LowBEAT No.2ブックライブ無料試し読み&購入


今号の表紙を飾る時計は、インターナショナル・ウオッチ・カンパニーのMark IX(マーク9)。現物はほとんど目にすることは不可能といわれるほど、とても珍しい幻の逸品です。そして今号の大特集は「自分だけの逸品を見つける旅」。海外のアンティークショップ取材を通して、その土地ならではのアンティークウオッチ事情を紹介しようというものです。第1回目の今回はフランス・パリを取材。パリ近郊にあるアンティークショップ6軒に加えて記事冒頭ではパリ在住で、レストランのシェフ兼オーナーでありながらも、なぜかアンティークウオッチの修理、販売も行うという何ともユニークな日本人、KENJIさんをクローズアップしました。また、この号ではアンティークウオッチビギナー向け企画として「アンダー30万円アンティークのすすめ」を特集。30万円以下の予算で、はたしてどのようなモデルが買えて、おすすめアンティークにはどのようなモノがあるのかなどを紹介しています。一方、ムーヴメントもすべて自社で製造する屈指のマニュファクチュールとして知られたジャガー・ルクルトが、他社に提供していたムーヴメント(エボーシュ)とそれを採用したブランドに焦点を置いたTHE SAME HEARTS「“ルクルト”ベースの名機たち」も時計好きの方には必見の企画です。連載企画マニュファクチュール・アーカイブ 第2回は、インターナショナル・ウオッチ・カンパニーが誇るぺラトン式自動巻き機構搭載ムーヴメントである、キャリバー85系ムーヴメントをフィーチャーしました。
続きはコチラから・・・



LowBEAT No.2無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


LowBEAT No.2「公式」はコチラから



LowBEAT No.2


>>>LowBEAT No.2の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


LowBEAT No.2、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
LowBEAT No.2を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でLowBEAT No.2を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でLowBEAT No.2の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でLowBEAT No.2が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、LowBEAT No.2以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


電子無料書籍をうまく活用すれば、時間を使ってショップまで出掛けて内容をチェックすることは全く不要になります。そういったことをせずとも、「試し読み」すれば内容のチェックが可能だからというのが理由です。
その日を大切にしたいという気持ちがあるなら、空き時間を合理的に活用することが必要です。アニメ動画を見るくらいは移動の最中でも可能ですから、これらの時間をうまく利用するようにしたいですね。
購入の前に試し読みをして漫画のストーリーを理解した上で、不安を抱えることなく購入することができるのが、ウェブ漫画と呼ばれるサイトの利点です。支払いをする前にあらすじが分かるので失敗などしません。
各種サービスを凌いで、これほどまで無料電子書籍というものが普及している要因としては、地元の本屋が姿を消してしまったということが挙げられます。
要らないものは捨てるという考え方が少しずつに認知されるようになった今の時代、漫画も単行本という形で持つことなく、BookLive「LowBEAT No.2」越しに楽しむ人が増加しています。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


電子書籍も小説や漫画と同様に情報そのものが商品なので、イマイチでも返金請求はできません。よって楽しそうかを確認するためにも、無料漫画を閲覧することを推奨します。
始めに試し読みをしてマンガのあらすじをチェックした上で、心配などすることなく購入し読めるのがネットで読める漫画の長所です。先に話がわかるので間違いがありません。
購入する前に内容を知ることができるのであれば、読んでから失敗したと思うような事が少なくなります。店頭での立ち読み同等に、電子コミックにおきましても試し読みが可能なので、どんな内容なのか確かめられます。
お店では、スペースの関係で扱える漫画の数に限度がありますが、電子コミックにおいてはこんな類の制限が発生せず、アングラなコミックもあり、人気を博しているのです。
隙間時間を埋めるのに最適なサイトとして、流行しつつあるのがご存じの漫画サイトです。お店に出かけて漫画を購入せずとも、スマホでサイトに行けば読めてしまうという部分が特色です。




ページの先頭へ