LowBEAT No.1ブックライブ無料試し読み&購入


機械式腕時計の黄金期ともいわれている1960年代以前の名機に焦点を当て、その魅力を多角的に紹介する業界唯一のアンティークウオッチ専門誌です。その記念すべき第1号のメイン特集は、雑誌のタイトルにもなっている「ロービート」に焦点を当てた「ロービートはやっぱりいいね」。このロービートとは当時の腕時計に搭載されていたムーヴメント(駆動させる機械)の振動数に対して使われている言葉であり、アンティークウオッチの良さはまさに「ロービート」にあると言われるほど、愛好家の間では広く使われるキーワードのひとつです。そこで本特集では、なぜロービートがいいのかを三つの章に分けて紹介しています。第1章では「なぜ、ロービートがいいのか?」を日本のアンティークウオッチ業界を牽引する二人の重鎮、銀座シェルマン代表の磯貝吉秀氏とケアーズ代表の川瀬友和氏にプロの視点からその魅力について語ってもらいました。続く第2章では、そのメカニズムに触れ、そして第3章では、ロービートムーヴメントの最高峰と言われる名機を例に、その素晴らしさを別の角度から紹介しています。この特集以外にも当時主流だった二つのインダイアルを備えたクロノグラフをクローズアップした「2レジスタークロノの世界」や5人の愛好家の自慢の逸品を紹介する「愛好家自慢の逸品時計図鑑」。角型ムーヴメントを搭載した「魅惑のレクタングル」など、アンティークウオッチの素晴らしさを十分堪能できる、見て、そして読んで楽しい一冊です。
続きはコチラから・・・



LowBEAT No.1無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


LowBEAT No.1「公式」はコチラから



LowBEAT No.1


>>>LowBEAT No.1の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


LowBEAT No.1、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
LowBEAT No.1を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でLowBEAT No.1を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でLowBEAT No.1の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でLowBEAT No.1が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、LowBEAT No.1以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


「電子書籍に抵抗感を持っている」という愛読家の方も多々ありますが、一度でもスマホを利用して電子書籍を閲覧してみれば、持ち運びの便利さや支払いの簡単さから繰り返し購入する人が多いようです。
一概に無料コミックと言っても、購入できるジャンルは様々あります。少年漫画のみならずアダルト系まで揃っていますから、あなたが読みたい漫画をきっと探し出せるはずです。
登録者数が勢いよく増加してきているのが今話題のコミックサイトです。少し前までは「漫画は本という形で買うもの」という人が一般的でしたが、電子書籍という形式で買ってエンジョイするという方が増加しているのです。
鞄などを出来るだけ持ちたくない男の人達にとって、スマホで無料電子書籍が閲覧できるというのは画期的なことなのです。荷物の量は増えないのに、ポケットにインして本を持ち歩くことができるというわけです。
本を買うと、そう遠くない時期に収納できなくなるという問題に直面します。しかしながらBookLive「LowBEAT No.1」であれば、どこへ収納するか悩むことがあり得ないので、いつでも気軽に楽しめるというわけです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


アニメが一番の趣味という方にとっては、無料アニメ動画と言いますのはある種革命的なコンテンツなのです。スマホさえ携えていれば、無料で視聴することができるというわけです。
1カ月分の固定料金を支払ってしまえば、色んな種類の書籍を際限なしに読めるという読み放題サービスが電子書籍で注目されています。一冊単位で支払いをせずに済むのが人気の理由です。
スマホで見れる電子書籍は、嬉しいことに表示文字のサイズを調整することができますので、老眼で近場が見えない高齢者でもサクサク読めるという特長があるわけです。
昨今はスマホを利用して楽しめる趣味も、どんどん多様化しています。無料アニメ動画以外にも、無料電子書籍やスマホでできるゲームなど、いろんなサービスの中から選ぶことができます。
「アニメはテレビで放送中のもののみ見ている」というのは時代遅れな話であると言えます。そのわけは、無料アニメ動画をネットで視聴するという形が多くなってきているからです。




ページの先頭へ