競争社会到来!企業法務に携わる弁護士が最初に読む本ブックライブ無料試し読み&購入


私は、35歳を過ぎてから、人事異動によって企業法務の世界に来ました。まったくの畑違いの私にとって、企業法務の世界は驚きの連続でした。弁護士先生は非常に優秀で素晴らしい方々なのですが、クライアントとの関係性を構築する努力という意味では、全くの白紙との印象を受けています。・法曹界でしか通用しない常識(メール、セミナー、会議など)で生きていませんか?・クライアントが何を悩んでいるか、把握していますか?・問題意識を毎日の行動に移せる仕組みを整えていますか?これらに心当たりのある方は、ぜひとも本書を手に取ってください。弁護士は言うまでもなく、日本で最高峰の頭脳集団です。その天才集団の中で、どうすれば差別化ができるか、真剣に考えたことはありますか?本書は、クライアント関係性構築に必要な技術を「仕組み」にすることで、皆さんが抱える問題意識を行動にまで落とし込むことを趣旨としています。【購入者特典】「KPI管理シート」「進捗報告会シート」「4象限アプローチシート」付き【著者プロフィール】著者:大野 潔1998年に京都大学卒業後、日本興業銀行に入行し、大企業から中堅中小企業を顧客とした営業を経験。その後、リクルートに入社し、財務・法務領域で大きな資本政策上の課題解決に尽力。時価総額2兆円企業の株式公開という大プロジェクトも経験。35歳を過ぎてから、畑違いの法務領域に異動。発注側の立場で多くの優秀な弁護士と交流。営業や財務の経験から、「もっとこうすれば、うまくいく」という観点で指摘をして、圧倒的な賛同を得る。2015年、独立してコンサルティング活動を開始。中小企業診断士、証券アナリスト。
続きはコチラから・・・



競争社会到来!企業法務に携わる弁護士が最初に読む本無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


競争社会到来!企業法務に携わる弁護士が最初に読む本「公式」はコチラから



競争社会到来!企業法務に携わる弁護士が最初に読む本


>>>競争社会到来!企業法務に携わる弁護士が最初に読む本の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


競争社会到来!企業法務に携わる弁護士が最初に読む本、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
競争社会到来!企業法務に携わる弁護士が最初に読む本を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で競争社会到来!企業法務に携わる弁護士が最初に読む本を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で競争社会到来!企業法務に携わる弁護士が最初に読む本の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で競争社会到来!企業法務に携わる弁護士が最初に読む本が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、競争社会到来!企業法務に携わる弁護士が最初に読む本以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


次から次に新たなタイトルが追加されるので、何十冊読んだとしても読むべき漫画がなくなる心配など全く不要というのがコミックサイトの特徴です。書店では扱っていないようなマイナーな作品も手に入れることができます。
スマホやタブレットで電子書籍を購入すれば、職場までの移動中やコーヒータイムなど、好きなタイミングで読むことが可能なのです。立ち読みも可能なので、ショップに行く手間が省けます。
コミックサイトの最大の特長は、扱っている本の数がとてつもなく多いということでしょう。売れ残るリスクが発生しない分、膨大なタイトルを扱えるのです。
カバンを持ち歩くことを嫌う男の人にとって、スマホで無料電子書籍を読むことができるというのは物凄いことなのです。ある意味ポケットにインして本や漫画を携帯できるわけです。
「漫画が多過ぎて困り果てているから、買うのを躊躇ってしまう」とならないのがBookLive「競争社会到来!企業法務に携わる弁護士が最初に読む本」の便利なところです。次々に買いまくったとしても、スペースを心配せずに済みます。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


多岐にわたる書籍を多数読む人にとって、何冊も買い求めるのは家計にもダメージを与えてしまうものと思われます。しかし読み放題プランなら、書籍代を抑制することも適うのです。
まだ幼いときに何度も読んだ思い入れの強い漫画も、電子コミックとして読めるようになっています。書店では取り扱っていない作品も山ほどあるのが人気の秘密だと言っていいでしょう。
不用なものは処分するというスタンスが様々な人に受け入れられるようになったと言える今現在、本も紙という媒体で持つのを避けるために、漫画サイト経由で耽読する人が多くなったと聞いています。
電子コミックの販促方法として、試し読みが可能というシステムは見事なアイデアです。時間を考えずにある程度の内容を閲覧することができるので、ちょっとした時間を使用して漫画を選ぶことができます。
ここのところスマホを通じて楽しめるアプリも、ますます多様化しています。無料アニメ動画を始め、無料電子書籍やスマホ限定ゲームなど、多くの選択肢の中から選ぶことが可能です。




ページの先頭へ