自殺の危険(第3版) 臨床的評価と危機介入ブックライブ無料試し読み&購入


現在,世界中で毎年100万人が自殺により生命を失っている。 自殺の危険を評価するための正確な知識と自殺企図患者への面接技術の要諦を多くの症例を交えて解説した画期的な大著である本書は,初版刊行以来わが国唯一のスタンダードとして多くの読者に受け入れられてきた。初版刊行時2万人ほどであったわが国の自殺者数はその後二十数年の間に年間3万人前後に達し,重大な社会問題として早急な対策が求められている。 今回二度目の改訂にあたり,9.11同時多発テロ,3.11東日本大震災以降,注目を集めるリジリエンス(回復力)や遺された家族へのポストベンションなど,最新の知見を書き下ろし内容を大幅に書き改めた結果,初版の約2.5倍のページ数に達することとなった。 本書はまさに自殺予防に関する臨床的知見の宝庫であり,専門的研究の決定版である。医学・心理学・看護等,すべての心の専門家,また,自殺の危険の高い人を理解しようという家族や周囲の人に多くの示唆を与えるであろう。
続きはコチラから・・・



自殺の危険(第3版) 臨床的評価と危機介入無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


自殺の危険(第3版) 臨床的評価と危機介入「公式」はコチラから



自殺の危険(第3版) 臨床的評価と危機介入


>>>自殺の危険(第3版) 臨床的評価と危機介入の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


自殺の危険(第3版) 臨床的評価と危機介入、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
自殺の危険(第3版) 臨床的評価と危機介入を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で自殺の危険(第3版) 臨床的評価と危機介入を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で自殺の危険(第3版) 臨床的評価と危機介入の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で自殺の危険(第3版) 臨床的評価と危機介入が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、自殺の危険(第3版) 臨床的評価と危機介入以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


「所有している漫画が多過ぎて頭を痛めているので、買うのを辞めてしまう」ということが起こらないのが、BookLive「自殺の危険(第3版) 臨床的評価と危機介入」の良いところです。どれだけたくさん買ってしまっても、収納スペースを考えずに済みます。
「家の中以外でも漫画を楽しみたい」と思う人にちょうど良いのがBookLive「自殺の危険(第3版) 臨床的評価と危機介入」です。単行本を持ち運ぶ必要性もなく、バッグの中の荷物も軽くすることができます。
雑誌や漫画本を入手するときには、中をパラパラめくってチェックした上で決める人の方が圧倒的です。無料コミックなら、立ち読みと変わらない感じで内容を確認することも簡単だというわけです。
1台のスマホで、気軽にコミックを読みまくることができるのが、コミックサイトの便利なところです。買うのは単冊ごとというタイプのサイトや1カ月単位の料金制のサイトなど多種多様に存在しております。
読むべきかどうか悩んでいる漫画があるときには、BookLive「自殺の危険(第3版) 臨床的評価と危機介入」のサイトで誰でも無料の試し読みを活用してみるべきではないでしょうか?斜め読みなどしてつまらないと思ったら、買わなければいいだけです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


昨今のアニメ動画は若者だけがエンジョイできるものだと考えるのは誤りです。アニメを見る習慣がない人が見ても思わず感動してしまうようなクオリティーで、重厚なメッセージ性を秘めた作品も多くなっています。
電子コミックのサイトで若干違いますが、1巻丸々無料で試し読みできちゃうというところも存在しているのです。1巻は無料にして、「エンジョイできたら、2巻以降の巻を買ってください」という販売システムです。
購入後に「思ったよりもつまらない内容だった」というケースであっても、一度読んだ漫画は返品できません。ところが電子書籍なら試し読みをすることが可能ですので、こうしたことをなくせます。
「家の中以外でも漫画を手放したくない」と思う人に最適なのが電子コミックだと言っても過言じゃありません。読みたい漫画を持って歩く必要がなくなるため、荷物も減らせます。
放送中のものを毎回リアルタイムで見るのは難しいという人でも無料アニメ動画として視聴可能なものなら、一人一人の好きな時間に視聴することが可能だというわけです。




ページの先頭へ