首都圏 名作に出会える 美術館案内ブックライブ無料試し読み&購入


★ 名館が誇る、世界の名作、珠玉の逸品!★ 鑑賞のポイントを詳しく解説作品の見どころや巨匠たちのエピソード等、読んで訪ねて、理解と味わいが深まります。◆◇◆ 主な目次 ◆◇◆☆第1章 世界の名画・日本の名画(名品)に会える美術館・博物館* 国立西洋美術館(上野)* ポーラ美術館(神奈川県)* DIC川村記念美術館(千葉県)* 戸栗美術館(渋谷)* 出光美術館(有楽町)・・・など18館☆第2章 個性きらめく個人美術館* 横山大観記念館(湯島)* 久米美術館(目黒)* 相田みつを美術館(有楽町)* 玉堂美術館(御嶽)* 旧白洲邸 武相荘(町田)・・・16館☆第3章 まだまだある魅力の美術館・博物館* 東京国立近代美術館(竹橋)* 佐藤美術館(千駄ヶ谷)* 江戸東京博物館(両国)* 古代オリエント博物館(池袋)* 三鷹の森ジブリ美術館(三鷹)* 遠山記念館(埼玉県)* 大川美術館(群馬県)・・・など48館☆この美術館からの企画展から目が離せない!* 森美術館(六本木)* LIXILギャラリー(京橋)* 郷さくら美術館 東京(上目黒)・・・など13館☆Column 珠玉の文人作家コレクション☆だれもが知ってる著名画家の「本名」と「プロフィール」☆まだまだあります!東京の美術館☆アートに親しんだ後のお楽しみ 美術館・博物館のカフェ・レストラン・茶室☆アートに親しんだ後は自然の美しさを満喫※ 本書は2011年発行の「首都圏 美術館・博物館ベストガイド」の改訂版です。
続きはコチラから・・・



首都圏 名作に出会える 美術館案内無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


首都圏 名作に出会える 美術館案内「公式」はコチラから



首都圏 名作に出会える 美術館案内


>>>首都圏 名作に出会える 美術館案内の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


首都圏 名作に出会える 美術館案内、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
首都圏 名作に出会える 美術館案内を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で首都圏 名作に出会える 美術館案内を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で首都圏 名作に出会える 美術館案内の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で首都圏 名作に出会える 美術館案内が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、首都圏 名作に出会える 美術館案内以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


読み放題という形は、電子書籍業界でしか成しえない全くもって斬新的な取り組みです。ユーザーにとっても著者や出版社にとっても、プラスの面が多いのです。
スマホで見ることが可能なBookLive「首都圏 名作に出会える 美術館案内」は、外出する時の荷物を軽くするのに有効だと言えます。カバンの中などに読もうと思っている本を入れて持ち歩かなくても、手軽に漫画をエンジョイすることができるわけです。
BookLive「首都圏 名作に出会える 美術館案内」の拡販戦略として、試し読みが可能という仕組みは凄いアイデアだと言っていいでしょう。時間に縛られずあらすじを閲覧することができるので、空き時間を利用して漫画を選ぶことができます。
書籍の購入費用は、1冊1冊の単価で見れば高くはないかもしれませんが、たくさん購入してしまうと、月々の料金は嵩んでしまいます。読み放題だったら定額になるので、支払を節約することが可能です。
「漫画が多過ぎて困っているから、買うのを躊躇ってしまう」という事が起こらずに済むのが、BookLive「首都圏 名作に出会える 美術館案内」を一押しする要因です。どれだけ買い入れても、整理整頓を心配せずに済みます。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


電子コミックのサイトによってまちまちですが、1巻すべてを0円で試し読みできるというところも見られます。1巻を読んで、「面白かったら、その先の巻を有料にて入手してください」という販売促進戦略です。
1ヶ月分の月額料を払えば、バラエティーに富んだ書籍を好きなだけ読むことができるという読み放題プランが電子書籍で話題となっています。1巻ずつ購入しなくて良いのが一番のおすすめポイントです。
買った後で「考えていたよりも楽しめなかった」としても、買った本は返品が認められません。けれども電子書籍ならまず試し読みから入れるので、こうした失敗をなくすことができるというわけです。
「電子書籍は遠慮したい」という本好きな人もいるのは確かですが、一度でもスマホで電子書籍を読むと、その手軽さや決済の楽さから何度も購入する人が多いようです。
ユーザー数が著しく伸びているのが漫画サイトの現状です。スマホだけで漫画を味わうことができるため、カバンに入れて本を携行することも不要で、カバンの中の荷物を少なくできます。




ページの先頭へ