BiStory~アイドルを殺したのは誰?~ブックライブ無料試し読み&購入


BiS(ビス)=結成当初のキャッチコピーは“アイドルを研究して、アイドルになろうとする、アイドルになりたい4人組”。グループ名は、Brand-new idol Society(新生アイドル研究会)の頭文字をとっている。2010年11月活動開始。右も左もわからなかった立ち上げから、オリコントップ10入りを果たすまでになったBiSの裏側が、今、もっともスキャンダラスな形で明かされる!リーダー、プー・ルイが日々の本音を綴ってきた2010年~2013年までの「報告メール」を一挙収録。アイドル界で異彩を放つ特異な活動体の、エグくてエモい1000日!「全裸PV」「IDOL騒動」「グループ内抗争」といったスキャンダラスな事件を巻き起こしながらアイドル界を前進している、異端児アイドル、BiS。そのリーダーであるプー・ルイがBiS立ち上げ期からマネージャーに日々送っていた「報告メール」が、オリコントップ10の常連となりつつある今、公開される。そこには、やめていくメンバーへのやるせない気持ちや、研究員と呼ばれるファン、マネージャー“ジュンジュン”への不満など、苦悩するプー・ルイの本音が赤裸々に綴られている。
続きはコチラから・・・



BiStory~アイドルを殺したのは誰?~無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


BiStory~アイドルを殺したのは誰?~「公式」はコチラから



BiStory~アイドルを殺したのは誰?~


>>>BiStory~アイドルを殺したのは誰?~の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


BiStory~アイドルを殺したのは誰?~、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
BiStory~アイドルを殺したのは誰?~を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でBiStory~アイドルを殺したのは誰?~を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でBiStory~アイドルを殺したのは誰?~の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でBiStory~アイドルを殺したのは誰?~が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、BiStory~アイドルを殺したのは誰?~以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


実は無料アニメ動画などは、スマホでも楽しむことができます。今の時代は中高年層などのアニメ愛好者も増えていますので、これから尚更進化を遂げていくサービスだと考えられます。
長い間単行本という形になったものを買っていたとおっしゃる方も、電子書籍を試してみた途端に、その便利さにびっくりさせられるということがほとんどらしいです。コミックサイトも色々ありますので、面倒くさがらずに比較してから選択してください。
「アニメについては、テレビで視聴することができるものしか見ていない」というのは過去の話でしょう。どうしてかと言うと、無料アニメ動画等をオンラインで楽しむという形が増えつつあるからです。
アニメの世界に熱中するというのは、ストレス発散に何より実効性があります。複雑で難しいテーマよりも、明快な無料アニメ動画の方が効果的です。
「比較は一切せずに選定してしまった」とおっしゃる方は、無料電子書籍はどこも内容が同じという感覚を持っているのかもしれないですが、サービスの具体的な内容は各社それぞれですので、比較検討することは重要です。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


漫画と聞くと、「若者向けに作られたもの」というふうにイメージしているかもしれません。でも昨今の電子コミックには、30代~40代の方が「昔懐かしい」と思えるような作品も豊富にあります。
手軽に無料漫画が見れるという理由で、利用者数が右肩上がりになるのは至極当然のことです。お店とは異なり、人の視線に気を配ることなく立ち読みが可能だというのは、電子書籍ならではの特長です。
読み放題プランという仕組みは、電子書籍業界でしか成しえない間違いなく革新的とも言える挑戦なのです。利用者にとっても作家サイドにとっても、プラスの面が多いと考えていいでしょう。
本や漫画類は、お店で内容を確認して購入するか否かを確定する人がほとんどです。ところが、ここ数年は電子コミックのサイト経由で冒頭部分だけ読んで、その本を購入するのか否かを決定する人が増えているとのことです。
本を通信販売で買う場合は、基本としてタイトルと作者、おおよそのあらすじのみが分かるだけです。それに対し電子コミックだったら、話が分かる程度まで試し読みができます。




ページの先頭へ