1. BookLive! (ブックライブ)配信中の電子書籍一覧
  2. 電子書籍ブックライブ購入方法4|BookLive! (ブックライブ)配信中一覧
  3. ブックライブ作品8|BookLive! (ブックライブ)配信中一覧
  4. オールドムーヴメントBook 第2回インディペンデント&デファンクト系メーカー編|BookLive! (ブックライブ)配信中一覧

オールドムーヴメントBook 第2回インディペンデント&デファンクト系メーカー編ブックライブ無料試し読み&購入


アンティークウオッチの傑作ムーヴメントがわかる!全4回シリーズ。1960年代以前に作られたアンティークの機械式腕時計。その心臓部である機械式ムーヴメントは、緻密でメーカーごとの独自性がはっきりとわかることから、愛好家が最も重用視する部分です。本書は、1900年代初頭から腕時計用としてスイスを中心に作られた機械(ムーヴメント)を、メーカーごとに、そのヒストリーや特徴、そして歴代キャリバー(型式番号)の系譜を簡潔にまとめ、時計専門誌「パワーウオッチ」に掲載された32ページの特集(第4回ロレックス編のみ16ページ)をデジタルBOOK化したものです。第1回「マニュファクチュール編」は、れっきとしたウオッチブランドながらムーヴメントも自社開発する実力メーカー、パテック フィリップ、ロンジン、IWCなどを紹介します。第2回「インディペンデント&デファクト系メーカー編」は、第1回で取り上げたメーカーほどではないものの、当時は自社でムーヴメントを開発し、自社ブランドの時計も展開していた独立系メーカー、モバードやユニバーサルなどです。第3回「エボーシュSA編」は、時計メーカーに供給する、いわゆる汎用ムーヴメントを製造していたムーヴメントメーカーです。そのなかでも歴史に名だたるメーカーが参加していた団体「エボーシュSA」の各メーカーにスポットライトを当てました。クロノグラフの傑作バルジューやヴィーナスなど。そして第4回は、言わずと知れた自動巻きムーヴメントの雄「ロレックス編」です。自動巻きのベースとなった手巻き式ムーヴメントからバブルバックに搭載された世界初の全回転ローター式ムーヴメント、そしてロレックス躍進の原動力となったCal.1000系、Cal.1500系自動巻きムーヴメントまでを紹介します。
続きはコチラから・・・



オールドムーヴメントBook 第2回インディペンデント&デファンクト系メーカー編無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


オールドムーヴメントBook 第2回インディペンデント&デファンクト系メーカー編「公式」はコチラから



オールドムーヴメントBook 第2回インディペンデント&デファンクト系メーカー編


>>>オールドムーヴメントBook 第2回インディペンデント&デファンクト系メーカー編の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


オールドムーヴメントBook 第2回インディペンデント&デファンクト系メーカー編、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
オールドムーヴメントBook 第2回インディペンデント&デファンクト系メーカー編を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でオールドムーヴメントBook 第2回インディペンデント&デファンクト系メーカー編を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でオールドムーヴメントBook 第2回インディペンデント&デファンクト系メーカー編の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でオールドムーヴメントBook 第2回インディペンデント&デファンクト系メーカー編が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、オールドムーヴメントBook 第2回インディペンデント&デファンクト系メーカー編以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


コミックは、書店で試し読みして買うか否かをはっきり決める人が多いようです。だけども、近年はBookLive「オールドムーヴメントBook 第2回インディペンデント&デファンクト系メーカー編」にて1巻だけ購読し、その書籍を買うのか否かを決める人が多いのです。
本屋には置いていないようなちょっと前に発売された漫画も、電子書籍なら買えます。無料コミックのラインナップには、アラフォー世代が以前満喫した漫画などもあります。
1カ月分の固定料金を入金すれば、色んな書籍をどれだけでも閲覧できるという読み放題サービスが電子書籍で人気を博しています。1巻ずつ購入する手間が掛からないのが一番のおすすめポイントです。
スマホ上で見る電子書籍は、一般的な本とは異なり表示文字のサイズを好きに変えることが可能なので、老眼が進んでしまった中高年の方でも苦労せずに読めるというメリットがあるわけです。
無料電子書籍をダウンロードしておけば、どうしようもなく暇で無意味に時間が過ぎ行くなんてことがゼロになるはずです。仕事の休憩時間とか移動の電車の中などでも、十分楽しめます。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


店頭では広げて読むことに罪悪感を感じるような漫画だとしても、無料漫画サービスを打ち出している電子書籍の場合は、中身をしっかり確認した上で購入することが可能です。
月額固定料金を納めれば、様々な書籍を財布を気にせず閲覧できるという読み放題サービスが電子書籍で人気となっています。毎回購入せずに読めるのが一番の利点です。
サービスの内容は、提供会社によって変わります。ですので、電子書籍をどこで買うかというのは、当然比較したほうが良いと考えています。熟考せずに決めるのは早計です。
コミックサイトの一番の訴求ポイントは、揃っている冊数が本屋とは比較できないくらい多いということだと考えます。売れ残って返本作業になる問題が起こらないので、幅広いニーズを満たすだけのタイトルをラインナップすることができるというわけです。
電子書籍も普通の本と同じで情報が商品ということになるので、気に入らなくても返品することはできません。よって楽しそうかを確認するためにも、無料漫画を閲覧することをおすすめします。




ページの先頭へ