TIME Gear Vol.17ブックライブ無料試し読み&購入


今号のメイン特集のテーマはファッショントレンドとしても注目を集めている メンズウオッチの王道スタイル、ミリタリーデザイン。“ミリタリーな時計が欲しい MILITARY WATCH BUYERS GUIDE”と題して、ミリタリーウオッチのバックグラウンドを掘り下げつつ、コテコテのミリタリーウオッチからインスパイア系のカジュアルなミリタリーウオッチまで幅広く網羅。改めてミリタリーな時計の魅力を解説していきます。第2特集は、時計好きから時計ビギナーまで必見の“8大キーワードで探す、初めての時計購入ガイド”。こちらは春の新生活スタートに合わせて時計も新しく購入したい、という人のために、“ケース編”“文字盤編”“針編”“ストラップ編”“ムーヴメント編”とパーツごとに時計の選び方を伝授。時計をはじめて購入する人も安心納得の選び方のポイントと共に、オススメのモデルを一挙に紹介していきます。ぜひ活用してください。 大特集のほかにも、2016年に流行しそうなデザイン、ブランドを独自に予想した “トレンドウオッチ2016”、日本では知られていない実力派を探し出してイチオシのブランドだけを紹介する“日本未上陸ブランドに注目!”、2015年の人気の傾向を総括する“読者が選んだ欲しい時計BEST30”など、今号も他とはひと味違ったセレクトと企画で、カジュアルウオッチの最新動向を紹介していきます。ぜひチェックしてみてください!
続きはコチラから・・・



TIME Gear Vol.17無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


TIME Gear Vol.17「公式」はコチラから



TIME Gear Vol.17


>>>TIME Gear Vol.17の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


TIME Gear Vol.17、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
TIME Gear Vol.17を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でTIME Gear Vol.17を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でTIME Gear Vol.17の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でTIME Gear Vol.17が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、TIME Gear Vol.17以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


「部屋の中に保管しておきたくない」、「読者であることを悟られたくない」ような漫画でも、BookLive「TIME Gear Vol.17」を有効利用すれば自分以外の人に気兼ねせずに見ることができます。
漫画というのは、読み終わったのちにBookOffみたいな買取専門店に持参しても、金額は殆ど期待できませんし、読みなおそうと思った時に困ります。無料コミックであれば、場所は不要なので片付けに困りません。
スマホを使って読む電子書籍は、ご存知かと思いますが文字のサイズを調整することが可能ですから、老眼の為に読書を諦めていた中高年の方でも楽々読めるという特長があります。
漫画好きだということを秘匿しておきたいと言う方が、ここに来て増加しているようです。部屋に漫画は置いておくことができないというような場合でも、BookLive「TIME Gear Vol.17」であれば人に隠した状態で閲覧することができます。
気楽にアクセスして閲覧することができるのが、無料電子書籍のウリです。書店まで行く必要も、通信販売経由で買った書籍を宅配便などで送ってもらう必要も全然ないわけです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


「持っている漫画が多すぎて困り果てているから、購入したくてもできない」という事態に陥らないのが、漫画サイトのメリットです。何冊購入しても、置き場所を考える必要がありません。
Web上にある通販サイトでは、概ね表紙とタイトルにプラスして、ざっくりとした内容しか見れないのです。しかしながら電子コミックサイトであれば、かなりの部分を試し読みができます。
毎月定額を入金すれば、各種の書籍をどれだけでも読めるという読み放題コースが電子書籍で一般化してきています。個別に買わずに読めるのがメリットと言えます。
本離れが指摘されるようになって久しいですが、電子書籍は今までにない仕組みを採用することで、新規ユーザーを右肩上がりに増やしています。既存の発想にとらわれない読み放題という仕組みがそれを実現する原動力となったのです。
電子書籍ビジネスにはたくさんの業者が進出しているので、ちゃんと比較してから「どの電子書籍を活用するのか?」を決定することが大事になります。揃えている書籍の種類や価格、サービス、使い勝手などを比べると良いと思います。




ページの先頭へ