般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へブックライブ無料試し読み&購入


「色即是空 空即是色」でおなじみの『般若心経』。読んで理解するだけで、満足できますか? 私たちの生きる世界が、本当に「色即是空 空即是色」であって、さまざまな苦しみから脱出できるのなら、直接体験をしてみたい、そう思いませんか? 本格的にYOGAで心身をパワーアップし、感覚器官や深層心理のメカニズム、神経ネットワークを活用し、“空”の世界へ突入してみましょう。仏教が純なサイエンスの目に、はっきりと映ってきます。◆第1・2章『般若心経』と苦のいろいろを、仏教の基礎知識と合わせて学ぶ。軽く柔らかい苦と、重く固い苦。苦の種類がわかれば、消去法は簡単。「“貪・瞋・痴”は暗黒街のボス・トリオ」「“無常”は永遠の自動運動」など、日本文化の自縛を解いて自由に羽ばたく発想転換法を紹介。◆第3・4・5章『般若心経』を知識として理解するにとどまらず、実践するYOGAプログラムを紹介。さらに「瞑想法」を体得し、「色即是空」世界も体験。だれでも気軽に『般若心経』の世界が体験・納得できる条件がそろっている現代だから、日々気軽に実行してみましょう。
続きはコチラから・・・



般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ「公式」はコチラから



般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ


>>>般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸への詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へを始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へを楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸への購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へが安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


各種サービスを押しのけながら、こんなに無料電子書籍システムというものが広まっている理由としましては、地域密着型の本屋が姿を消してしまったということが考えられます。
どういった物語なのかが把握できないままに、パッと見た印象だけで読むかどうか決めるのは難易度が高いです。いつでも試し読みができるBookLive「般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ」を利用すれば、それなりに中身を吟味してから購入できます。
スマホの利用者なら、好きな時にコミックにどっぷり浸ることができるのが、コミックサイトの最大の特長です。1冊毎に購入するタイプのサイトや毎月固定料金のサイトがあります。
毎月の本代は、1冊1冊の単価で見れば安いと言えますが、沢山買えば1ヶ月の合計金額は高くなってしまいます。読み放題だったら月額料金が固定なので、出費を抑制できます。
「持っている漫画が多すぎて難儀しているので、買うのを辞めてしまう」という状況にならずに済むのが、BookLive「般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ」が人気になっている理由なのです。どれだけ買いまくったとしても、整理する場所を心配しなくてよいのです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


「スマホの小さい画面なんかでは迫力が半減するのでは?」とおっしゃる人も見受けられますが、実体験で電子コミックを購入しスマホで閲覧すれば、その快適さに驚く人が多いのです。
話題のアニメ動画は若者だけをターゲットにしたものではなくなりました。親世代が見ても思わず唸ってしまうようなストーリーで、壮大なメッセージ性を秘めた作品も多くなっています。
どういった話なのかが良く分からない状況で、表紙だけで漫画を買うのは大変です。誰でも試し読みができる電子コミックというサービスを利用すれば、それなりに内容を精査した上で買うか・買わないかを判断できます。
「電子書籍には興味をそそられない」という本好きな人もいるのは確かですが、1回でもスマホ上で電子書籍を読んでみれば、その便利さや支払方法の簡単さから何度も購入する人が大半だそうです。
漫画の売れ行き低下が嘆かれる昨今、電子書籍は今までにないシステムを提案することによって、購入者数を増やしています。昔ではありえなかった読み放題という形式が起爆剤になったのです。




ページの先頭へ