯瞰(ふかん)した内容でお届けしましたが、第2章ではクロノグラフ機構のメカニズムに焦点を置き、制御・伝達の仕組みや、メーカーによる違いなど図版を交えながらわかりやすく解説しています。なかでも、かつてロレックスのデイトナにも採用され、手巻きクロノグラフムーヴメントの名機として知られるバルジュー社のCal.72を実際に分解し、その仕組みを紹介するページはアンティークファンならずとも必見です。また、今回で3回目を迎える「自分だけの逸品を見つける旅」は、ドイツの東の端に位置する古都「ドレスデン」とドイツ時計産業の聖地でありチェコとの国境沿いにある山あいの町「グラスヒュッテ」を取材しました。第2次世界大戦に敗戦したため旧東ドイツとなったドレスデンとグラスヒュッテ。戦前、戦中はもちろん戦後の国営企業時代の時計など現地のショップで見つけた珍しいアンティークなどを紹介します。他にも、マニュファクチュールブランド アーカイブに代わる新連載企画「アンティーク解体新書 No.001」では、チュードルのサブマリーナを特集。12ページのボリュームに、歴代モデルの変遷を時系列に紹介するなど、資料的価値の高い内容は必見です。そして、今号の「Dr 川瀬のメンテナンス道」は「尾錠・革ベルト」がテーマです。
続きはコチラから・・・



LowBEAT No.6無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


LowBEAT No.6「公式」はコチラから



LowBEAT No.6


>>>LowBEAT No.6の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


LowBEAT No.6、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
LowBEAT No.6を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でLowBEAT No.6を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でLowBEAT No.6の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でLowBEAT No.6が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、LowBEAT No.6以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


多くの書店では、棚の面積の関係で置くことができる本の数が制限されてしまいますが、BookLive「LowBEAT No.6」のような仮想書店ではそういう制約がないため、マイナーなコミックも扱えるのです。
買う前に試し読みをして自分に合う漫画なのかを確かめた上で、心配などすることなく買えるのがネット上で買える漫画の良い点と言っても過言ではありません。支払いをする前にストーリーを知ることができるので失敗することがほとんどないと言えます。
ミニマリストというスタンスが大勢の人に広まってきたと言える今現在、本も書物として持たずに、BookLive「LowBEAT No.6」を経由して愛読する人が増加しています。
「スマホの小さな画面では読みにくくないのか?」と心配する人がいるのも分かっていますが、そんな人もBookLive「LowBEAT No.6」を購入しスマホで読めば、その快適性に驚く人が多いのです。
漫画が趣味な人にとって、コレクションしておくための単行本は大事だということは承知しているつもりですが、気軽に楽しみたいという人の場合は、スマホ1台あればよいBookLive「LowBEAT No.6」の方が便利です。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


「小さな画面では読みにくいということはないのか?」と懸念する人もいるのは確かですが、現実的に電子コミックを買ってスマホで読むということをすれば、その手軽さに驚愕するはずです。
CDをお試し視聴してから購入するように、漫画だって試し読みした後に買い求めるのが普通になってきたと言えます。無料コミックを有効活用して、読みたいと思っていた漫画を見つけ出してみて下さい。
漫画が趣味であることを隠しておきたいという人が、このところ増えていると言われています。室内には漫画を放置したくないような方でも、漫画サイトを使えば誰にもバレずに漫画がエンジョイできます。
1ヶ月分の料金を払ってしまえば、諸々の書籍をどれだけでも読めるという読み放題プランが電子書籍で大人気です。毎回購入せずに済むのが一番の利点です。
ここのところ、電子書籍業界では今までとは違う「読み放題」というサービスが提供され注目を集めています。1冊毎にいくらというのではなく、毎月いくらという課金方式になっているわけです。




ページの先頭へ