神ゲークロニクル vol.2ブックライブ無料試し読み&購入


1996年に爆誕した『ポケットモンスター』シリーズ。現在は世界中で愛される作品だが、その過程に起きたさまざまな事件を振り返ってみよう。そのほか、時代を越えて愛されるゲームたちの魅力を分析!〈主な内容〉●基礎知識編●1990年代 予想を超えるスマッシュヒットに●2000年代 試行錯誤の時代●2010年代 世界的なタイトルへ●2016年 新たなプラットフォームに●ゲーム業界の成熟を示す「周年ゲーム」たち※本書は『月刊ゲームラボ』に掲載された記事を電子版として再編集したものです。そのため、記述は掲載当時の情報にもとづいています。価格・仕様の変更等が行われていたり、サービスが終了している場合があります。なお、各記事の初出は以下のとおりです。・2016年3月号(P064-080)・2016年4月号(P034-037)一部画像の削除等、紙版とは異なる場合があります。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能は使用できません。本書はあくまで報道の見地から「事実」を掲載したものです。「事実」を実際に行い、万が一事故やトラブルに巻き込まれた場合でも、小社および筆者は一切の責任を負いかねます。本書に掲載された情報の取り扱いはすべて自己責任で行ってください。
続きはコチラから・・・



神ゲークロニクル vol.2無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


神ゲークロニクル vol.2「公式」はコチラから



神ゲークロニクル vol.2


>>>神ゲークロニクル vol.2の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


神ゲークロニクル vol.2、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
神ゲークロニクル vol.2を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で神ゲークロニクル vol.2を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で神ゲークロニクル vol.2の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で神ゲークロニクル vol.2が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、神ゲークロニクル vol.2以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


BookLive「神ゲークロニクル vol.2」は移動中にも使えるスマホやノートブックで読むことができて、非常に重宝します。ちょっとだけ試し読みができますから、その結果次第でその漫画を買うかどうかを決めるという人が稀ではないと言われています。
漫画を買い求めると、そのうち収納しきれなくなるという問題が出ます。でも実体を持たないBookLive「神ゲークロニクル vol.2」なら、保管に苦労する必要がなくなるため、場所を気にすることなく楽しむことができます。
「連載されている漫画を買いたい」とおっしゃる方にはニーズがないと言えるサービスです。されど単行本になるのを待って閲覧する人からすれば、前以て無料漫画で中身を確認できるのは、購入判断の助けになるはずです。
多種多様の本をいっぱい読むという方にすれば、沢山買い求めるのはお財布への負担が大きいに違いありません。ですが読み放題を活用すれば、書籍購入代金を縮減することも可能になります。
毎月定額料金を支払えば、色んな書籍を際限なしに読むことができるという読み放題コースが電子書籍で注目されています。毎回買わなくても済むのが一番のおすすめポイントです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


面白いか面白くないか悩むような漫画があれば、電子コミックのサイトで無償利用できる試し読みを行うべきだと思います。読んでみてもう読みたくないと思ったら、決済しなければ良いだけの話です。
漫画本などの書籍を買う時には、パラパラとストーリーを確かめてから決める人が圧倒的です。無料コミックなら、立ち読みと同じように中身に目を通すことが可能だというわけです。
一般的な書店では、スペースの関係で並べることができる書籍数に制約が出てしまいますが、電子コミックについてはそうした制約がないため、アングラな漫画も取り扱えるというわけです。
スマホで見れる電子書籍は、ご存知の通り文字の大きさを調節することができますから、老眼で読みにくい60代以降の方でも問題なく読めるという強みがあります。
スマホで閲覧できる電子コミックは、移動する時の持ち物を少なくするのに貢献してくれます。バッグやカバンの中に重たくなる本を何冊も詰めて持ち歩かなくても、いつでもどこでも漫画を楽しむことができるようになるのです。




ページの先頭へ