きみがいるなら世界の果てでも<特別版>【イラスト入り】ブックライブ無料試し読み&購入


俺のせいで東海林がダメになっちゃう!? ルコちゃんという愛称で人気上昇中のマンガ家・二木は、恋人同士となった今も変わらず、いっさいの面倒を東海林に見てもらっていた。お互いそれで良いと思っていたはずの関係だったが、次々と東海林にアクシデントが起きる。さらに高校時代、二木の世話を焼いていた男・甘利が現われ……。きみがいなけりゃ息もできない――そんな二人の行き着く先は? マンガ家シリーズ最終巻、あの人もこの人も登場する、ノベルズ未収録スペシャルショート「パーティーの前に」を加えた特別版で電子書籍化! (※本作品はイラスト入りです。電子書籍化して配信するにあたり一部単行本と異なる仕様がございます)
続きはコチラから・・・



きみがいるなら世界の果てでも<特別版>【イラスト入り】無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


きみがいるなら世界の果てでも<特別版>【イラスト入り】「公式」はコチラから



きみがいるなら世界の果てでも<特別版>【イラスト入り】


>>>きみがいるなら世界の果てでも<特別版>【イラスト入り】の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


きみがいるなら世界の果てでも<特別版>【イラスト入り】、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
きみがいるなら世界の果てでも<特別版>【イラスト入り】を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境できみがいるなら世界の果てでも<特別版>【イラスト入り】を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格できみがいるなら世界の果てでも<特別版>【イラスト入り】の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定できみがいるなら世界の果てでも<特別版>【イラスト入り】が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、きみがいるなら世界の果てでも<特別版>【イラスト入り】以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


購読者数の減少が指摘されるようになって久しいですが、電子書籍は新たな仕組みを採り入れることで、新規利用者を増加させているのです。昔ではありえなかった読み放題というプランがそれを実現させたのです。
1~2年前までは単行本という形になったものを買っていたといった人も、電子書籍を利用してみた途端、普通の本には戻れないということがほとんどだそうです。コミックサイトも色々ありますので、とにかく比較してから選択してください。
「色々比較しないで選択してしまった」と言われる方からすれば、無料電子書籍はどれもほとんど似ているという思いを持っているのかもしれないですが、サービスの詳細については会社によってまちまちですから、しっかりと比較することは結構大事です。
コミックと言えば、「10代向けに作られたもの」というイメージを抱いでいるかもしれないですね。けれど今日びのBookLive「きみがいるなら世界の果てでも<特別版>【イラスト入り】」には、お母さん・お父さん世代が「若かりし日を思いだす」という感想を漏らすような作品もたくさんあります。
コミックサイトの最大の強みは、ラインナップの数が半端なく多いということです。不良在庫になるリスクがありませんので、様々なタイトルを置くことができるというわけです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


不用なものは処分するという考え方が世間に広まってきた今日、本も印刷した実物として所有することなく、漫画サイトを役立てて読む人が多くなったと聞いています。
どこでも無料漫画が楽しめるという理由で、ユーザー数が増えるのはある意味当然だと言えます。本屋とは異なり、人の目にビクつくことなく立ち読みが可能だというのは、電子書籍の良い所だと言えます。
近頃、電子書籍業界では今までになかった「読み放題」というサービスが登場し注目度が高くなっています。1冊いくらというのではなく、1カ月毎にいくらという料金体系になっています。
コミックサイトも様々存在します。それらのサイトをしっかり比較して、自分好みのものをピックアップするようにしていただきたいです。そうすれば後悔しなくて済みます。
最新刊が出るたび書店まで行って買うのは時間の無駄です。ですが、大人買いは期待外れだった時にお財布へのダメージが甚大だと言えます。電子コミックは1冊ずつ購入できるので、その点で安心できる事請け合いです。




ページの先頭へ