LowBEAT No.5ブックライブ無料試し読み&購入


今号のメイン特集は「クロノグラフ大全」です。クロノグラフとはストップウオッチを装備した腕時計のこと。アンティークウオッチファンの間でもダントツの人気を誇ります。しかしながら、これまで1960年代以前のクロノグラフの全体像をしっかりとまとめた記事や本は、和書ではおそらく存在しておりません。それほど大きなテーマだけに、本誌では今号から第7号まで3号続けてクロノグラ大全をお届けします。今回はその第1章として「クロノグラフとは?」をテーマに歴史に軸をおいた構成です。クロノグラフの歴史と実用機構の進化の系譜をたどった年表や様々な時計の表情をつくる計測スケールの紹介。そして傑作として知られる15機種の手巻きクロノグラフムーヴメントの解説など貴重な資料となり得る充実した内容です。ほかにも最近、その値ごろ感から注目が高まっているロレックスの自動巻き傑作ムーヴメント、1000系、1500系を搭載するデイトジャストを中心としたスタンダードモデルを特集した「ヴィンテージロレをガンガン楽しもう」、ジャガー・ルクルトの「フルカレンダー付きモデル」をクローズアップした連載企画マニファクチュールブランド アーカイブ第5回。そして今号から4ページにパワーアップした川瀬友和氏の連載企画「メンテナンス道」のテーマ「ゼンマイ」など必見企画が目白押しです。
続きはコチラから・・・



LowBEAT No.5無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


LowBEAT No.5「公式」はコチラから



LowBEAT No.5


>>>LowBEAT No.5の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


LowBEAT No.5、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
LowBEAT No.5を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でLowBEAT No.5を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でLowBEAT No.5の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でLowBEAT No.5が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、LowBEAT No.5以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


本代というのは、1冊単位での価格で見れば高くはないかもしれませんが、いっぱい購入すれば、毎月の料金は高くなってしまいます。読み放題なら料金が固定なので、支出を抑えることができます。
常日頃から山のように本を読むとおっしゃる方にとりましては、一定の月額費用を納めることによって何冊だって読み放題という形で閲覧できるという料金システムは、それこそ革命的だと言えそうです。
お金にならない無料漫画を敢えて読めるようにすることで、訪問者を増やし売り上げ増加に繋げるのが販売会社サイドの目論みですが、同時にユーザーも試し読みができるので失敗がなくなります。
定期的に新タイトルが追加されるので、何十冊読んでも全て読み終わってしまう心配などいらないというのがコミックサイトの強みです。本屋では扱われない珍しい作品も買い求めることができます。
電子書籍ビジネスには多数の業者が参入していますから、とにかく比較してから「どの電子書籍を活用するのか?」を決めていただきたいと思います。多くの書籍を扱っているかとか料金、サービスの中身を確認すると良いと思います。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


コミックサイトの一番の利点は、品揃えが本屋よりはるかに多いということだと思います。売れずに返本扱いになる心配がないので、幅広いニーズを満たすだけのタイトルを取り扱えるのです。
様々なジャンルの本をたくさん読むという人からすれば、あれこれ買い求めるのはお財布への負担が大きいと言って間違いないでしょう。だけれど読み放題を利用するようにすれば、書籍に要する料金を減らすことができるのです。
昔のコミックなど、書店では発注しなければ購入できない書籍も、電子コミック形態でいろいろ陳列されているので、どんな場所にいてもダウンロードして読みふけることができます。
アニメにハマるというのは、ストレス解消に何より役に立ってくれるでしょう。複雑な物語よりも、簡単で分かりやすい無料アニメ動画などが良いでしょう。
漫画などの本を購入するという時には、何ページかをチェックした上で決める人が大半です。無料コミックなら、立ち読みのように中身を確認することが可能です。




ページの先頭へ