LowBEAT No.4ブックライブ無料試し読み&購入


見所は41ページの大特集「オールドインターにぞっこん」です。オールドインターとは1930年代から70年代頃までのインターナショナル・ウォッチ・カンパニー(現IWC)のことで、実用性を重視した作りから、日常的にいまなお使えるアンティークとして愛好家の間では一目置かれる存在です。特集前半ではそんなオールドインターの人気の理由のひとつでもあるムーヴメントについて当時のキーマンであった、エルンスト・ヤコブ・ホムバーガーとアルバート・ペラトンの二人の開発者に焦点を当てながら、数多くの名ムーヴメントとともにその魅力を検証していきます。そして特集後半ではオールドインターの代表モデル、マークシリーズ、インヂュニア、アクアタイマー、ヨットクラブの4機種をクローズアップ。それぞれ歴代モデルの系譜や違いなど資料としても役立つ内容です。また、本誌第2号で特集したTHE SAME HEARTS「ルクルトベースの名機たち」に続く第2弾としてお届けする「バルジュー23、成功の理由」は、ロレックスやパテック フィリップといった名門メーカーからも採用されたクロノグラフムーヴメントの名機に焦点を当てました。好評連載企画のマニファクチュールブランド アーカイブ第4回は、かつて高級クロノグラフの名門ブランドとして知られた「ユニバーサル」の特集です。そして、前号からスタートした「Dr 川瀬のメンテナンス道」、今号のお題「風防」も見逃せません。
続きはコチラから・・・



LowBEAT No.4無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


LowBEAT No.4「公式」はコチラから



LowBEAT No.4


>>>LowBEAT No.4の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


LowBEAT No.4、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
LowBEAT No.4を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でLowBEAT No.4を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でLowBEAT No.4の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でLowBEAT No.4が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、LowBEAT No.4以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


買ってしまう前にざっくり内容をチェックすることが可能だったら、購入してから悔やまなくて済みます。普通の本屋さんで立ち読みをする時と同じように、BookLive「LowBEAT No.4」でも試し読みを行なえば、中身を知ることができます。
コミックサイトも多々ありますから、比較して自分にぴったりなものを見極めることが大切になります。そんなわけですから、先ずは各サイトの特性を知ることが求められます。
「連載ものになっている漫画が読みたい」という人には無用の長物かもしれません。ただし単行本が発売になってから入手するという利用者にとっては、単行本を購入する前に無料漫画で中身をチェックできるというのは、何より嬉しいことなのです。
漫画を買い揃えていくと、やがて収納できなくなるという問題が発生することになります。しかし実体を持たないBookLive「LowBEAT No.4」なら、収納スペースに悩むことがあり得ないので、収納などを考えることなく楽しむことができるというわけです。
単行本は、本屋で軽く読んで購入するか否かの意思決定をする人ばかりです。しかしながら、昨今はまずはBookLive「LowBEAT No.4」で1巻だけ読んで、その書籍をDLするか判断する方が増えているようです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


一纏めに無料コミックと申しましても、購入できるカテゴリーは広範囲に及びます。少年・少女漫画からアダルト系まで揃っているので、あなた好みの漫画を絶対見つけ出すことができるでしょう。
CDをお試し視聴してから購入するように、コミックも試し読みしてから買い求めるのが一般的になってきたように思います。無料コミックを利用して、気になっていた漫画を調べてみて下さい。
本を買う代金は、1冊単位での価格で見れば安いですが、何冊も購入すれば毎月の利用料金は大きくなります。読み放題だったら利用料が定額のため、出費を抑制することができます。
電子コミックが中高年の方たちに受け入れられているのは、若かりし日に反復して読んだ漫画を、もう一回容易に味わえるからなのです。
書籍をたくさん読みたいという読書家にとって、何冊も購入するのは家計にもダメージを与えてしまうと言えます。ところが読み放題だったら、書籍購入代金を格安に抑えることができるのです。




ページの先頭へ