たすFX ~脱・受け売りのトレード戦略~ブックライブ無料試し読み&購入


【この本を読んでほしい人】◎EAの自作はできたものの“使える”システムにならない人◎人マネではない独自のEAを作りたい人◎まだ日本に上陸していない海外のインディケータをEAにしたい人◎EA改造のヒントやアイデアがほしい人◎検証の幅を広げたい人雑誌などでよく目にするテクニカル指標の売買サイン(RSIの30を割ったら買って、70を超えたら売るなど)。それが本当に機能するかどうかを試したことがありますか。結論から言うと、とても残念な結果になります。その要因はどこにあるのでしょうか。ひとことで表現してしまえば、「(他人の言うことを)受け売りしているかどうか」につきます。先ほどのRSIの例で言うならば、“何も考えずに”そのまま売買サインを試してみても駄目だ、ということです。何時から何時までの間に限定して売買サインを使うとか、ほかの情報(FXで言うなら通貨、株式取引で言うなら先物など)を見ながらエントリータイミングを探るといったように、「何らかの条件を足していかなければ“負”の引力に引きずりこまれてしまう」のです。本書『たすFX』は、負の引力に打ち勝つためにどうすればよいのかを解説したものです。具体的には、何らかのアイデア(=条件)を売買サインに足していくこと、つまり“受け売りではない独自のトレード”を実現するためにどうすればよいのかを紹介しています。主に以下の内容になっています。どういう条件を足していけばよいのか、実際の検証結果から皆様のトレードのヒントになりそうなものを選んで紹介 自分のアイデアが通用しそうかどうかを、実戦前に試す(=アイカスタムで表現する)方法を紹介 本書ではメタトレーダーを使って検証していますが、アイデア自体はFXだけではなく、株式や先物などでも使えるものです。 「足し算の発想」をするだけで世界が広がることをぜひ実感してください。そして、自分流にカスタマイズして(=自分のアイデアにして)、あなただけの売買システムを作ってみてください。
続きはコチラから・・・



たすFX ~脱・受け売りのトレード戦略~無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


たすFX ~脱・受け売りのトレード戦略~「公式」はコチラから



たすFX ~脱・受け売りのトレード戦略~


>>>たすFX ~脱・受け売りのトレード戦略~の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


たすFX ~脱・受け売りのトレード戦略~、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
たすFX ~脱・受け売りのトレード戦略~を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でたすFX ~脱・受け売りのトレード戦略~を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でたすFX ~脱・受け売りのトレード戦略~の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でたすFX ~脱・受け売りのトレード戦略~が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、たすFX ~脱・受け売りのトレード戦略~以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


「目に見える場所に置けない」、「購読していることを隠すべき」と思う漫画でも、BookLive「たすFX ~脱・受け売りのトレード戦略~」を利用すれば自分以外の人に気兼ねせずに見られます。
手持ち無沙汰を解消するのに一番合っているサイトとして、流行しつつあるのがご存じのBookLive「たすFX ~脱・受け売りのトレード戦略~」です。本屋さんなどで漫画を探さなくても、1台のスマホがあれば誰でも読めるというのが良い点です。
利用している人が急激に増えてきたのが昨今のBookLive「たすFX ~脱・受け売りのトレード戦略~」です。スマホで漫画を楽しむことが手軽にできるので、大変な思いをして書物を持ち運ぶ必要もなく、バッグの中の荷物を減らせます。
スマホを所有していれば、気の向くままに漫画を堪能することができるのが、コミックサイトの最大のポイントです。1冊毎に購入するタイプのサイトや月極め料金のサイトがあります。
ミニマリストという考え方が世の中の人に浸透してきた今日、本も印刷した実物として持ちたくないということで、BookLive「たすFX ~脱・受け売りのトレード戦略~」を通して愛読する人が増加しています。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


コミックは、本屋で軽く読んで購入するかどうかを決定する人が大半だと聞きます。ところが、ここ数年は電子コミックにて簡単に内容を確認して、その本を買うか判断するという方が増えつつあります。
電子コミックを楽しみたいなら、スマホが一押しです。パソコンはかさばるので持ち運ぶことができませんし、タブレットもバスなど人混みの中で読みたいという時には向いていないと想定されるからです。
来る日も来る日も新しい作品が登場するので、何冊読もうとも全て読みつくす心配は不要というのがコミックサイトの売りです。書店にはもう置いていない懐かしのタイトルも買うことができます。
利用者の数が加速度的に増え続けているのがスマホで読めるコミックサイトです。以前までは絶対単行本で買うという人が主流でしたが、電子書籍の形で買って閲覧するというユーザーが増えています。
月額の利用料が固定のサイト、登録することなしに利用可能なサイト、1冊単位で決済するサイト、無料の漫画が多くあるサイトなど、コミックサイトも何かと違いがありますから、比較検討すべきだと思います。




ページの先頭へ