LowBEAT No.3ブックライブ無料試し読み&購入


メイン特集は36ページもの大型企画「オメガ再考」です。時計ジャーナリスト、広田雅将氏の寄稿にはじまり、Part1ではオメガの傑作ムーヴメントをクローズアップ。手巻きの30ミリキャリバーにはじまり、自動巻き、そしてクロノグラフムーヴメントと歴代ムーヴメントの変還をたどりながらその魅力に迫ります。後半のPart2では、マニア垂涎のマスター3兄弟(シーマスター、レイルマスター、スピードマスター)が登場に至った歴史的背景と関係性、歴代モデルの変遷、そしてそれぞれの違いについて解説しています。そしてこの3兄弟が飾った今号の表紙も目玉のひとつです。この3本のファーストモデルが揃った写真はおそらく初!その意味でも貴重な一冊です。続いて中特集では、前号に引き続き「自分だけの逸品を見つける旅」第2回としてスイス・ジュネーブのアンティークショップを取材。毎号連載のマニュファクチュールブランド・アーカイブは「オールドロンジン」のムーヴメントを取り上げました。また、今号から「Dr 川瀬のメンテナンス道」が連載スタート。アンティークウオッチの販売だけでなくメンテナンスや修理にも長年携わってきたケアーズの川瀬友和氏が、アンティークウオッチのリペアで培ったメンテナンスやパーツのことについて初心者にもわかりやすく解説。アンティークウオッチ・ユーザーは必見です。
続きはコチラから・・・



LowBEAT No.3無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


LowBEAT No.3「公式」はコチラから



LowBEAT No.3


>>>LowBEAT No.3の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


LowBEAT No.3、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
LowBEAT No.3を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でLowBEAT No.3を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でLowBEAT No.3の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でLowBEAT No.3が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、LowBEAT No.3以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


1台のスマホで、いつでも漫画を満喫することができるのが、コミックサイトのセールスポイントです。買うのは単冊ごとというスタイルのサイトや1カ月毎の固定料金制のサイトなどに分類できます。
電子書籍も一般の本と同じで情報が商品となりますので、イマイチでも返品することはできません。そんなわけで、自分の好みに合うかを確認するためにも、無料漫画を読む方が良いのは間違いありません。
スマホやノートブックの中に読みたい漫画を全部保存しちゃえば、本棚に空きがあるかどうかを心配することがなくなります。一回無料コミックから試してみることを推奨します。
コミックというのは、読んでしまった後にブックオフといった古本買取専門店に買ってもらおうとしても、金額は殆ど期待できませんし、もう一度読み返したいと思ったときに大変です。無料コミックなら、収納スペースが必要ないので片付けに困らないわけです。
物語の世界に熱中するというのは、ストレス解消に非常に役に立ってくれます。複雑怪奇なテーマよりも、単純で分かりやすい無料アニメ動画などがおすすめと言えます。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


スマホを使用して電子書籍をダウンロードすれば、会社への移動中や休憩中など、いつでもどこでも楽しめるのです。立ち読みもできちゃうので、店頭まで足を運ぶ必要がないのです。
鞄を持ち歩くことを嫌う男の人には、スマホで無料電子書籍が堪能できるというのは非常に重宝します。荷物の量は変わらないのに、ポケットに入れて書籍を持ち歩けるというわけなのです。
スマホで読むことが可能な電子コミックは、どこかに行くときの荷物を軽くするのに役立つと言っていいでしょう。カバンの中などに重たい本を入れて持ち運ぶようなことをせずとも、好きな時にコミックを読むことができるというわけです。
「電子書籍は好きじゃない」と言われる愛読家の方も多々ありますが、1回でもスマホで電子書籍を閲覧すれば、その気軽さや支払いの簡単さから愛用者になる人が大半だそうです。
移動中の時間を利用して漫画に没頭したいという方にとっては、漫画サイトほど役立つものはないと言えます。スマホというモバイルツールを所持していれば、いつだって漫画を満喫できます。




ページの先頭へ